【2022年8月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

FX手法

ねぇ、ボリンジャーバンドの見方、これであってる?

ねぇ、ボリンジャーバンドの見方、これであってる?
男性

ボリバンの見方、マジでよくわからない…

数学苦手だったからシグマとか標準偏差とか、チンプンカンプンなんだよね。

FX博士

確かにボリバンの見方は、ちょっと難しいのじゃ。

今回はそんなあなたのためにボリバンを少し噛み砕いて解説してみようと思うぞ。

ボリンジャーバンドの見方|ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド(ボリバン)は、1980年代半ばにアメリカの金融アナリスト・テクニカルトレーダーであるジョン・A・ボリンジャー( John A. Bollinger)氏が開発したテクニカル分析ツールです。

MT4にボリンジャーバンドをプロットしたものが以下の図。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは3本の線(バンド)で構成されています。

ボリバンを構成する3つのバンド

  1. 中心線(ミドルバンド)…単純移動平均線(SMA)
  2. アッパーバンド
  3. ローワーバンド

中心に位置するラインが単純移動平均線(=SMA)。ミドルバンドを挟んで上下に位置するラインが、それぞれアッパーバンド・ローワーバンドです。

ボリンジャーバンドは、過去の値動きを基準にして現在レートの相対的な高さや低さを測定するボラティリティ指標の一つです。

価格変動が大きくなるとバンドの幅が拡大し、価格変動幅が小さくなるとバンド幅は狭まります。

ボリンジャーバンド見方|バンドの動き

ボリンジャーバンド見方|バンドの動き

ボリンジャーバンドの見方|3つのパターンを覚える

ボリンジャーバンドの基本的な見方を解説します。

ボリンジャーバンドが示しているのは以下の2つ。

  1. センターライン(移動平均線)の傾き=トレンドの方向
  2. 上下のバンド幅=価格変動率(変動の平均値)=ボラティリティ
ボリンジャーバンドの見方|基本

ボリンジャーバンドの見方|基本

移動平均線の傾きによってトレンドの方向を見定め、バンド幅の拡張・収縮で価格変動率(=ボラティリティ)を判断します。

ボリンジャーバンドには3つの形態があります。

  1. スクイーズ(Squeeze)
  2. エクスパンション(Expansion)
  3. バンドウォーク(Walking the Bands)

ボリンジャーバンドの形態は概ねこの3つに分類されます。拡大(エクスパンション)と収縮(スクイーズ)を繰り返しその中でときおりバンドウォークという現象が現れます。

ボリンジャーバンドの見方|スクイーズ・エクスパンション・バンドウォーク

ボリンジャーバンドの見方|スクイーズ・エクスパンション・バンドウォーク

ボリンジャーバンドの見方|スクイーズ

トレンド終息後ボラティリティが大幅に低下し、上下のバンドが移動平均線(ミドルバンド)まで収縮している状態がスクイーズ(Squeeze)です。小さな幅でのレンジが続いている状態ですね。

ボリンジャーバンドの見方|スクイーズ

ボリンジャーバンドの見方|スクイーズ

スクイーズはボラティリティの谷(=低ボラティリティ)とも言える状態であり、トレンド終焉後、そして再びトレンドが再開するまでの間に発生します。スクイーズがどれくらい継続するかを推測することは難しいのですが、スクイーズが長期化するほど市場にパワーが凝縮されその後のボラティリティ拡大(=エクスパンション)の原動力となります。

FX博士

バンドの狭まり(ボラティリティの収縮)は、その後の大幅な上昇トレンドや下落トレンドの予兆でもあるぞ。

気をつける点は、相場がスクイーズから抜け出した後に急激にトレンドを形成する可能性が高いということ。そのためスクイーズ中に新規ポジションを建てる場合は慎重さが求められます。間違った方向でポジションを不用意に建ててしまうと、急激にボラティリティが拡大した際に損失が一気に拡大してしまう恐れがあるからです。

スクイーズ中は近い将来起こりうるトレンドの初動を慎重に観察することに徹し、ポジションを建てることは控えたほうがベターです。

ボリンジャーバンドの見方|エクスパンション

スクイーズ後に訪れるボラティリティ急拡大の現象がエクスパンション(Expansion)です。ボラティリティブレイクアウトとも呼ばれます。

ボリンジャーバンドの見方|エクスパンション(上昇)

ボリンジャーバンドの見方|エクスパンション(上昇)

ボリンジャーバンドの見方|エクスパンション(下落)

ボリンジャーバンドの見方|エクスパンション(下落)

バンド幅が上下に拡大し、レートが一気に上昇or下落してトレンドを形成します。エクスパンションの初動を捉えることができれば大きな利益を見込めます。

ただしエクスパンションの発生を初期段階で正しく見極めることは非常に難しく、ブレイクすると見せかけてレンジ内に再び戻されたり、初動とは逆方向へブレイクするFalse Breakouts(偽のブレイクアウト)であることも多いのが現実。

FX博士

トレンド初動を狙いすぎると偽のエクスパンションにダマサれるぞ!

偽のエクスパンションを見極めるためには、ボリンジャーバンド以外に別の指標(RSIなど)をフィルターとして加える必要があります。

ボリンジャーバンドの見方|バンドウォーク

ボリンジャーバンドのアッパーバンド、ローワーバンドの上をローソク足がスキップするように価格推移する状態をバンドウォーク(Walking the Bands)と呼びます。

ボリンジャーバンドの見方|バンドウォーク

ボリンジャーバンドの見方|バンドウォーク

バンドウォークは±2σだけでなく、±1σを表示させて確認する場合があります。上のチャート図では±1σを表示させています。

ごらんの通りバンドの上をローソク足が歩くように(Walking)、レートが何度もバンドにタッチし外側に跳ね返される値動きをしています。

バンドウォーク(Walking the Bands)が発生しているときは、非常に強い上昇トレンドや下降トレンドが長期的に継続していると判断できます。

バンドウォークでの取引は基本的には順張りが王道です。トレンド初動で乗れなくても、バンドでの反発を待ち押し目や戻りで仕掛けることが可能です。

FX博士

バンドウォークでは順張りで仕掛けるのが王道じゃ。

まずは押し目買い、戻り売りで確実に勝てる場所でエントリーすることが大切じゃよ。

【2022年8月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 岡安盛男のFX 極
4 FXismプロコントローラー改
5 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

ボリンジャーバンドの見方|標準偏差(シグマ)とは

ここからがいよいよ本題です。

ボリンジャーバンドの本質を理解するために欠かせないのが標準偏差。

男性

そうそう!

この「標準偏差」ってやつがよくわからないんだよねー。

FX博士

標準偏差とは、データの平均値から数値がどの程度散らばっているかを測定するための指標じゃよ。

標準偏差とは、「データの散らばり具合」「かたより具合」のこと。

標準偏差が低い場合ほとんどのデータは平均値に近く、逆に標準偏差が高いときはデータの分散が非常に大きくなります(ばらつきが大きい)。つまり価格変動が大きいほど(ばらつきが大きいほど)標準偏差が高くなり、価格変動が小さいと(ばらつきが小さいと)標準偏差は低くなるということ。

ボリンジャーバンドに置き換えて説明すると、レートが移動平均線(平均値)から大きく逸脱することが多ければ多いほど標準偏差が大きくなる(バンドが拡大)。一方、レートが移動平均線(平均値)に近くばらつきが少ない場合は、標準偏差が小さくなり2本のバンドは縮小します。

以上からボリンジャーバンドは下記のポイントを示す指標であると帰結されます。

「現在の相場は平均値から大きく逸脱しているか、それとも平均値に収束しているか?」

現在のレートが相対的に高値(or安値)にあるのか?それとも平均値に近いのか?を視認するために、移動平均線と標準偏差を使ってチャート上にプロットしものがボリンジャーバンドなのです。

