2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】ボリンジャーバンドの凄い使い方を解説する|順張り編

【FX手法】ボリンジャーバンドの凄い使い方【順張り編】

【FX手法】ボリンジャーバンドの凄い使い方【順張り編】

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ボリンジャーバンドとは?

誰もが聞いたことのあるボリンジャーバンド(ボリバン)。

ボリバンは、移動平均線を中心にしてその上下に波打つように描写される複数本のラインで構成されています。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは?

過去の一定期間の値動きから標準偏差を算出したものがボリンジャーバンドです。簡単に言えば、このライン(±1〜3シグマ)の範囲内に値動きが収まる可能性を示しているテクニカルですね。

  • ±1シグマ内にレートが収まる可能性…68%
  • ±2シグマ内にレートが収まる可能性…95%
  • ±3シグマ内にレートが収まる可能性…99%

とはいっても、絶対にこの範囲にレートが収まるかといえば、決してそうではないのが相場です。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ボリンジャーバンドの見方を多くの人が間違っている…?!

「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」開発者であるボリンジャー氏が否定

ボリンジャーバンドの特性から、ボリバンは「逆張り用インジケーター」だと思っているトレーダーも多いのではないでしょうか。

レートが高い確率で±2〜3シグマ内に収まるならば、±2から3シグマタッチで逆張りすれば良さそうですよね?

  • ±1シグマ内にレートが収まる可能性…68%
  • ±2シグマ内にレートが収まる可能性…95%
  • ±3シグマ内にレートが収まる可能性…99%

例えば、+2σを越えたレートはいずれ戻されるので「売り」で仕掛け、一方、-2σを越えたレートもいずれ反発して戻ってくるので「買い」で仕掛ける、という逆張り戦略にボリバンを活用する…ボリバンの特性(標準偏差)を考えた逆張り戦略は一見有効に見えます。

ところが、この使い方についてボリバン開発者であるジョン・A・ボリンジャー氏が、「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」と否定しています。

「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」

「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」

以下のYouTube動画を御覧ください。1分12秒あたりで語っています。

ボリンジャーバンドは相場の”相対的な高低”を定義するテクニカル指標だ

非常に興味深い動画なので、内容を一部抜き出してみます。ボリンジャーバンドに興味のある方は動画をすべてご覧になることをおすすめします。

相場は相対的に高値か、安値か?ボリンジャーバンドは、これに答える指標です。

バンド上限で売り、下限で買い、これは間違いです。

比較的・高値か、安値か、この情報を基に、 相場動向や指標動向を参考に確信的な判断が下せるのです。

ボリンジャーバンドは相場の相対的な高安を定義します。ボリンジャーバンド上限で相場は高く、下限で安いと定義します。

ボリンジャーバンドを構成しているのはトレンドと価格変動率です。トレンドは移動平均、変動率は標準偏差です。

ボリンジャーバンドの中心線をシグナルにする人がいます。上抜けで買い、下抜けで売り、というように。

ただ、より重要なのは移動平均が示す相場の方向です

引用:https://www.youtube.com/watch?v=NmmY6TWt_10

ボリンジャーバンドの正しい使い方は「順張り」だ

ボリンジャーバンドブレイクアウトこそが優位性を最大限発揮できる戦略

ボリンジャー氏の言葉にならえば、ボリバンは順張りに使うことが正しい戦略といえそうですね。

バンドが収斂(しゅうれん)している状態はレンジであり、バンドが拡大している状態はトレンドである…素直に捉えるとこのようになります。

であれば、バンドの収斂(しゅうれん)から拡大を狙った順張りトレードこそが、ボリバンの優位性を最大限に発揮できる戦略ではないでしょうか。

つまり…ボリンジャーバンドでトレンドの初速を捉える『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』です。

ボリバン(ボリンジャーバンド)ブレイクアウトとは、過去レートの標準偏差をベースにして、その標準偏差をレートがブレイクしたタイミングで仕掛ける手法です。

スクイーズとエクスパンション

ボリンジャーバンドの幅が狭まることをスクイーズと表現し、そこから一気に幅が広がりトレンドが発生することをエクスパンションと呼びます。

ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンション

ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンション

『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』は、このエクスパンションの初動を捉えることが基本戦略となります。

ブレイク直前のスクイーズ状態が長いほど相場にエネルギーが溜め込まれ、その後エネルギーが一気に放出されてエクスパンションとなる可能性が高まります。

ボリンジャーバンドと”バンドウォーク”

ブレイク後に±1シグマ(あるいは±2シグマ)の上をレートがスキップするように移動してトレンドを形成することをバンドウォークと呼びます。

バンドウォーク

バンドウォークは非常に強いトレンド時に発生する現象です。

バンドウォークを終焉まで捉えることができれば、大きな利益を確保することが可能になります。

『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』の手仕舞いは、バンドウォークが終焉するタイミングもしくは、レートが±3シグマを大きく抜けたタイミングです(もしくは±3シグマタッチでEXIT)。

ボリンジャーバンドブレイクアウトを捉える『SQI』

エクスパンションとバンドウォークを視覚的に捉えるツール

『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』に特化したインジケーターを紹介します。当サイトで特典として提供している『SQI』です。

まずは以下の動画をご覧ください。投資グループ「ザ・シークレット」を作った人物が『SQI』について解説している動画です。

『SQI』は、ボリンジャーバンドをベースにした順張りツールです。強いトレンド時に発生するバンドウォークを補足し、狙い撃ちするためのツールです。

SQI

ボリンジャーバンドをブレイクで仕掛け、ボリバンに戻されるタイミングで手仕舞いします。エクスパンションバンドウォークをビジュアル化(視覚化)することで、トレンドを捉えやすくしたオリジナルインジケーターです。

投資グループ「ザ・シークレット」の仲間内で使われていた極秘ツール

SQIは、私の知人(株&FXトレーダー)が開発したツール(MT4専用インジケーター)であり、投資グループ「ザ・シークレット」メンバーにのみ配布されたツールの一つです。

SQシリーズ(SQI、SQBOX、SQS)は、他では一切販売していませんので、このサイトから入手する以外に方法はありません。

SQIを手に入れる方法については以下をご覧ください。

ボリンジャーバンドブレイクアウトツール『SQI』の特徴

1.ボラティリティブレイクアウト(順張り)

SQIは、いわゆるボラティリティブレイクアウトです。ベースにボリンジャーバンドを使用しています。当然、順張り(トレンドフォロー)となります。

2.チャート上のビジュアルでひと目でトレンドを把握できる

チャート上のビジュアルが凝っています。トレンド発生をひと目で把握できるような工夫がなされています。

トレンド状態とレンジ状態を一瞬で視認することが可能です。上昇トレンドは青系、下降トレンドは赤系のバンドカラーで表示させています。

チャートの右上には、3つのトレンド判定フィルターも設置しています。現在のトレンド状況を3つのフィルターで把握し、総合判断を下します。

SQI「現在のトレンドがひと目で分かる」

SQI「現在のトレンドがひと目で分かる」

フィルターは以下の3つ。

  • BB1(ボリンジャーバンド±1シグマ)
  • ADX
  • BWR(BBand Width Ratio)

この3つのフィルターがすべて「DOWN」であれば、総合判断として「DOWN」(=下降トレンド)と表示されます。1つでも逆方向(例「UP」)ならば、総合判断は「NON」(=方向性定まらず=レンジ)となります。

3.シンプルかつロジカル(高い汎用性)

ロジックそのものは非常にシンプルであり、だからこそ普遍性が損なわれていません。あらゆる時間足、通貨ペアにおいて利用可能です。もちろんボラティリティが大きい通貨ペアにおいてより効果を発揮します。また、時間足も選びません。5分足から30分足、1時間足、日足と、あらゆる時間足で表示させることが可能です。

トレンドを補足するツールですので、トレンドが発生する通貨ペアや金融商品であれば、使うことができます。

4.アレンジの可能性が無限大

シンプルなロジックを採用していますので、アレンジは無限大です。同様のトレンドフォロー系ツールと組み合わせたり、他のロジックをサポートさせるツールとして使用するなど、様々なシーンで活用できます。

『SQI』のロジックを詳しく解説

『SQI』で使用しているテクニカルは以下のとおりです。

  • ボリンジャーバンド
  • ADX
  • BBand Width Ratio

ボリンジャーバンドは期間21、±1σを表示させています。

ADXについては聞き慣れないかたもいるかもしれませんが、Average Directional Movement Index(平均方向性指数)の略です。「トレンドの強弱(勢いや方向性)を計測する指標」の一つです。

ADXの詳しい解説については【FX】ADX手法でバカ勝ちするための正しい設定と使い方【MT4編】をご覧ください。

BBand Width Ratioはボリンジャーバンドの帯が開いているのか閉じているのかを数値で表示するテクニカルです。通常はラインで表示されています。

『SQI』はこの3つのテクニカル指標をベースに構成されています。

ボリバンの±1σを抜けたタイミングでチャート上の帯にカラーがつきます。上昇ならば青帯、下降なら赤帯です。この帯は、レートがボリバン1σ内に戻されるまで表示され続けます。レートの終値で帯が確定します。さらに、トレンドの強弱を帯の色の濃淡で表現しています。

  • 青帯…強い上昇トレンド
  • 水色帯…弱い上昇トレンド
  • 赤帯…強い下降トレンド
  • ピンク色帯…弱い下降トレンド

このトレンドの強弱を計測するためにADXを使用しています。BBand Width Ratioは、チャートの下に表示されているヒストグラムです。ボリバンの幅の広さに応じてヒストグラムの色が変わります。

  • 青色…上昇トレンドによりボリバンの幅が大きく広がる
  • 赤色…下降トレンドによりボリバンの幅が大きく広がる
  • 黄色…スクイーズ状態(ボリバンの幅が狭い)

以上が、『SQI』のロジックのすべてです。書いてしまえば非常にシンプルです。シンプルであるからこそ汎用性が高いといえます。

『SQI』がトレンドをどのように捉えるか?

最近のトレンドを『SQI』がどのように捉えているか、最近のチャートをご覧ください。

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」USD/JPY

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」USD/JPY

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」EUR/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」EUR/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」EUR/JPY

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」EUR/JPY

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」GBP/JPY

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」GBP/JPY

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」GBP/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」GBP/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」EUR/GBP

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」EUR/GBP

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」GBP/CHF

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」GBP/CHF

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」AUD/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」AUD/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」NZD/USD

ボリンジャーバンドブレイクアウト「SQI」NZD/USD

上のチャートは全て4時間足です。

大きなトレンドが発生したときには、『SQI』のようなトレンドフォロー系ツールは、勝てて当然です。ですのであまり参考にならないかもしれません。トレンド発生時に、『SQI』がどのような表示になるのか参考にしていただければと思います。

詳しい解説動画はこちら。

『SQI』のウィークポイント(弱点)

『SQI』の弱点は、ダマシです。ボラティリティブレイクアウト(ボリバンブレイク)なので、いわゆるヘッドフェイクと呼ばれるダマシが発生します。ボリバンを抜けた、と思ったらまた戻される現象です。

ヘッドフェイクを100%回避する方法はありませんが、ある程度回避する方法について、簡単にまとめておきます。

  • 初動のブレイクアウトを見送る
  • MTF(マルチタイムフレーム)の概念を取り入れる
  • 直前のスクイーズを観察する
  • 適切なストップラインを設ける

特に初動のブレイクアウトを見送ることと、MTFでより大きな時間足と同調する方向へのみ仕掛ける、という点が重要になります。それらの対策を適切におこない、ルール化することで『SQI』の精度を高めることが可能になります。

対策その1…初動のブレイクを見送る

一般的なヘッドフェイク対策として、初動のブレイクを見送る、というものがあります。最初のブレイクは戻されることが多いという相場の傾向から導き出された戦略です。

初動のブレイクで戻されたレートが、再度ブレイクをトライし、直近の高値及び初動ブレイクの高値をクリアしてから仕掛けることで、ヘッドフェイクを回避するわけです。

対策その2…より大きな時間足におけるトレンドの方向を確認しその方向に同調するエクスパンションのみ仕掛ける

5分足で執行するならば、30分足や1時間足でトレンド方向を見極めます。MTF(マルチタイムフレーム)の概念を取り入れることで、ブレイクアウトの確度を高めます。

その3…直前のスクイーズ状態の時間的長さやバンドの上下幅の数値でフィルタリングする

スクイーズ状態が長く続けば続くほど、その後のエクスパンションが大きくなる傾向があります。また、バンドの上下幅が小さいほどエネルギーが溜め込まれるため、エクスパンションによって貯めこまれたエネルギーが放出される傾向にあります。

中途半端なスクイーズ後のブレイクは見送るようにすることで、精度を高めることが可能になります。

対策その4…最適なストップラインの設定

回避するのではなく、ヘッドフェイク発生時の損失を最小限に留めるという戦略が有効になります。つまり最適なストップラインの設定です。その他にも様々なヘッドフェイク対策がありますが、代表的なものを3つご紹介しました。

まとめ:ボリンジャーバンドを順張りで使う方法

ボリンジャーバンドを順張りで活用する方法の一例として『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』を紹介しました。さらに手法をサポートするツール『SQI』について詳しく解説しました。

すでに『SQI』を手にした方からは多くの称賛の声をいただいています。汎用性が高くアレンジも効かせやすい『SQI』を、ぜひこの機会に手に入れてください。

『SQI』を入手する方法についてはこちらをご覧ください。

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

[/aside]

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら