10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

わずか3ヶ月で10万円を6億円にした男

GFF氏を知っていますか?今では伝説のように語り継がれるGFF氏。

GFF氏は、わずか10万円の元手をたった3ヶ月で6億円に増やした伝説のトレーダーです。ところがその後、3億円ものロスカットを一瞬にして喰らい、最終的に資金の大半を失ってしまいました。

驚くことにGFF氏は、全てのトレード(10万円から6億円へ資金を増やした経過やその後の3億円のロスカットの瞬間など)を、ニコニコ生放送でネット中継(リアルタイムですよ)していました。

まるで漫画のような出来事を多くのネットユーザーがリアルタイムで目にしたのです。

ジェットコースターのような資産推移

まずは、彼の資産推移を見てみましょう。

  • 10万円でFX開始
  • 1000万円に増やす
  • 4000万円(2010年6月)
  • 2億4000万円(2010年6月24日)
  • 3億2800万円(2010年7月2日)
  • 一気に6億円(含み益有り)に到達
  • その後4億5300万円(2010年7月9日)
  • 有名な”3億円ロスカット事件”(2010年7月14日)
  • さらに1億円まで減らす(2010年9月上旬)
  • 最終的には30万円が残る

最初の10万円を2億4000万円にするまで、わずか5週間です。38営業日で4億3500万円まで増やしました。すさまじいお金の突っ込み方です。レバレッジ規制がなかった時代ということもありますが、それにしても恐ろしいほどの資産曲線です。

なぜいまさらGFF氏なのか?

いまさらなぜ、GFF氏を記事にするのか?ということですが、このサイトに対し「GFF」というキーワードでのアクセスが急激に増えてきたからです。

FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX 【検証と評価】の記事が原因だと思いますが、GFF氏に興味を持って検索している人が未だにたくさん存在することに、驚きを感じました。そこで今回、改めてGFF氏の手法などについて、私なりに検証をしてみたいと思ったのです。

GFF氏の破天荒なトレードと6億円まで増やした手法を、たんなる「強運(まぐれ)」と決めつけるのは、あまりにももったいないです。必ず学ぶべきものもあるはずです。

ただ、あまり多くは語られていないため、10万円を6億円にした手法については多分に推測が入ってしまうことも仕方がありません。実際にGFF氏はどのようにして、10万円を6億円にしたのでしょうか?

RSIを使ったシンプルな手法

GFF氏の手法は非常にシンプルです。いくつかの手法を使い分けていますが、代表的なものはRSIにトレンドラインを引く手法です。

チャートのサブウィンドウにRSIを表示させ、RSIの値をローソク足に見立てて、トレンドラインを数本引いていきます。RSIトレンドラインの反発や抜けなどを利用して、エントリーを行うという、シンプルすぎて拍子抜けするような手法です。

RSIを使った手法

RSIを使った手法

上のチャート図をご覧ください。上昇しているRSIにトレンドラインが引いてあります。そして、RSIトレンドラインを下に抜けたときに、「売り」でエントリーします。上のチャート図では、ローソク足も下降したため、成功していますね。

ちなみにチェックする時間足は、4時間足や1時間足など比較的大きな足です。

窓埋め

もう一つの手法は「窓埋め」と呼ばれるメジャーな手法です。窓埋めとは、週明けやレートの急激な変動によって生じた隣り合うローソク足同士の「空間(=窓)」を、あたかも埋め戻すようにレートが動く相場の性質を利用した手法です。

窓が開いたら、レートが埋めに来る動きを利用してその方向にエントリーするという、これもシンプルな手法です。

下のチャート図をご覧下さい。(あまり良いサンプルとは言えませんが)

窓埋め手法

窓埋め手法

週明けで、ローソク足と次足の間がぽっかり空いています(窓)。その後、この窓を埋めるようにローソク足が下降しています。この動きを利用したものが「窓埋め」と呼ばれる手法です。

シンプルといっても、海外ではこの「窓埋め」手法のみで書籍が出版されているくらいですので、意外と奥が深い手法といえます。ちなみに海外では「窓」のことを「ギャップ」と呼んでいます。

日足トレンド判断はプロの情報から

GFF氏は、日足のトレンド判断を行うためにプロの情報を随時入手していました。一人は吉田恒さん、そしてもう一人は川合美智子さんです。吉田恒さんは様々なメディアで情報を発信している、為替ストラテジストです。ZAI FX!でもコラムを執筆されている方です。

川合美智子さんも、為替ストラテジストとして有名な方ですね。川合美智子さんのブログはこちら。

川合さんのブログは本当に勉強になります。ぜひ読んでみて下さい。オススメです。川合さんのブログは、一部のトレーダーに強い支持を受けていて、川合さんのブログだけでトレードをしている方がいるくらいです。

GFF氏も、川合美智子さんのブログを毎日チェックしていたそうです。川合美智子さん予測をベースにその日の投資戦略を立て、そこに自分の手法を組み合わせて日々のトレードを行っていたわけです。

GFF氏の6億円は偶然だけではない

いかがでしょうか?GFF氏の手法の一部が垣間見えたのではないでしょうか?しっかりとプロの見立てを参考にしながら大局を読み、さらに度重なる検証によって得られた優位性のある手法を淡々とこなすことで「勝ち」を積み重ねてきたということです。

運も大いに味方したと思いますが、「運」や「まぐれ」だけで6億円まで増やすのは不可能です。その裏にはシンプルですが、緻密で戦略的なトレーディングがあったわけです。

GFF氏から学べることは?

GFF氏から学べるものとは、何でしょうか?私が思うには、2つあると思います。

1.エッジのある手法を淡々とこなす
2.大局(ファンダメンタル)を常にチェックする

まず1番目ですが、優位性のある手法(ロジック)を自分で見つけるか何らかの方法で手に入れて、その手法が通用する間は徹底して忠実に行うということです。GFF氏の場合、それは窓埋めであったりRSIのトレンドラインであったわけです。

そして2番目ですが、日足ベースの大きなマーケットの動きを、どんな形でも良いので情報として手に入れて、日々チェックをするということです。GFF氏は吉田恒さんや川合美智子さんのブログなどを毎日チェックして、日足~週足ベースの動きを意識しながらトレードを行っていました。

日足・週足ベースの動きというのは、そのまま世界経済の動きにも直結する動きですので、テクニカルではなくファンダメンタルですね。ファンダメンタルを意識しつつ、テクニカルでトレードを行うということです。

テクニカルが好きな方は、どうしてもテクニカル一辺倒になりがちでファンダメンタルを軽視しがちです。GFF氏に関しては、RSSや窓埋めなどのテクニカル手法に注目が集まりがちですが、GFF氏がファンダメンタルをしっかり意識していたことはあまり知られていません。私たちが是非参考にしたい部分だと思います。

いかがでしょうか?GFF氏が話題になったのは2年前ですので、このサイトで初めて知ったという方も少なくないと思います。興味がある方はいろいろと調べてみて下さい。また、GFF氏のトレード中継のニコニコ動画などもネットで探せば見つかります。GFF氏の3億円ロスカットの瞬間の動画もありますよ。

RSIを使った手法や窓埋め手法など、更に詳しい解説をされているブログなどもありますので、気になる方は検索してみてください。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります
『投資苑』のアレキサンダー・エルダーが来日講講演、98,000円のプラチナチケットは既に完売!

世界で500万部『投資苑』著者アレキサンダー・エルダー博士が来日(10月31日) 2015年10月31日(土)、あの名書『投資苑』の著者アレキサンダー・エルダーが来日公演します。 …

【東大卒】なんでみんな「ナンピン」やらないの?
【東大卒投資家】ナンピンを悪く言うやつってなんなの?

みんな、なんで「ナンピン」やらないの? 東大卒のFXトレーダー「七瀬玲」氏。彼がFXを始めたのは東大で出会った友人からの一言です。「FXは簡単だよ。だって1ドル80円から120円の…

【勘違い】モンテカルロ法のあまりの凄さに戸惑いを隠せない←これ
【勘違い】FXモンテカルロ法のあまりの凄さに戸惑いを隠せない←これ

FX投資における「モンテカルロ法」を再考察する ある「まとめブログ」にFX投資におけるモンテカルロ法についての考察が掲載されていて、懐かしい気持ちになりました。こちらです。 エント…

「貧困」が大量の「情報弱者」を生み出しているという”おぞましい事実”
「貧困」が大量の「情報弱者」を生み出しているという”おぞましい事実”

「貧困情報弱者」が「搾取する側の人間」と交わったときに”投資詐欺”や”ビジネス詐欺”という連鎖が起こる SNSで「文春オンライン」の記事が話題になっています。こちら。 「情報弱者の…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸…

FXヤバイいよ、うわああああああああああああ!!!!!

含み損▲650万円超からの復活劇 先日の記事で、Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」を取り上げ、4000万円を超える含み損を抱えていることをお伝えしました。 ha…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…
【元国税庁が警鐘】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

仮想通貨は必ず衰退する!? 毎日のようにメディアを賑わす「仮想通貨」。 最近では、昨年「仮想通貨取引」で億万長者になった人が331人だったと国税庁が発表したばかりです。 2017年…

【与沢翼】「トレードやんなきゃ人生もったいない!」
【与沢翼】投資で勝つ方法を教えよう。なんでコレ、みんなやらないの?

【与沢翼】投資をしない人間はバカだ 与沢翼さんといえば、「秒速で1億円稼ぐ男」として一世を風靡したネオヒルズ族として名を馳せましたね。 運営会社「フリーエージェントスタイル」の資金…

FXトレーダーは”社会の底辺組”なのか?
欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へ…

松居一代、仮想通貨MINDOL(ミンドル)の広告塔に…
松居一代、仮想通貨MINDOL(ミンドル)の広告塔に抜擢か?

投資タレントの松居一代さんが仮想通貨に手を出す 株式投資でも有名なタレント松居一代さんが、いよいよ仮想通貨に参入です。 あたし… 仮想通貨に 参入したんです これまで、 仮想通貨に…

”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ
”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム 暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮 トルコリラ、いよいよ奈落の底へ… 暴れん坊将軍「トルコリラ」がま…

イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減
イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減

仮想通貨アフィリ報酬「98%減」の衝撃 2017年から2018年にかけて様々な話題を振りまき、一時期はFXをも凌ぐ盛り上がりをみせた仮想通貨。そして、いち早く仮想通貨アフィリエイト…