【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

FX商材

MACDのダマシは回避できる!ガチで効果的な3つの戦略を解説するよ!

MACDのダマシは回避できる!ガチで効果的な3つの戦略を解説するよ!
男性

MACDのダマシって回避難しいのかな?

FX博士

MACDのダマシがなぜ発生するのか、その原理を理解すればある程度のダマシは回避できるようになるぞ!

MACDは極めて優秀なテクニカル指標ですが、「ダマシ」もあります。

本記事ではMACDのダマシのケースと、ダマシが発生する理由、そしてダマシを回避する方法を解説していきます。

MACDのダマシとは?

まずはMACDの代表的なシグナルを確認します。

MACDには主に3つのシグナルがあります。

MACDの代表的なシグナル

  1. MACD線とシグナル線の交差(ゴールデンクロス・デッドクロス)
  2. MACD線のゼロライン抜け
  3. ヒストグラム転換

1つ目は「MACD線とシグナル線の交差」です。ゴールデンクロス・デッドクロスと呼ばれます。

MACD|ゴールデンクロスとデッドクロス

MACD|ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスで「買いシグナル」、デッドクロスで「売りシグナル」が基本です。

MACD|交差による買いシグナル

MACD|交差による買いシグナル

MACD|交差による売りシグナル

MACD|交差による売りシグナル

次に「MACD線のゼロライン抜け」によるシグナルです。

MACD|ゼロクロス戦略

MACD|ゼロクロス戦略

MACD線がゼロラインを上抜ければ「買いシグナル」、下抜ければ「売りシグナル」です。

そして最後は「ヒストグラム転換」による売買サインです。

MACD|ヒストグラム反転は相場転換の初期徴候

MACD|ヒストグラム反転は相場転換の初期徴候

ヒストグラム(棒グラフ)の反転を相場転換の初期徴候として捉える戦略ですね。

これら3つのMACDシグナルですが、当然ダマシも多発します。

例えば以下のチャート。

MACD|買いシグナル

MACD|買いシグナル

MACD|売りシグナル

MACD|売りシグナル

ゴールデンクロスやデッドクロスによるシグナルがうまく機能していないポイントがいくつかあります。

以下のチャートをご覧ください。

MACDのダマシ(ゴールデンクロス・デッドクロス)

MACDのダマシ(ゴールデンクロス・デッドクロス)

左側のゴールデンクロスではレートは上昇せずにむしろ下落しています。真ん中のデッドクロスではレートは一瞬下がる気配を見せたものの、その後すぐに戻しています。これらが「ダマシ」です。

次はMACD線ゼロラインクロスにおける「ダマシ」の例です。

MACDのダマシ(MACD線のゼロラインクロス)

MACDのダマシ(MACD線のゼロラインクロス)

左から確認します。

MACD線がゼロラインを上抜けしているのに、下落してしまっています(ダマシ1)。

次にMACD線がゼロラインを下抜けしてのに、レートはすぐに上昇に転じました(ダマシ2)。

そして最後もMACD線がゼロラインを下抜けしましたが、レートはほぼ横ばい(ダマシ3)。

【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 岡安盛男のFX 極
4 FXismプロコントローラー改
5 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

MACDのダマシが発生する原因

MACDのダマシが発生する最大の原因は、MACDが先行指標だからです。

先行指標

先行指標は、将来の値動きにに対して先行して動くよう設計されたテクニカル指標です。トレンド転換が発生する際に、実際のそれよりも早めにシグナルを発する点が特徴的です。先行指標の代表的なものはRSIやストキャスティクスなどのオシレーター系です。

遅行指標

一方、遅行指標はレートの動きに追随するように変化するテクニカル指標です。何かが発生した後にしかシグナルを発しないため先行指標に比べて正確ですが、往々にして乗り遅れが生じてしまいます。トレンド系テクニカル指標の多くが遅行指標です。

引用:ボリンジャーバンドとRSIの最強手法はコレ!異論は認めない

先行指標(MACD)は将来の値動きにに対して先行して動くよう設計されたテクニカル指標であるため、相場転換を早めに予測してシグナルを表示します。

予測が早いが為、ダマシも発生していしまう…これがMACDの”ダマシ”における最大の要因なのです。

相場転換をいち早く知らせてくれるメリットがある反面、ダマシも出てしまう。つまりMACDのダマシは、その機能上ある程度仕方がないのですね。MACDに限らず、すべての先行指標がこのデメリットを持っています。

MACDが先行指標である理由は以下の通り。

MACDの反転サインは遅延しない

そして、2本の移動平均線の乖離値を一つのデータ(MACD値)にすることで、トレンド変化をいち早く捉える工夫がなされています。このことは、単純に12EMAと26EMAのクロスとローソク足の動きを見比べれば容易にわかります。

MACDの本質

MACDの本質

短期移動平均線(12ema)と長期移動平均線(26ema)のクロスを待っていては、トレンド転換に乗り遅れてしまいます。つまり”売買サインの遅延”という脆弱性があるのです。

一方のMACDは、短期移動平均線(12ema)と長期移動平均線(26ema)のクロスよりもいち早く反転が起きていることがわかります。2つの移動平均の乖離が拡散から収束に変わった瞬間にピークアウト(orボトムアウト)するため、MACDの反転サインはほぼレートの動きと同調します。

だから、MACDの反転サインは遅延が少ないのです。

FX博士

MACDのGC・DCは、2本の移動平均線を使った場合に比べるとより迅速に相場反転を予見し売買判断を行うことができるのじゃ

 

『MACDの反転サインは遅延しない』←覚えておくとよいぞ!

MACDは遅延しない…これが第二の特徴。MACDが先行指標と呼ばれる所以はここにあります。

引用:MACD、正しい”見方”を解説するから読みなよ。

【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 岡安盛男のFX 極
4 FXismプロコントローラー改
5 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

MACDのダマシを回避する方法

先行指標であるMACDはダマシが発生する可能性が高い…これは避けられない事実です。

ではいかにしてMACDのダマシを回避するか?

実はMACDが先行指標であることが、ダマシ回避の大きなヒントになります。

そうです、「遅行指標と組み合わせる」が正解です。

FX博士

MACDは先行指標じゃから、遅行指標のテクニカルと組み合わせてフィルターすることで「ダマシ」を回避できる可能性が高まるのじゃよ。

そしてもう一つの解は、「別の先行指標と組み合わせる」です。

FX博士

2つの先行指標を組み合わせて、シグナルの精度を高めるのもアリじゃよ。

MACDを”遅行指標”と組み合わせる

まずはMACD(先行指標)を遅行指標と組み合わせる方法です。

最も王道とされるのがボリンジャーバンド(遅行指標)との組み合わせです。少し長いですが引用します。

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

まずはブレイクアウト手法を解説します。手順は以下の通り。

  1. MACDヒストグラムのダイバージェンス出現を待つ
  2. MACDとSignalラインの交差を確認
  3. ボリバン20SMAのブレイクまたはトレンドラインのブレイクでENTRY

トレンドが終焉しそこから反転ブレイクするタイミングを狙い撃ちする手法です。

それぞれのパラメーターはデフォルトでOK。

  • ボリンジャーバンド(期間20:偏差2)
  • MACD(12:26:9)

MACDはMT4標準のものではなく、『Good_Macd.mq4』を使います。『Good_Macd.mq4』はMACDとSignalの「差」をヒストグラム化して表示してくれる便利なインジケーターです。

実際のMT4チャートで解説します。

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

サブウィンドウに表示されているインジケーターが『Good_Macd.mq4』。

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

最初に確認するのはMACDヒストグラムのダイバージェンスです。上のチャート図ではレートは切り下がっているのに、MACDのヒストグラムが切り上がっている箇所があります。これがダイバージェンス。

次に、MACDとSignalラインの交差を確認します。ちょうどダイバージェンス後に交差が確認できました。

これで買いENTRYの準備完了です。

実際の買いENTRYタイミングは以下の2つ。

  1. ボリバン20SMAのブレイクでENTRY
  2. トレンドラインのブレイクでENTRY
ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

