マーケティングFX【検証とレビュー】

『マーケティングFX』を初心者が買うべきでない理由とは?

『マーケティングFX』を初心者が買うべきでない理由とは?

A評価

『マーケティングFX』検証とレビュー

FX情報商材といえば、派手な販売ページで射幸心をあおり、その一方でロジックに関してはひたすら隠す…という売り方が一般的です。そんな消費者軽視のFX商材業界に、一矢報いる商材が登場しました。『マーケティングFX』です。

マーケティングFX
マーケティングFX 月50万円 ノウハウもロジックも販売ページで公開
販売元:(株)e-FLAGS  楠山高広
発売日:2018/11/08
メディア:PDFテキスト・インジケーター・会員サイト
公式サイト:https://marketing-fx.jp/

なんと販売ページですべてのロジックやノウハウを公開・解説するという思い切った行動に出ました。それだけロジックに自信があるということなのでしょう。

そのうえ、『マーケティングFX』は、すべてのロジックをオリジナル・インジケーターに落とし込み、再現性の高いツールとしてパッケージングすることに成功しています。

【注意!】販売ページを読んではいけない、衝動的に買いたくなるから

『マーケティングFX』の販売ページですが、テキスト文字だけで10万文字もあります。恐ろしく内容の詰まった販売ページです。

とてつもなく長い販売ページですが、それには理由がありまして、販売ページ上でロジックもノウハウも全て公開しています。

引用:『マーケティングFX』公式サイト

基本的なロジックだけでなく、相場の原理原則やトレードに対する心構えなどを「たとえ話」などを交えて紐解いています。初心者であればあるほど、販売ページを読むだけで『マーケティングFX』が欲しくなるはず。

ありえない返金保証を打ち出した『マーケティングFX』

さらには、デモトレードで試してみて上手くいかな場合も返金申請を受け付けるという、”ありえない”返金保証を打ち出しました。

心配ご無用です。
なんと、この返金保証は「デモ口座の取引でOK」だからです。自分の大切なお金を使う必要はありません。

デモ口座で取引して、取引スタート時の金額よりマイナスになれば返金致しますし、デモ口座のお金が0円(破産状態)になってしまった場合も返金します。

引用:マーケティングFX販売ページ

他のFX商材屋には決してマネのできない対応です。

『マーケティングFX』はどのようなFX商材か?

『マーケティングFXのロジック』のロジックについては、包み隠さず販売ページ内にて詳しく解説してあります。販売ページを読んでもらうのが手っ取り早いのですが、あまりにも冗長で内容を読み取りづらい販売ページなので、簡潔にまとめておきます。

”通貨の強弱”を判定して押し目・戻りで仕掛ける順張りライントレード

第一段階として「通貨間の強弱を判定するシステム」を利用し取引すべき通貨ペアを選定します。

以下の画像が「通貨強弱判定ツール」です。各通貨ペア毎に、時間足毎の通貨の強さ・勢いを数値化して表示しており、トータルの点数が高いほど強い通貨であり、点数が低いほど弱い通貨となります。

MarketingFX「通貨強弱判定ツール」

MarketingFX「通貨強弱判定ツール」

通貨間強弱をチェックする手法は、ここ最近のトレンドです。マックス岩本の1秒スキャルFXFXブルーBOXダイヤモンド・トレンドFXなどにも取り入れられている概念です。一般的にはmatafなどを活用して通貨間の強弱を判定しますが、『マーケティングFX』では”トレンドの発生期間(GMMA)”をベースにして強弱判定をおこなっています。

現時点で一番強い通貨を買い、一番弱い通貨を売る…リアルタイムで強い通貨と弱い通貨の組み合わせ(通貨ペア)を探し、トレンドを把握するわけです。それによって直近のチャートの動きに惑わされない大局的なトレードが可能になります。

通貨の強弱を判定したうえで、第二段階として、相場に追随する形(=トレンドフォロー)で仕掛けをおこないます。仕掛け(ENTRY)のタイミングはラインによる押し目買い・戻り売りです。チャート上にサイン(矢印)が点灯します。

まとめると次の通りです。

  1. 通貨間の強弱判定をツールでおこなう
  2. ラインによる押し目・戻りで順張り方向に仕掛ける

これらを仕組み化・ツール化したものが『マーケティングFX』です。その他にも細々(こまごま)とした補助ロジックが解説されていますが、基本は上の2つです。

マーケティングFX
マーケティングFX 月50万円 ノウハウもロジックも販売ページで公開
販売元:(株)e-FLAGS  楠山高広
発売日:2018/11/08
メディア:PDFテキスト・インジケーター・会員サイト
公式サイト:https://marketing-fx.jp/

『マーケティングFX』の欠点

まず『マーケティングFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

FX商材の欠点(デメリット)

冗長な販売ページに惑わされないように注意が必要

一見難解にみえる『マーケティングFX』ですが、ベースロジックだけを取り上げればシンプルな順張りライントレードにすぎません。そこに通貨間の強弱というフィルターを加えただけです。

ありがちといえばありがちです。通貨間強弱のアイデアも『マーケティングFX』が先陣を切ったわけではなく、むしろ後発組といえます。

あまりにも販売ページが冗長で、いかにも”すごいこと”を語っているかのように錯覚してしまいそうです。しかし、中身を紐解けば極めてシンプルかつ王道な順張りラントレードです。

販売ページに惑わされて、自分に不要なシステムを買わないように注意して読み進める必要があります。「スゴそうだから、とりあえず買ってみよう…」ではお金をドブに捨てることになりかねません。

ここが残念…
  1. 冗長な販売ページに惑わされないように注意が必要

『マーケティングFX』の評価点

次に『マーケティングFX』の評価できるポイントを解説します。

FX商材の良点(メリット)

購入前にロジックを徹底解説する”姿勢”は高く評価できる

10万文字をゆうに超える販売ページで、ロジックを徹底的に解説しています。この姿勢は販売者として高く評価できます。事前に、何を学べるのか?何ができて何ができないのか?が明確です。ここまで包み隠さずロジックを公開するのは販売者の自信の現れでしょう。

販売ページを読み進めるだけでロジックの全貌を把握できますので、購入後に「がっかり」ということはまずありません。

FX商材の良点(メリット)

中・上級者にとっては取り組みがいのある汎用性の高いロジック

フィルタリングに通貨間強弱判定を加えてはいますが、ベースはシンプルなライントレードであり、ロジックの汎用性は極めて高いといえます。中・上級者であれば、自身の手法に加えることで多彩なアレンジが可能になります。

ストラテジーに対して論理的なアプローチを試みることで、手法の再現性・優位性を高めることに成功しています。検証のしがいがあるロジックといえます。

FX商材の良点(メリット)

相場を俯瞰する「大局観」を身につけやすい

一見派手に見える『マーケティングFX』ですが、基本的にはシンプルなライントレードが下地になっています。様々なインジケーターを組み合わせたテクニカル一辺倒ツールでもありません。

『マーケティングFX』の最大の特徴は、相場を俯瞰するための思考の存在です。通貨の強弱判定、MTFによるライン描写&PIVOT描写など、多角的な視点を取り入れて相場を一歩引いて俯瞰することに注力しています。結果的に、刹那的なトレード(瞬間的なローソク足の動きに反応してしまうトレード)を排除することを可能にしているのです。

「相場が動きたがっている方向」を正しく見極め、その動きに逆らうことなく素直に追随する。これこそが『マーケティングFX』が目指しているトレードです。

FX商材の良点(メリット)

本当の意味での返金保証付き

一般的なFX商材の返金保証は、リアル口座での実践が前提でしたが、『マーケティングFX』ではデモ口座でのマイナス(損失発生)でも全額返金を保証しています。本当の意味での返金保証付き商材といえますね。

ここがオススメ!
  1. ロジックを購入前に徹底解説する姿勢は高く評価できる
  2. 中・上級者にとっては取り組みがいのある汎用性の高いロジック
  3. 相場を俯瞰する「大局観」を身に着けやすい
  4. 本当の意味での返金保証付き

『マーケティングFX』総合評価

A評価

多角的な視点を取り入れて”相場が動きたがっている方向”を正しく見極めその動きに逆らうことなく素直に追随する王道順張りトレード
中級者以上を唸らせる論理的かつ汎用性・再現性の高いシステムは一見の価値アリ
テクニカル偏向の”専業トレーダー”を目指すならば現時点で『マーケティングFX』がベストバイ

『マーケティングFX』が今のFX情報商材界に一石を投じ、今後のFX商材のレベルを底上げする転換点になるかもしれません。それほどインパクトのあるFX商材です。

内容は「通貨間強弱を判定して順張りで仕掛ける」というシンプルなライントレード。「相場が動きたがっている方向」を俯瞰して見極め、その動きに素直に追随する王道かつ古典的な手法です。

ロジックには一貫性があって破綻がなく、背景には骨太の思考(大局観)を感じ取ることができます。中・上級者ならば、論理的かつ汎用性の高いシステムの恩恵を大いに受けることが可能。

テクニカル偏向の”専業トレーダー”を目指すならば、現時点で『マーケティングFX』がベストバイです。

FX商材の良点(メリット)
  1. ロジックを購入前に徹底解説する姿勢は高く評価できる
  2. 中・上級者にとっては取り組みがいのある汎用性の高いロジック
  3. 相場を俯瞰する「大局観」を身に着けやすい
  4. 本当の意味での返金保証付き
FX商材の欠点(デメリット)
  1. 冗長な販売ページに惑わされないように注意が必要

『マーケティングFX』を購入するべき人

  • ある程度MT4(MetaTrader4)の操作に慣れた人
  • トレード経験がそれなりにある人
  • トレンドフォロワー(順張りを好む人)

『マーケティングFX』を購入してはいけない人

  • まったくの初心者
  • PC作業に不慣れな人
  • 「なんとなく、凄そうだから買ってみようかな?」と考えている人
マーケティングFX
マーケティングFX 月50万円 ノウハウもロジックも販売ページで公開
販売元:(株)e-FLAGS  楠山高広
発売日:2018/11/08
メディア:PDFテキスト・インジケーター・会員サイト
公式サイト:https://marketing-fx.jp/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら