当ブログのオリジナル特典はこちら

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

CCIにMACDを組み合わせた手法ってどうなの?

CCIにMACDを組み合わせた手法ってどうなの?
CCIにMACDを組み合わせた手法ってどうなの?
CCIにMACDを組み合わせた手法ってどうなの?
CCIにMACDを組み合わせた手法ってどうなの?

CCIにMACDを組み合わせた手法ってどうなの?

先日のCCIと組み合わせると最高!なテクニカルを紹介するよ!において、CCIと相性の良いインジケーターを解説しました。

まだまだCCIをベースにしたストラテジーはたくさんあって紹介しきれないのですが、今回はその中の一つ、CCIにMACDを組み合わせた手法を紹介します。

ネットではよく見かける組み合わせであり、当サイトへのアクセスにおいても「CCI MACD 組み合わせ」という検索ワードがあったりします。

どちらのテクニカル指標もオシレーター系に分類されるため、使い方には少し工夫が必要です。

CCIとMACDを組み合わせてなにがわかる?

大前提として、CCIは現在の価格と過去の平均価格との”差”を測定して数値化したものであるということ。そしてMCDは短期移動平均線と長期移動平均線の乖離値をグラフ化したものでしたよね。

  • CCI…現在の価格と過去の平均価格との”差”を測定して数値化したもの
  • MACD…短期移動平均線と長期移動平均線の乖離値をグラフ化したもの

これら2つのテクニカルを組み合わせることでなにがわかるのでしょうか?

MACDは2本のMA(短期&長期移動平均線)のクロスもしくはMACDとシグナル線のクロスで大雑把なトレンド転換を示します。そしてCCIのゼロレベルや±100レベル超えでトレンド発生を裏付けることができそうですよね。

つまりMACDとCCIの組み合わせは、順張り(トレンドフォロー)に使えるのでは?と推測できます。

    CCIとMACDを同時に表示させてみよう

    MT4にてCCIとMACDを同時に表示させると次のようなチャートになります。

    CCIとMACDの組み合わせ
    CCIとMACDの組み合わせ

    2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
    FX情報商材ランキング|2021年版

    CCIとMACDによる売買ルール

    もう一度CCIとMACDの概念を確認しておきましょう。

    • CCI…現在の価格と過去の平均価格との”差”を測定して数値化したもの
    • MACD…短期移動平均線と長期移動平均線の乖離値をグラフ化したもの

    このことから、以下の売買ルールを導き出せます。

    買いENTRY
    1. CCIが−100を上抜ける
    2. MACDがシグナルラインを上抜ける
    3. 上の2つの条件を満たしたら買いENTRY
    売りENTRY
    1. CCIが+100を下抜ける
    2. MACDがシグナルラインを下抜ける
    3. 上の2つの条件を満たしたら売りENTRY

    実はここに挙げた売買ルールは、ネット上でよく見られる手法です。

    実際のチャートで確認をしてみます。まずは買いパターンから。MT4チャート図はすべてUSD/JPY(ドル円)の30分足です。

    CCIとMACDの組み合わせ|買いパターン
    CCIとMACDの組み合わせ|買いパターン

    まずCCIが+100超えするのを待ちます。+100超えしたらMACDがゴールデンクロスしたタイミングで即、買いENTRYです。まずまずの精度といったところですね。

    次に売りパターンです。

    CCIとMACDの組み合わせ|売りパターン
    CCIとMACDの組み合わせ|売りパターン

    うーん、ちょっと弱いですね。売りENTRYした瞬間に逆行しているケースがあります。

    そこで、一つフィルターを考える必要がありそうですね。

    売り買いともに言えることですが、MACDが0レベルから離れたタイミングでのGC/DC(ゴールデンクロス・デッドクロス)は、ダマシになってしまう可能性が高いということ。

    たとえば売りパターンのチャート図において、1回目と3回目の売りENTRYは、どちらもMACDのDCが0レベルから大きく乖離したポイントで発生していますね。

    この場合は、シグナルを見送るべきかもしれません。

    単純なCCI+MACDによる順張り手法では、やや精度に心もとない感じがします。もう少し何らかのフィルターが必要かもしれませんね。

    広告(スポンサーリンク)
    FX情報商材ランキング|2021年版

     

    FX情報商材評価の一覧はこちらから

    S評価商材
    A評価商材
    B評価商材
    C評価商材
    D評価商材
    評価s
    …非常に高く評価する
    評価A
    …高く評価する
    評価b
    …評価する
    評価c
    …凡庸
    評価d
    …難あり

    全FX商材評価一覧はこちら