ボリンジャーバンドの見方|ツールの本質

ボリンジャーバンドの見方|ツールの本質

このことは開発者であるジョン・A・ボリンジャー( John A. Bollinger)氏が明確に語っています。

相場は相対的に高値か、安値か?ボリンジャーバンドは、これに答える指標です。バンド上限で売り、下限で買い、これは間違いです。比較的・高値か、安値か、この情報を基に、 相場動向や指標動向を参考に確信的な判断が下せるのです。ボリンジャーバンドは相場の相対的な高安を定義します。ボリンジャーバンド上限で相場は高く、下限で安いと定義します。ボリンジャーバンドを構成しているのはトレンドと価格変動率です。トレンドは移動平均、変動率は標準偏差です。ボリンジャーバンドの中心線をシグナルにする人がいます。上抜けで買い、下抜けで売り、というように。ただ、より重要なのは移動平均が示す相場の方向です。

引用:ジョン・A・ボリンジャー日本講演より抜粋

標準偏差の単位が「σ(シグマ)」

σ(シグマ)は標準偏差の単位です。シグマと聞いて「Σ」記号を思い浮かべる人がいると思います。高校の数学で習う数列に登場する「Σ記号」です。

実は標準偏差で使う「σ」記号は、「Σ」の小文字です。

  • Σ(シグマ)…大文字
  • σ(シグマ)…小文字
FX博士

数列や統計で扱う標準偏差の単位が「σ=シグマ」なのじゃ。

センターライン(単純移動平均線)に対して標準偏差(σ)を2倍した値を上下にプロットしたものがボリンジャーバンドです。

期間20SMAで±2σのボリンジャーバンドをプロットする場合の計算式は以下の通り。

  • ミドルバンド(単純移動平均)=直近20本のローソク足終値の平均値
  • アッパーバンド=(直近20の終値の平均値)+(20日間の終値の2標準偏差)
  • ローワーバンド=(直近20日間の終値の平均値)ー(20日間の終値の2標準偏差)

ミドルバンドに2σ(2標準偏差)をプラスしたものがアッパーバンド。2σ(2標準偏差)をマイナスしたものがローワーバンドの正体です。

ボリンジャーバンドの基本は±2σ(シグマ)のみ

ところで日本の多くの書籍では以下の解説をよく見かけませんか?

  • ±1σの範囲内にレートが収まる確率…約68.3%
  • ±2σの範囲内にレートが収まる確率…約95.4%
  • ±3σの範囲内にレートが収まる確率…約99.7%

実際にボリンジャーバンドを使う際も、±1σから±3σまで(ミドルバンドを含めると)7本ものラインを引いて解説しているケースを多く見かけます。つまりチャートで表すと下図の通り。

ボリンジャーバンドの見方|標準偏差

ボリンジャーバンドの見方|標準偏差

残念ながら1σから3σまでを表示させるのは日本(日本人)だけ。海外ではこんなにごちゃごちゃしたボリンジャーバンドはまず見かけません。

そもそもボリンジャーバンド開発者であるジョン・A・ボリンジャー( John A. Bollinger)氏は、±2σしか表示させていません。そして海外トレーダーも±2σのみを表示させてトレードしている人が大半。

ボリンジャーバンドは±2σ(シグマ)のみを表示させるのが基本

ボリンジャーバンドは±2σ(シグマ)のみを表示させるのが基本

ボリバンの基本は±2σであること(さらに言えば移動平均線期間は20)を念頭においておく必要があります。

男性

へぇー知らなかった!ボリバンって±2σ(シグマ)だけを表示するのが基本なんだね!

FX博士

そうじゃ、基本は±2σのみ表示させるのが正しい。

1σも3σも表示させるのは日本人だけじゃよ。コピーコンテンツだらけでまともに原書をあたる人間は皆無じゃからの。

開発者のボリンジャー氏が知ったらきっと鼻で笑うじゃろ。

もちろん±1σや±3σを表示させるのは自由ですが、まず基本を押さえておくことは大切です。

ボリンジャーバンドの見方|順張りが正しい戦略

たまに目にする「ボリバンの上限で売り、下限で買い」という逆張り戦略ですが、これは本来のボリンジャーバンド使い方ではありません。

正しくは「ボリバンの上限ならばさらに価格が伸びる可能性、ボリバンの下限ならばさらに価格が下落する可能性」を示している…こう判断するべき。

ボリンジャー氏「バンドを抜けたらむしろトレンドに順張りだよ!」

つまり、ボリンジャーバンドのバンドを抜けたならばむしろその方向へ順張りするべきだと主張しているわけです。当ブログで紹介しているボリバン手法も、基本的には「順張り」がメインです。

当ブロブのオリジナル特典の一つである「Shin Bollinger Bands」も順張り専用のインジケーターです。

当ブログオリジナル特典「SQI」インジケーター

当ブログオリジナル特典「Shin Bollinger Bands」インジケーター

Shin Bollinger Bandsは、ボリバンのバンド抜け(±1σ)をわかりやすく描写してくれる便利インジケーターです。Shin Bollinger Bandsを使ったトレード方法は、バンド抜けを確認して順張りで仕掛けるというもの。

Shin Bollinger Bandsの詳細はこちらをお読みください。

引用:ボリンジャーバンド「いいか、逆張りで使うなよ!絶対に!だ」

【2022年8月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 岡安盛男のFX 極
4 FXismプロコントローラー改
5 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

ボリンジャーバンドの見方|MT4に設定する方法

ボリンジャーバンドはMT4にも標準で装備されています。

MT4に標準装備されているボリンジャーバンド

MT4に標準装備されているボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドをMT4に正しく設定する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

ボリンジャーバンドの見方|開発者のジョン・A・ボリンジャー

ボリンジャーバンドの開発者は、ジョン・A・ボリンジャー( John A. Bollinger)氏。

FX博士

ボリンジャー氏はまだ健在じゃよ。Twitterもやってるからフォローするといいぞ。

You Tube動画の右側(ブルーシャツ)男性がジョン・A・ボリンジャー( John A. Bollinger)氏。TradersExpo New Yorkでのインタビュー動画です。ボリンジャーバンド開発の経緯を語っています。まだまだお若いですね!

一時期、ボリンジャー氏が破産した!というウワサがSNSで流れましたが、完全なデマであることを本人がTwitterで語っています。

ボリンジャーバンドの見方|まとめ

ボリンジャーバンドは移動平均線からのレートの散らばり具合を上下2本ラインでプロットした指標であると理解しておけば、概ね間違ってはいません。

「レートがボリバンの上限にあればさらに価格が伸びる可能性、ボリバンの下限にあればさらに価格が下落する可能性を示している」…これが本来のボリバンの概念であり、捉え方であるということ。

この2点を押さえておけば、ボリンジャーバンドの基礎編はOKです。

ボリンジャーバンド|基礎編

ボリンジャーバンド|応用編

オリジナル特典|有料級ツールを22個まとめて無料プレゼント|日本語マニュアル付

当サイト「購入リンク」からFX商材をご購入いただいた方全員に、以下のオリジナル特典をすべて無料でご提供させて頂きます。管理人制作のオリジナルインジケーターに加え、海外のメジャー(かつ人気のある)ツールの中から、優位性の高が高く利便性を備えたインジケーターを慎重に厳選しました。

すべてのツールに、オリジナル日本語翻訳マニュアルをご用意しました。

1.環境認識 &シグナルツール(9個)

管理人制作のオリジナルツールに加え、海外でメジャー(かつ人気のある)ツールの中から優位性の高いインジケーターを慎重に厳選しました。有料で提供されてもおかしくないほどの優位性・利便性を備えたツールばかりです。
Shin Bollinger Bands
Shin Bollinger Bands(旧 SQI)
新着! 2021年5月12日
以前配布していた特典の中で最も人気の高かった「SQI」をヴァージョンアップ。「Shin Bollinger Bands」は、ボリンジャーバンドのエクスパンション(バンドウォーク)を視覚的に捉えるためのツールです。トレンド発生の目安となるバンドウォーク発生を、ヒストグラムで知らせてくれます。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin TQ Chart
Shin TQ Chart
新着! 2021年4月25日
The Secre(投資家集団)からの提供ツールです。トレンドをどこまでも追いかけて利益にする順張り系シグナルツール。性能の素晴らしさについては、ぜひ動画をご覧ください。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin High Low Break
Shin High Low Break
トレンド中の押し目や戻りをピンポイントで狙ってシグナル(矢印)を点灯させます。複数のMAによるパーフェクトオーダーでトレンドを確認し、連続する3つのローソク足がMAまで戻された状態を押し目・戻りと判断。最後のローソク足の高値・安値ブレイクでシグナルを出します。シグナル精度は動画でご確認ください。
≫ 特典の詳細はこちら
shin-top% Indicator
Top % Indicator 3
非常にユニークなツール。レートが動きそうな方向を%(パーセント)で表示してくれるインジケーターです。エントリータイミングでシグナル(矢印)も表示してくれます。FXだけでなくバイナリーオプションにも活用できます。精度の高さは言うまでもありません。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin BOX Chart
Shin Box Chart(旧 SQBOX)
当サイトで以前配布していたSQBOXのヴァージョンアップ版です。BOX(箱)によってレンジを判断し、BOXをブレイクしたところでENTRY。環境認識ツールとしても取引ツールとしても使える優れものです。
≫ 特典の詳細はこちら
shin forex meter
Shin Forex Meter(通貨強弱)
数ある通貨強弱ツールの中から、最も使いやすいものをセレクトしました。通貨ペア毎のトレンド状態と、通貨同士の強弱をグラフで表示してくれるツールです。強い通貨を買い、弱い通貨を売る、これが売買の基本です。意識するだけで勝率がグンと上がります。
≫ 特典の詳細はこちら
shin-stochastic MTF
Shin Stochastic MTF
2本のストキャスティクスのクロスでシグナル(矢印)を表示してくれるツール。ストキャスはMTF(マルチタイムフレーム)対応しており、任意の時間足のストキャスを設定可能。驚くほど天底を捉えるシグナル精度に、驚かされます。
≫ 特典の詳細はこちら
BO-Simulator
Shin BO Simulator
バイナリーオプション専用のシミュレーターです。チャート上に表示させ、UP・Downボタンをクリックすることで、仮想取引ができます。チャート上にもENTRYマークが表示されます。指定時間で勝敗判定が自動的に行われ、取引結果も表示されます。シミュレーターとしては非常に細かな設定が可能であり、BO練習には欠かせないツールです。
≫ 特典の詳細はこちら
Infoboard
Shin Info Board
相場状況を、信号機のような色で教えてくれる便利ツールです。1分足から日足までのトレンドの方向がひと目で判断できます。その他にも様々な相場情報(ATR値や値幅、スプレッドetc.)を一覧で表示してくれる利便性の高いボードです。
≫ 特典の詳細はこちら

2.実用・便利ツール(7個)

MT4に常時設置しておきたい便利なツールを集めました。似たようなツールはたくさんありますが、その中でも使い勝手の良さや正確性などから7つのツールを厳選しました。
Pair Buttons
Shin Pair Buttons
一度使ったらもう手放せない!それほど便利なツールがこれ。通貨ペアや時間足をワンクリックで切り替えることができるボタンです。動作も軽いので常時チャート上に表示させておきたいツールです。とにかく使ってみて!
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Rounder
Shin Rounder
キリ番(00や000)にラインを自動的に引いてくれる便利ツール。同様のツールの中でも、このツールが最も使いです。シンプルで軽く、ほかのラインと区別しやすいデザインのため、管理人も愛用しています。常に表示させておきたいツールの一つです。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin WT Lines
Shin WT Lines
トレンドラインやサポート・レジスタンスラインを引くためのボタンです。チャートの右下にある「TSR」ボタンをクリックするだけで簡単にラインが表示されます。MT4チャートのツールバーをクリックするよりも断然ラクに引けます。重宝します。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin SyncCursor
Shin Sync Cursor
チャート上に、常時、十字カーソルを表示させるインジケーターです。通常はクリックしてしまうとチャート上の十字カーソルは消えてしまいます。このツールを導入すると、クリックしても十字カーソルは消えません。ずっと表示したまま使えます。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Trend Line
Shin Trend Line
トレンドライン(斜めのライン)を自動的に描写してくれるツールです。この手のツールは数多く出回っていますが、本ツールが最もおすすめです。シンプルさと精度の高さでは随一です。ラインを多用するトレーダーならば持っていて損はありません。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Horizon
Shin Horizon
直近の高値・安値を起点に、水平ラインを自動描写してくれるツールです。サポレジラインとしてだけでなく、TPやSLの目安としても活用できるラインです。自分で引くラインに自信のない人は、まずはこれを使ってみることをおすすめします。
≫ 特典の詳細はこちら
Market Clock
Shin Market Clock
東京市場、ロンドン市場、NY市場の時間を同時に表示してくれるツールです。海外トレーダーのYou Tube動画などで、よく見かけるツールの一つですね。シンプルですが、あると何気に便利です。
≫ 特典の詳細はこちら

3.有料級|海外のメジャー取引システム(6個)

国内ではほとんど知られていない、優位性の極めて高いFXトレーディングシステムを厳選して紹介します。どれも有料で販売されてもおかしくないほどの完成度・優位性の高さです。
THV System
THV V4 Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年7月8日
世界で最も有名なトレーディングシステムといえばこれ、「THV」ですね。海外FXフォーラム『ForexFactory』から誕生したTHVは、またたくまに大人気となりました。その理由は当然ながら優位性の高さです。年々進化を重ね、現在はV4となりました。とにかく一度は試して欲しい取引システムです。オリジナル日本語マニュアルもご用意しました。
≫ 特典の詳細はこちら
XARDFX System
XARDFX Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年3月8日
ここ数年、THVと双璧をなすほどの人気の高まりをみせているのが「XARDFX Trading System」。派手なチャート画面に目を奪われますが、人気の秘密は環境認識のしやすさ、そしてトレードのしやすさにあります。トレンドを視覚的に捉えやすいチャート画面は秀逸です。オリジナル日本語マニュアル付きです。
≫ 特典の詳細はこちら
Forex Levelator System
Levelator Trading System(日本語マニュアル付)
非常に興味深い取引システムです。期間100の中の高値安値をベースにグラデーションのゾーンを表示させ、そのゾーンと移動平均線を使ってトレードするシステムです。見た目と違ってロジックは極めてシンプルかつ王道。これが無料!オリジナル日本語解説付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら
Congestion Breakout System
Congestion Breakout System(日本語マニュアル付)
FX商材「トワイライトゾーン」によく似た取引システムです。2本のラインをブレイクした方向に仕掛ける順張り手法です。シンプルながら精度の高さは折り紙付き。まずは使ってみてください。日本語解説マニュアル付き。
≫ 特典の詳細はこちら
Alfa Super Trend System
Alfa Super Trend System(日本語マニュアル付)
トレンド発生中の押し目や戻りを確実に捉えてシグナル(矢印)を点灯させます。わりと日本人好みのツールですね。シグナルの取捨選択は表示させているスーパートレンドインジケーターを使います。日本語解説マニュアル付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら
arrozaq scalping system
Arrozaq Scaiping System(日本語マニュアル付)
シグナル点灯系の取引システムです。サブウィンドウのヒストグラム等でシグナル(矢印)をフィルタリングしてトレードを行います。日本のFX商材に似たツールですが、精度は高いです。シグナル好きの日本人にマッチするツールですね。日本語解説マニュアル付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら

【2022年8月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

2022年 最新FX情報商材評価

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
…非常に高く評価する
…高く評価する
…評価する
…平均的
…低品質・粗悪

全FX商材評価一覧はこちら

FX情報商材検証レビュー.com(辛口評価&暴露サイト)

【2022年8月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました