カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

C評価商材

FXで8億円以上の利益を上げている現役トレーダーの新商材

今回ご紹介するのは、池辺雪子さんの倍加テクという商材です。池辺雪子さんといえば、あの有名な巨額脱税容疑で起訴された主婦ですね。その後、執行猶予が確定しています。

以前、このブログでも取り上げています。

過去の商材「FXトレーダー育成教材」はFXの入門編的な講座であり、中身は斬新な印象ではありませんでした。

今回の倍加テクはどうなのでしょうか?

”池辺雪子の倍加テク”はレンジブレイク

倍加テクは、いわゆるレンジブレイク手法です。レンジをブレイクしたところをレンジ幅と同等の利幅を設定して、利益確定するロジックですね。非常にシンプルですですが、ハマれば強力です。

特に目新しい手法ではなく、知っている人も多い手法です。海外フォーラムでも比較的よく見かける手法ですね。

ブレイク後の利幅の取り方はトレーダーによって様々で、池辺雪子さんのようにレンジ幅で設定する方法や、単純にフィボナッチの123.6%や138.2%、150%で利益確定する方法など、色々なやり方があります。

池辺雪子さんの倍加テクは、フィボナッチの200%で利益確定(レンジ幅と同等の幅で利確する)ということですので、ブレイクアウト&フィボナッチの変形版ということになります。

倍加テクはグローバルFXを彷彿とさせる

ひと昔販売されていた「グローバルFX」のロジックも、この倍加テクと似ていましたね。グローバルFXはレンジブレイクではなく、サポート&レジスタンスブレイクで仕掛ける方法でした。

そして倍加テク同様、フィボナッチを使ってストップ(損切り)とリミット(利確)を設定していました。ストップは、サポレジ幅のフィボナッチ61.8%ライン、そしてリミットは、サポレジ幅のフィボナッチ138.1%ラインという感じです。

さらに138.1%を抜けた場合は、その先の150%ラインや200%ラインを狙うというロジックでしたね。このグローバルFXの手法も、目新しいモノではなく、海外フォーラムでもよく話題になる手法です。

倍加テクは良くある手法のひとつにすぎない

結局のところ、倍加テクは特段新しい手法ではなく、過去に多くのトレーダーが検証を繰り返してきた手法のひとつに過ぎません。

しかし、だからといって優位性が全くないということではありません。逆に言えば、多くのトレーダーが惹きつけられるほど、奥が深く、魅力に溢れている手法であるとも言えます。

私自身、レンジブレイク後のフィボナッチポイントは、注目ポイント(利益確定や戻しのポイント)として重要視しています。このフィボナッチポイントが機能する場合もあるし、機能しない場合もあります。

単純にこれだけで勝てるとは思えませんが、機能するときは面白いくらい機能します。

ブレイクのダマシ回避がポイント

池辺さんの倍加テクは、いわゆるブレイクアウト手法のひとつです。従いまして、ブレイクアウトにつきもののダマシをいかに回避するか?が重要なポイントになります。

ダマシ回避については、中長期のチャートで相場背景を確認したり、他のテクニカル指標を参考にするなど、それなりの紙面を割いて解説されているようです。

ただ、ブレイクのダマシを高確率で回避できれば、別にこの手法でなくても容易に勝てるようになります。結局のところ、ブレイクのダマシをどうやって回避するのか?がこの商材(倍加テク)のキモでもあり課題でもあると思います。

海外フォーラムにおいても、ブレイクアウト系のロジックにおいては必ずと言っていいほどダマシ回避が大きな話題(課題)として取り上げられます。簡単ではないということですね。

池辺雪子さんが稼いだ手法ではない点に注意

池辺雪子さんが過去に大きく稼いだ手法は、この倍加テクではなかったはずです。主にRSIの乖離ロジックを使用されていたと記憶しています。

今回の倍加テクは、池辺さんの新しい手法のひとつということなのでしょう。しかしながら、倍加テクによる実績は、販売ページでは確認できませんでした。

このロジックが本当に優位性があるのであれば、この手法による実績を掲載(or公開)して欲しいですね。その成績次第では、購入して検証してみる価値はあるかもしれませんね。

C評価商材

池辺雪子の倍加テクを別の角度から解説

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えて…

24FX
24FX【検証とレビュー】

「24FX」はナンピン・マーチンゲール型のスキャルロジック 24FXの販売ページはとても良くできています。実践者の声だけでなく、リアルな実績も数多く掲載されています。初心者でも勝て…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」の優位性を真剣に考えてみる

秋田式トレーダー育成プログラムの優位性 読者の方から、秋田式Winner’s FXに関するお問い合わせを頂きました。「秋田式のロジックは本当に優位性があるのか?」「秋田式のモニター…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者「株式会社バベル」について

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材…

グランドセオリーFX【検証とレビュー】

グランドセオリーFX販売の背景 グランドセオリーFXは、FX情報商材アフィリエイトサイトを運営されている「らいく」氏が満を持して発売したFX裁量マニュアルです。らいく氏の運営されて…

ゾーンスキャルFX
『ゾーンスキャルFX』の本質は順張りライントレードにすぎないが10万円を超える価格に見合う優位性は不明【検証とレビュー】

『ゾーンスキャルFX』検証とレビュー 低価格路線に歯止めをかけるか?10万円オーバーのFX情報商材の登場 なかなか強気な価格設定です。なんと10万円オーバー(税込)のFX情報商材が…

為替予想GIMMIC 【検証とレビュー】

SNATCH「スナッチ」と同じ販売業者 為替予想GIMMICは、FX為替予想システムSNATCH「スナッチ」と同じ販売者の商材です。スナッチは、一部のレビューブログで絶賛されていま…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】

HUAU氏のEAの中でも、抜群の安定感 このEAの作者はHUAUという方で、相当な数のEAを販売されています。プロフィールには、 4年半の間、EAの開発だけに時間を費やし、1000…

ポイントFXシグナルシリーズが販売を中止

金融庁の指摘により販売を中止 これまでに多くのシグナル配信系商材を販売してきた株式会社ギガリンクですが、金融庁から有料課金サービスに対する指摘があったとのことです。 先日、金融庁よ…

ドルエリオンFX 【検証とレビュー】

ドルエリオンFXはUSDJPY専用のEA ドルエリオンFXは、USDJPY(ドル円)専用の、EA(自動売買システム)です。一般的なナンピン・マーチンゲールタイプのEAです。 販売ペ…

Ava Swing System
Ava Swing System(エヴァスイングシステム)【検証とレビュー】

『Ava Swing System(エヴァスイングシステム)』検証とレビュー FX”先進国”の「日本」 FXが最も盛んな国はどこでしょう。言わずと知れた「日本」です。この事実は各種…