2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【FX】メタトレーダー標準装備のMACDをカスタマイズしよう!

【FX】メタトレーダー標準装備のMACDをカスタマイズしよう!

【FX】メタトレーダー標準装備のMACDをカスタマイズしよう!

MT4のMACDをライン表示に変更する方法を解説するよ!

前回は、MACDの仕組みや本質、そしてGood_Macd.mq4と普通のMACDの違いについて解説しました。

MACDはシンプルであるがゆえ、様々な派生的なMACDが存在します。FX初心者は、まずは最もベーシックなMACDから使用することをおすすめします。

ただ、MetaTrader4に標準装備されているMACDは、以下のタイプ。

MetaTrader4に標準装備されているMACD

MetaTrader4に標準装備されているMACD

つまり…

  • MACD値…ヒストグラム(棒グラフ)表示
  • シグナル値…ライン表示

重要な値であるMACD値(短期EMAー長期EMA)が、ヒストグラム表示、棒グラフで表示されているんですね。

その一方で、多くのFX会社等のチャートシステムで提供されているMACDや、FX教本などで目にするMACDは、以下のタイプ。

一般的なMACD

一般的なMACD

MACD値(短期EMAー長期EMA)も、シグナル値同様に、ラインで表示されているものが多いのです。

MACD値とシグナル値のGC(ゴールデンクロス)・DC(デッドクロス)を判断したい場合、どちらのMACDが視認性が高いでしょうか?もちろん、下段の2本のラインが描写されているMACDですよね!

MACD値もラインで表示されているインジケーターの方が、断然視認性が高いわけですが、残念ながらMT4に標準装備されているMACDは、そうではありません。

ネット上でGood_Macd.mq4のようなカスタムインジケーターを探してきてインストールするのも良いのですが、今回はMT4標準のMACDをカスタマイズする方法を紹介します。

MetaEditor(MT4専用のテキストエディタ)を使いますのでやや難易度は高いですが、インジケーターをいじってみたい方にはおすすめです。

以前、平均足をサブウィンドウに表示させたいんだけど?→できます!という記事の中で、MetaEditorを活用して既存のインジケーターをカスタマイズする方法をご紹介しました。

【FX手法】平均足をサブウィンドウに表示させたいんだけど?→できます!

上の記事で解説した流れと基本的には同じです。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

MT4標準搭載のMACDをカスタマイズする手順

では「MT4標準搭載のMACDをカスタマイズする」の手順を紹介します。

1.MetaEditor(メタエディタ)を開く

まずはMetaEditor(メタエディタ)を開きます。MetaEditorとはMetaTrader4に標準搭載されているツールです。EA(自動売買システム)やインジケーターを作成するためのMQL4言語エディタです。

MetaEditorを開くためには、MetaTrader4上部のメニューから「MetaEditor起動ボタン」をクリックします。

MetaEditorを起動する

MetaEditorを起動する

MetaEditor(メタエディタ)を初めて起動させると以下のようなウィンドウが開きます。

MetaEditor起動後の画面

MetaEditor起動後の画面

2.MetaEditorで『MACD』を開く

MetaEditorを起動できたら、「Heiken Ashi.mq4」ファイルを開きます。MetaEditor上部のメニューから「既存のファイルを開く」ボタンをクリックすると、MetaTrader4に入っているインジケーター一覧が表示されます。

「既存のファイルを開く」ボタンをクリック

「既存のファイルを開く」ボタンをクリック

その中から「MACD.mq4」ファイルを見つけて、表示させます。すると以下のような画面になります。

MACD.mq4を開く

MACD.mq4を開く

これはMQL言語と呼ばれるプログラミング言語です。

3.『MACD.mq4』の一部を修正する

次に「MACD.mq4」ファイルの文字列の一部を修正します。

「MACD.mq4」ファイルの文字列の一部を修正

「MACD.mq4」ファイルの文字列の一部を修正

修正する箇所はこちら。

SetIndexStyle(0,DRAW_HISTOGRAM); を

SetIndexStyle(0,DRAW_LINE); に書き換える

「HISTOGRAM」という文字列を「LINE」に書き換えるだけでOKです。以上。

書き換えたら、MetaEditor上部のメニュー画面にある「コンパイル」ボタンをクリックします。

「コンパイル」ボタンをクリック

「コンパイル」ボタンをクリック

コンパイルしたらMetaEditorは閉じないでそのままにしておいてください。

4.『MACD.mq4』をチャートにドラッグ&ドロップする

MetaTrader4の画面に戻ります。『MACDmq4』を表示させたいチャートにドラッグ&ドロップします。すると以下のようなチャート画面になります。

コンパイルしたMACD.mq4をチャートにドラッグ&ドロップ

コンパイルしたMACD.mq4をチャートにドラッグ&ドロップ

ご覧の通り、ヒストグラムだったMACD値がライン表示に変わっていますね。

ゼロレベルが非表示なので、以下のようにパラメーターのレベル表示で「0」を設定してあげるとよりわかりやすくなります。

カスタマイズMACDに0レベルを表示させた

カスタマイズMACDに0レベルを表示させた

既存のMACDとカスタマイズ後のMACDを比べてみよう!

では、既存のMACD(ヒストグラム表示)と、カスタマイズ後のMACD(ライン表示)を比べてみましょう。

既存のMACD(ヒストグラム表示)とカスタマイズ後のMACD(ライン表示)

既存のMACD(ヒストグラム表示)とカスタマイズ後のMACD(ライン表示)

いかがですか?下段のカスタマイズMACDのほうが、MACD値とシグナル値のGC(ゴールデンクロス)・DC(デッドクロス)がわかりやすくないですか?まあ、このあたりは各トレーダーの好みかもしれませんね。

でも、MetaEditorを使うことでインジケーターを容易にカスタマイズできるって、楽しくないですか?ちょっとしたカスタマイズからスタートして、徐々にインジケーターをいじる楽しさを覚えていくと良いかもしれませんね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら