【S評価】FX情報商材

S評価FX情報商材

S評価FX情報商材

当レビューサイトにて「S評価」と評したFX商材のみを集めました。S評価は内容的に「非常に高く評価できる」商材であり、価格以上の価値が十分にあると認めています。
現時点でのベストバイ商材です。購入しても損はありません。

【10,000名突破キャンペーン中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
ドラゴンストラテジーFX
商品名:【10,000名突破キャンペーン中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2014/08/18
商材内容:オリジナルインジケーター・PDF
手法:シグナル系トレンドフォロー
http://global-lloyds.co.jp/drast-fx/index.php公式サイト
S評価

シグナル点灯系ツール(サインツール)としての「完成度」を極限まで高めた初心者〜中級者向けFX商材
確実なトレンドの形成を待ち、その後の「押し目」「戻し」を狙うトレンドフォロースタイルは手堅く、”損小利大”を確実にする
相場を見極めるための指標をビジュアル化したチャートは、シンプルでありながら視認性も高い

販売ページのド派手さに戸惑いますが、ストラテジーそのものは非常によく練られた王道トレンドフォローです。大きなトレンドの中の押し目や戻しポイントで仕掛けることで、損小利大の堅実なトレードを可能にしてくれます。

ドラゴン・ストラテジーFXのチャート

オリジナル・インジケーターは、トレンドの強さや方向性をひと目で把握しやすく、ツールとしての使い勝手は非常に良好です。

当サイトのオリジナル特典である「SQI」との相性もよく、ドラストFXに重ね合わせて使うことでトレードの確度を高めてくれます。

本商材はトレンド相場に特化したシグナルツールです。相場の8割を占めるレンジ相場もチャンスを逃したくないのでしたら、同じ販売会社からリリースされているBlack AI・ストラテジー(=A評価)を合わせて組み込むことをおすすめします。

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
商品名:あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
販売元:ウイニングクルー株式会社
発売日:2006/11/17
商材内容:PDFテキスト・動画
手法:トレンドフォロー・デイトレード
http://www.w-crew.com/fxvictory/公式サイト
S評価

FX情報商材の草分け的存在でありその後発売される多くのFX商材の原点(試金石)にもなった”伝説的な裁量系マニュアル”
裁量系マニュアルで本FX商材を超えるものは未だ世に出てきていないと断言する
FX商材というよりは、もはや”投資学問の秘伝の書(バイブル)”だ
”FX専業投資家”を目指す人だけでなく、すべてのトレーダーに手にしてほしい”唯一無二のFX商材”

現時点において、FX裁量マニュアルの”頂点”に君臨する唯一無二のFX商材。未だに本FX商材を超えるものは出てきていません。

相場背景を読み解くこと(=チャートリーディング)に重点を置き、チャートパターンに応じて手法を使い分けます。単なるルール解説にとどまらず、相場を構成する様々な要素について詳しく解説し、大局的な相場感を養うことの重要性を説いてくれます。

資金管理からマインドまで全てを網羅したマニュアルに加え、本人による本物のトレード動画が400本超(未だに増え続けています)。さらに有料級のメルマガ(週一配信)を永続的に受け取れるなど、サポートも充実しています。

裁量トレードにおける”戦略”と”戦術”を深く学びたいならば、もはやこのFX商材以外にあり得ません。おおげさではなく、本物だけが持つ”凄み”があります。

ただし、甘い考えで購入すると痛い目に遭います。あなたの本気度が試されます。一生涯使える投資スキルを身に付けたい!と真剣に願っているのであれば、買って後悔することはありません。

1秒スキャルFX
1秒スキャルFX
商品名:1秒スキャルFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018/01/25
商材内容:オリジナルインディケーター
手法:高速スキャルピング
http://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html公式サイト
S評価

「1秒スキャル」とう名の通り、瞬時に局面を判断するための工夫が随所になされ、ロジックも一貫していて破綻がない点は高く評価できる
中でも”通貨間の強弱”をチャート内に常時表示させる「マックス・ジャッジメント」は秀逸
「マックス・ジャッジメント」を手に入れるだけでも購入する価値のある商材だ
「マックス・ジャッジメント」を既存のFX商材や各人の手法と組み合わせることでトレード精度を高めてくれる可能性を秘めている

初心者〜中級者向きの5分足スキャルピングシステムです。

トレンド転換を2つのカスタムインジケーター(平均足・ボリバン)でダブルチェックして順張りで仕掛けます。瞬間的に局面を捉えるための様々なツールはどれも必要不可欠であり、スキャルの精度を高めてくれます。

瞬間的に局面を捉えるために「色」を活用するなど、易しさを追求しつつスキャルの精度を高める工夫が随所になされています。

とりわけ通貨間の強弱やボラティリティを視覚的に把握できる「マックス・ジャッジメント」は、全トレーダーが今すぐMetaTrader4に導入するべき。

マックス・ジャッジメント

リアルタイムで”強い通貨”と”弱い通貨”を認識し、トレンドが発生しやすい通貨ペアを瞬時に把握できます。

まさに「便利すぎて、死ぬまで手放せない」ほどのツールです。

FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極
岡安盛男のFX 極
商品名:FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極
販売:株式会社TKトレード
発売日:2017年8月16日
商材内容:PDFテキスト・動画
手法:早朝IFDOCO型トレード
http://okayasu-morio.com/kiwami/公式サイト
S評価

早朝に罠(=トラップ)を仕掛けて、その後はほったらかしにする「IFDOCO型トレード」
NY市場の大引けから調整ゾーンを経ての”トレンド再開”を狙い撃つストラテジーであり、その優位性は実証済み
”優位性”を確実なものにするには、経験と学習によってチャートリーディング能力を高めることが求められるFX商材だ

早朝トレード手法の”決定版”ともいえる『岡安盛男のFX極』。

毎朝おこなうトラップ(IFDOCO)設定は、慣れれば数分程度で終わります。逆指値注文が刺さればポジションが自動で建てられ(IFD注文)、その後OCO注文によって利益確定もしくは損切りが行われます。早朝の作業が終われば、あとは基本的に”ほったらかし”が可能になります。時間の限られたトレーダーには嬉しいFX手法といえます。

岡安盛男のFX極その1 岡安盛男のFX極その2

ストラテジーは「NY市場の大引けから調整ゾーンを経ての”トレンド再開”を狙い撃つ」というもの。NY市場でのトレンドが大引けによって「調整」に入り、その後の明け(東京市場)でトレンドが再開しやすいという”市場の性質(傾向)”を利用したトレードです。

優位性の高さを確実なものにするためのチャートリーディング(分析)は欠かせませんので相応の学習と経験が求められる手法ですが、時間の限られたFXトレーダーにとっては魅力的なFX商材といえます。

【億超え会員誕生!!】Black AI・ストラテジー FX – ブラストFX –
Black AIストラテジー FX
商品名:【億超え会員誕生!!】Black AI・ストラテジー FX – ブラストFX –
販売:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2017年4月6日
商材内容:オリジナルインジケータ(シグナル点灯系)
手法:順張り・逆張り
http://blackaist-fx.com/公式サイト
S評価

逆張りにめっぽう強いツールの登場によって『ドラゴンストラテジーFX』の弱点を補完することに成功した
相場俯瞰のしやすさ・シグナル精度の高さなど、ツールとしての使い勝手の良さは前作『ドラストFX』と優劣つけがたいほど
トレンド相場だけでなく”レンジ相場”も攻めたい欲張りトレーダーならば手に入れるべきツールだ

当ブログでS評価の『ドラゴンストラテジーFX』を提供しているグローバルロイズ社が、満を持してリリースした『Black AI・ストラテジー FX』。

ユーザーのかゆいところに手が届くツールを構築する技術はグローバルロイズ社ならでは。相場俯瞰のしやすさ・シグナル精度の高さなどは、前作『ドラゴンストラテジーFX』に匹敵します。

基本ロジックは、”買われ過ぎ”、”売られ過ぎ”からの相場反転をピンポイントで狙い撃ちする”逆張りストラテジー”。

Black AI・ストラテジー FX(ブラストFX)チャート

レンジ相場にはめっぽう強いツールです。さらに、トレンド相場でも”深いポイント”から仕掛けるので、結果的に大きな利益を狙いやすい傾向にあります(リスクリワードは公称1:7)。

トレンドだけでなく相場の8割を占めるといわれるレンジ相場からも利益を得たいならば、『ドラゴンストラテジーFX』と『Black AI・ストラテジー』を相場環境に応じて使い分けるのもアリ。

商材評価の一覧はこちらから


C評価商材

D評価商材