まずはボリバンのセンターラインである20SMA(20単純移動平均線)をレートがブレイクしたタイミングで買いENTRYパターン(↑)。

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

次にトレンドラインをブレイクしたタイミングでの買いENTRYパターンがこちら(↑)。

買いENTRYパターンはどちらでもOKですが、両方のサインが出ればより強力な反転示唆となり、精度が高まります。

MACDヒストグラムのダイバージェンスによって下落モメンタムの減速を確認し、その後の反転ブレイクで仕掛けるというシンプルな手法です。

今度は売りのパターンをチェックしてみます。

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

まず、MACDのダイバージェンスとラインの交差を確認します。これで売りの準備が整いました。次にボリバンの20SMAのブレイクでENTRYです。上のチャート図ではMACDのライン交差より先に20SMAブレイクしていますが、その場合はライン交差で即ENTRYとなります。

下のチャート図ではトレンドラインブレイクで仕掛けています。

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンド|MACD|ブレイクアウト戦略

トレンドラインブレイクと20SMAブレイク、そしてMACDのライン交差がほぼ同じタイミングで発生していますね。非常に強い反転シグナルと捉えることができます。

FX博士

この手法のカギはMACDヒストグラムのダイバージェンスじゃよ。

必ずダイバージェンスを確認することが成功のポイントじゃ。

ボリンジャーバンド|MACD|押し目・戻り戦略

次に解説するのは、ボリバンとMACDを使った押し目買い・戻り売り手法です。手順は以下の通り。

買いENTRY

  • MACDラインとシグナルラインの両方がゼロレベルより上に位置する
  • MACDラインとシグナルラインがゴールデンクロス(GC)を確認
  • ボリバン20SMA付近からの反発で買いENTRY

売りENTRY

  • MACDラインとシグナルラインの両方がゼロレベルより下に位置する
  • MACDラインとシグナルラインがデッドクロス(DC)を確認
  • ボリバン20SMA付近からの反発で売りENTRY

MT4チャートで確認します。まずは「買いENTRY」。

ボリンジャーバンド|MACD|押し目買い・戻り売り手法

ボリンジャーバンド|MACD|押し目買い・戻り売り手法

上のチャート図ではMACDラインとシグナルラインの両方がゼロレベルより上に位置しています。MACDのゴールデンクロスを確認し、レートが20SMA近くから反発するタイミングで買いENTRYとなります。

次は「売りENTRY」です。

ボリンジャーバンド|MACD|押し目買い・戻り売り手法

ボリンジャーバンド|MACD|押し目買い・戻り売り手法

上のチャート図ではMACDラインとシグナルラインの両方がゼロレベルより下に位置していますね。MACDのデッドクロス(=DC)を確認し、レートが20SMA近くから反発するタイミングで売りENTRYです。

2回目の売りはすぐに戻されてしまいましたが、それ以外は比較的成功しています。

FX博士

下限バンド(-2σ)近くでのENTRYは避けることじゃ。

できるだけ20SMA近くからの反発(反転)であることが利幅確保のポイントじゃよ。

引用:ボリンジャーバンドとMACD「最強」の組み合わせがコレだ!

MACDを”先行指標”と組み合わせる

次にMACDを先行指標と組み合わせる方法を解説します。異なる先行指標同士を組み合わせて、同じタイミングで発生したシグナルのみをフィルタリングするという考えです。

本記事では先行指標であるRSIとの組み合わせ手法を紹介します。

MACDをRSIと組み合わせる=最強!

さて本題はここからです。単体で使うことも可能なMACDですが、たいていは他のテクニカル指標と組み合わせて使われることが多いですよね。ストキャスティクスや、ボリンジャーバンド、CCIやRSI、RCIや移動平均線など…。

その中で最もMACDと相性の良い組み合わせは何でしょうか?

異論はあるでしょうが、RSIこそが最強ではないかと考えます。その根拠は、MACDとRSIを組み合わせた手法が数多く存在するからです。

RSI(Relative Strength Index=相対力指数)といえば、いわずとしれたJohn Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)の代表作ですよね。「上昇の勢いの強弱」をグラフ化した指標ですが、一般的には「買われすぎ・売られすぎ」を判断するために用いられることの多いツールとして知られています。

これまでも多くのミックス(MACD+RSI)手法をサイト内で解説してきました。その中からいくつか改めて紹介していきますね。

MACD+RSIで逆張りトレードのダマシを回避!

まずは逆張り(カウンター)トレード手法です。

MACDとRSIを組み合わせると逆張りトレードがはかどるwwww
MACDのサインって意外とダマシが多くて使えないよね…汗ほほほ。MACDは単体で使うのはあまりオススメではないぞ。MACDが使えないと嘆...

ルールはシンプル明快です。買いルールがこちら。

  1. RSIが35%以下に入った!
  2. MACDがゴールデンクロス!(MACDがシグナルを上抜け)
  3. 買いでENTRY

売りルールはその反対。

  1. RSIが65%を超えた!
  2. MACDがデッドクロス!(MACDがシグナルを下抜け)
  3. 売りでENTRY

MACDのサインをRSIの売買圧力でフィルタリングしているわけですね。

MACD+RSI+EMAで売りトレードの精度を高める!

次に紹介する手法がこちら。海外フォーラムで解説されていた「ブラックMACD」です。

君は「ブラックMACD」を知ってるか?
君は「ブラックMACD」を知ってるか?ブラックMACD…なにやら怪しげな名前ですね。実はこの「ブラックMACD」ですが、海外フォーラムに投稿されたFX手法の一つなんです。ソースはこちら。...

「ブラックMACD」、意味ありげな名称ですが、たんにMACDの色を黒色で表示させているだけです。基本的には売りのみを行う片側通行手法です。ルールは以下の通り。

  1. EMA3がEMA18を下抜ける(デッドクロス)
  2. MACDが0レベル未満を確認
  3. RSIが50レベル未満

3つの条件をクリアしたら「売り」で仕掛けるというもの。

EMAとMACDでダブルチェック、RSIを手仕舞いサインに!

MACDとRSIの組み合わせ手法は、もう一つあります。MACDをカスタマイズしたツールというかテンプレート「Day Trading Template.tpl」を使った手法です。以下の記事からどうぞ。

【FX手法】MACDは使えないって誰が言った?これ使ってみて!
「MACDはカス!マジで使えない…」と嘆く前にテクニカル投資を学ぶと最初に登場するのが「MACD」ですよね。それくらいに王道でベーシックなテクニカル指標の一つとされる「MACD」。 ...

MACD(3、26、10)とRSI(期間10)を組み合わせた海外手法の一つです。仕掛けはMACDとEMA、手仕舞いにRSIを使うという少し変わった手法です。

ちなみに、売り(Sell)に特化したMACD手法には次のものもあります。

【FX手法】MACDの地味な(けれどすごい)鉄板シグナルを見逃すな!
FX初心者に相場の”不条理さ”を教えてくれる「MACD」最初に学習するテクニカル指標なのに、MACDはトレード初心者に相場の不条理さを教えてくれます。MACDのシグナル通りにトレードしても...

引用:あえて言おう、MACDと最強の組み合わせはRSIであると!

MACDのダイバージェンスによる「ダマシ」回避法

最後に、MACDのダイバージェンス(+ヒドゥン・ダイバージェンス)を活用したダマシ回避法を解説します。この方法はMACDのみで完結するシンプルかつ最強の方法です。

MACDとダイバージェンス、意外と相性いいよ!

今回取り上げるのはMACDのダイバージェンスです。

1979年にGerald Appel (ジェラルド・アペル)によって開発されたMACDですが、今や押しも押されぬ大人気メジャーテクニカル指標の一つですよね。シンプルかつ汎用性の高さから世界中のトレーダーに利用されています。

オシレーター系を代表するMACDですが、MACDのダイバージェンスとなるとあまり使っている人を見ません。RSIやCCIのダイバージェンスに押され気味で、ややマイナーなイメージですよね。でも、ちょっとまってください。MACDは意外とダイバージェンスと相性が良いんです!

今回は、MACDのダイバージェンスの優位性をさらに高めるためのアイデアを考察していきます。

MACDの典型的なダイバージェンスパターン(Divergence)がこちら

まずはMACDの典型的なダイバージェンスをご覧ください。

MACDのダイバージェンス|その1

MACDのダイバージェンス|その1

レートは高値を更新していますが、MACDは逆に切り下げていますね。この場合、上昇が下落に転じる予兆であると推測できます。実際にレートは下落していますね。「売りサイン」として活用されます。

もう一つ例を見てみましょう。

MACDのダイバージェンス|その2

MACDのダイバージェンス|その2

上のチャート図ではレートは安値を更新していますが、MACDは切り上げています。このケースでは下落が上昇に転じる予兆と捉えられます。その後レートは上昇に転じています。「買いサイン」として使われます。

MACDのヒドゥン・ダイバージェンス(Hidden Divergence)

さらにヒドゥン・ダイバージェンス(Hidden Divergence)とよばれるパターンも存在します。まずは「買いシグナルのヒドゥン・ダイバージェンス」がこちら。

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その1

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その1

安値を切り上げているのにMACDは切り下げています。上昇トレンドの継続を示唆しているシグナルなので「買い」でENTRYします。

次に「売りシグナルのヒドゥン・ダイバージェンス」をご覧ください。

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その2

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その2

高値を切り下げているのにMACDは切り上げています。こちらは下落トレンドの継続を示唆するシグナルですので「売り」でENTRYするのがセオリーです。

MACDのダイバージェンスを検出するならば『FX5_Divergence_V2.1.mq4』が超絶オススメ

さて、MACDのダイバージェンスを毎回目視で拾うのは大変です。そこでインジケーターの登場です。MACD専用のダイバージェンス検知インジケーター『FX5_Divergence_V2.1.mq4』です。このインジケーターは以前にも紹介しています。

さっそくMT4に設定してみましょう。

macd-divergence

MACDのダイバージェンスを検出するインジケーター

『FX5_Divergence_V2.1.mq4』はMACDのダイバージェンスを検出すると自動的に矢印マークを点灯するインジケーターです。もちろん「無料」で使えますよ。DLサイトはこちら。

FX5_Divergence_V2.1.mq4

引用:最高かよ!MACDダイバージェンスに一目の「雲」加えたら無敵感半端ねぇwwwwww

FX博士

MACDのダマシは100%回避することは不可能じゃ。先行指標であることとトレードオフなのじゃよ。

じゃがMACDダマシ回避の戦略はいくつかあるので、それらを試してみることをおすすめするぞ。

MACD|基礎編

MACD|応用編

MACD|他のテクニカル指標の組み合わせ

オリジナル特典|有料級ツールを22個まとめて無料プレゼント|日本語マニュアル付

当サイト「購入リンク」からFX商材をご購入いただいた方全員に、以下のオリジナル特典をすべて無料でご提供させて頂きます。管理人制作のオリジナルインジケーターに加え、海外のメジャー(かつ人気のある)ツールの中から、優位性の高が高く利便性を備えたインジケーターを慎重に厳選しました。

すべてのツールに、オリジナル日本語翻訳マニュアルをご用意しました。

1.環境認識 &シグナルツール(9個)

管理人制作のオリジナルツールに加え、海外でメジャー(かつ人気のある)ツールの中から優位性の高いインジケーターを慎重に厳選しました。有料で提供されてもおかしくないほどの優位性・利便性を備えたツールばかりです。
Shin Bollinger Bands
Shin Bollinger Bands(旧 SQI)
新着! 2021年5月12日
以前配布していた特典の中で最も人気の高かった「SQI」をヴァージョンアップ。「Shin Bollinger Bands」は、ボリンジャーバンドのエクスパンション(バンドウォーク)を視覚的に捉えるためのツールです。トレンド発生の目安となるバンドウォーク発生を、ヒストグラムで知らせてくれます。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin TQ Chart
Shin TQ Chart
新着! 2021年4月25日
The Secre(投資家集団)からの提供ツールです。トレンドをどこまでも追いかけて利益にする順張り系シグナルツール。性能の素晴らしさについては、ぜひ動画をご覧ください。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin High Low Break
Shin High Low Break
トレンド中の押し目や戻りをピンポイントで狙ってシグナル(矢印)を点灯させます。複数のMAによるパーフェクトオーダーでトレンドを確認し、連続する3つのローソク足がMAまで戻された状態を押し目・戻りと判断。最後のローソク足の高値・安値ブレイクでシグナルを出します。シグナル精度は動画でご確認ください。
≫ 特典の詳細はこちら
shin-top% Indicator
Top % Indicator 3
非常にユニークなツール。レートが動きそうな方向を%(パーセント)で表示してくれるインジケーターです。エントリータイミングでシグナル(矢印)も表示してくれます。FXだけでなくバイナリーオプションにも活用できます。精度の高さは言うまでもありません。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin BOX Chart
Shin Box Chart(旧 SQBOX)
当サイトで以前配布していたSQBOXのヴァージョンアップ版です。BOX(箱)によってレンジを判断し、BOXをブレイクしたところでENTRY。環境認識ツールとしても取引ツールとしても使える優れものです。
≫ 特典の詳細はこちら
shin forex meter
Shin Forex Meter(通貨強弱)
数ある通貨強弱ツールの中から、最も使いやすいものをセレクトしました。通貨ペア毎のトレンド状態と、通貨同士の強弱をグラフで表示してくれるツールです。強い通貨を買い、弱い通貨を売る、これが売買の基本です。意識するだけで勝率がグンと上がります。
≫ 特典の詳細はこちら
shin-stochastic MTF
Shin Stochastic MTF
2本のストキャスティクスのクロスでシグナル(矢印)を表示してくれるツール。ストキャスはMTF(マルチタイムフレーム)対応しており、任意の時間足のストキャスを設定可能。驚くほど天底を捉えるシグナル精度に、驚かされます。
≫ 特典の詳細はこちら
BO-Simulator
Shin BO Simulator
バイナリーオプション専用のシミュレーターです。チャート上に表示させ、UP・Downボタンをクリックすることで、仮想取引ができます。チャート上にもENTRYマークが表示されます。指定時間で勝敗判定が自動的に行われ、取引結果も表示されます。シミュレーターとしては非常に細かな設定が可能であり、BO練習には欠かせないツールです。
≫ 特典の詳細はこちら
Infoboard
Shin Info Board
相場状況を、信号機のような色で教えてくれる便利ツールです。1分足から日足までのトレンドの方向がひと目で判断できます。その他にも様々な相場情報(ATR値や値幅、スプレッドetc.)を一覧で表示してくれる利便性の高いボードです。
≫ 特典の詳細はこちら

2.実用・便利ツール(7個)

MT4に常時設置しておきたい便利なツールを集めました。似たようなツールはたくさんありますが、その中でも使い勝手の良さや正確性などから7つのツールを厳選しました。
Pair Buttons
Shin Pair Buttons
一度使ったらもう手放せない!それほど便利なツールがこれ。通貨ペアや時間足をワンクリックで切り替えることができるボタンです。動作も軽いので常時チャート上に表示させておきたいツールです。とにかく使ってみて!
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Rounder
Shin Rounder
キリ番(00や000)にラインを自動的に引いてくれる便利ツール。同様のツールの中でも、このツールが最も使いです。シンプルで軽く、ほかのラインと区別しやすいデザインのため、管理人も愛用しています。常に表示させておきたいツールの一つです。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin WT Lines
Shin WT Lines
トレンドラインやサポート・レジスタンスラインを引くためのボタンです。チャートの右下にある「TSR」ボタンをクリックするだけで簡単にラインが表示されます。MT4チャートのツールバーをクリックするよりも断然ラクに引けます。重宝します。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin SyncCursor
Shin Sync Cursor
チャート上に、常時、十字カーソルを表示させるインジケーターです。通常はクリックしてしまうとチャート上の十字カーソルは消えてしまいます。このツールを導入すると、クリックしても十字カーソルは消えません。ずっと表示したまま使えます。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Trend Line
Shin Trend Line
トレンドライン(斜めのライン)を自動的に描写してくれるツールです。この手のツールは数多く出回っていますが、本ツールが最もおすすめです。シンプルさと精度の高さでは随一です。ラインを多用するトレーダーならば持っていて損はありません。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Horizon
Shin Horizon
直近の高値・安値を起点に、水平ラインを自動描写してくれるツールです。サポレジラインとしてだけでなく、TPやSLの目安としても活用できるラインです。自分で引くラインに自信のない人は、まずはこれを使ってみることをおすすめします。
≫ 特典の詳細はこちら
Market Clock
Shin Market Clock
東京市場、ロンドン市場、NY市場の時間を同時に表示してくれるツールです。海外トレーダーのYou Tube動画などで、よく見かけるツールの一つですね。シンプルですが、あると何気に便利です。
≫ 特典の詳細はこちら

3.有料級|海外のメジャー取引システム(6個)

国内ではほとんど知られていない、優位性の極めて高いFXトレーディングシステムを厳選して紹介します。どれも有料で販売されてもおかしくないほどの完成度・優位性の高さです。
THV System
THV V4 Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年7月8日
世界で最も有名なトレーディングシステムといえばこれ、「THV」ですね。海外FXフォーラム『ForexFactory』から誕生したTHVは、またたくまに大人気となりました。その理由は当然ながら優位性の高さです。年々進化を重ね、現在はV4となりました。とにかく一度は試して欲しい取引システムです。オリジナル日本語マニュアルもご用意しました。
≫ 特典の詳細はこちら
XARDFX System
XARDFX Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年3月8日
ここ数年、THVと双璧をなすほどの人気の高まりをみせているのが「XARDFX Trading System」。派手なチャート画面に目を奪われますが、人気の秘密は環境認識のしやすさ、そしてトレードのしやすさにあります。トレンドを視覚的に捉えやすいチャート画面は秀逸です。オリジナル日本語マニュアル付きです。
≫ 特典の詳細はこちら
Forex Levelator System
Levelator Trading System(日本語マニュアル付)
非常に興味深い取引システムです。期間100の中の高値安値をベースにグラデーションのゾーンを表示させ、そのゾーンと移動平均線を使ってトレードするシステムです。見た目と違ってロジックは極めてシンプルかつ王道。これが無料!オリジナル日本語解説付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら
Congestion Breakout System
Congestion Breakout System(日本語マニュアル付)
FX商材「トワイライトゾーン」によく似た取引システムです。2本のラインをブレイクした方向に仕掛ける順張り手法です。シンプルながら精度の高さは折り紙付き。まずは使ってみてください。日本語解説マニュアル付き。
≫ 特典の詳細はこちら
Alfa Super Trend System
Alfa Super Trend System(日本語マニュアル付)
トレンド発生中の押し目や戻りを確実に捉えてシグナル(矢印)を点灯させます。わりと日本人好みのツールですね。シグナルの取捨選択は表示させているスーパートレンドインジケーターを使います。日本語解説マニュアル付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら
arrozaq scalping system
Arrozaq Scaiping System(日本語マニュアル付)
シグナル点灯系の取引システムです。サブウィンドウのヒストグラム等でシグナル(矢印)をフィルタリングしてトレードを行います。日本のFX商材に似たツールですが、精度は高いです。シグナル好きの日本人にマッチするツールですね。日本語解説マニュアル付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら

【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

2022年 最新FX情報商材評価

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
…非常に高く評価する
…高く評価する
…評価する
…平均的
…低品質・粗悪

全FX商材評価一覧はこちら

FX情報商材検証レビュー.com(辛口評価&暴露サイト)

【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました