トラブル急増で再び”カオス化”が加速する情報商材業界

トラブル急増で再び”カオス化”する情報商材業界

トラブル急増で再び”カオス化”する情報商材業界

「言われた通りやっても、もうからない」

お金儲け系の情報商材に対する相談件数が急増しています。

情報商材トラブル増 昨年度相談68件

2018年11月14日

「稼げる」マニュアル 返金、解約応じず

インターネットビジネスや投資、ギャンブルなどで簡単に金銭を稼げるとする情報商材を巡るトラブルの相談が県内で増えている。県消費生活センターによると、2017年度の相談は前年度比3倍超の68件。今年度は9月末ですでに53件の相談があり、センターは注意を呼びかけている。(家城健太)

情報商材の相談件数の推移

情報商材の相談件数の推移

(中略)

センターへ寄せられた情報商材に関する相談件数は、2015年度までは年間数件だったのが、16年度に20件に増加。その後も増加傾向が続いている。センターは「副業への関心が高まる中、安易に手を出してしまう人も多いのかもしれない」とみる。

引用:YOMIURI ONLINE

実際のところ、今年に入って様々な行政官庁が「悪質な情報商材」に対する注意喚起をおこなっています。このブログで取り上げたものだけでも…

「毎月最低 30 万円分のビットコインを受け取り続けることができる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

その他にも…

「誰でもたった1分で1万円の現金をラクラクGET!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

「画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

「真似っこビジネス」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

「月収 50 万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

これらは苦情が多数寄せられた悪質情報商材であり、氷山の一角にすぎません。その他にも無数の悪質情報商材が存在していることは想像に難くありません。

国民生活センターも注意喚起を行っています。

簡単に高額収入を得られるという副業や投資の儲け話に注意!-インターネット等で取引される情報商材のトラブルが急増-

全国の消費生活センター等には、「1日数分の作業で月に数百万円を稼ぐ」「○万円が○億円になる投資法」といったお金儲けのノウハウと称して、インターネット等で取引される情報である情報商材(注1) に関連する相談が増加しています。PIO-NET(注2)には、2017年度の相談件数は6,593件と2013年度に比べ7倍超となり、2018年度も増加ペースが続いています。

引用:独立行政法人国民生活センター 発表情報

再び”カオス化”が加速する情報商材業界

情報商材が日本に上陸したのは2000年代前半です。当時はそれこそ、胡散臭さ全開の低レベル情報商材だらけでした。当然、クレームの嵐が吹き荒れましたが、しばらくしてASPの自助努力などで多くの悪質業者が粛清されました。

ところが、平成の終わりに差し掛かって、再び”カオス化”が進みつつあります。インチキ臭い情報商材が息を吹き返したかのごとく、大量にリリースされるようになりました。

この状況は、社会が不安定さを増し不況から抜け出せず、格差が急速に拡大していることが原因ではないかと考えています。格差社会の底辺で経済的に困窮し一攫千金を夢見る情報弱者をターゲットにした”商売”が活況を呈してきたわけです。

先日の記事にも書きましたが、資本主義社会の本質は、人々の現実と理想の”差分”をお金に変えることにあります。

資本主義に翻弄され落伍した者の現実と理想の差分をお金に変える、つまり、誰もが簡単に一攫千金を実現できる(と思わせる)商品やサービスが、注目されもてはやされるような時代が訪れたわけです。

仮想通貨ビジネスはその典型ですね。

もはや日本は引き返せないところまで来たのかもしれません。

関連:

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

経済的成功は一つじゃない
経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グラフです。日本の株式(紫色グラ…

「貧困」が大量の「情報弱者」を生み出しているという”おぞましい事実”
「貧困」が大量の「情報弱者」を生み出しているという”おぞましい事実”

「貧困情報弱者」が「搾取する側の人間」と交わったときに”投資詐欺”や”ビジネス詐欺”という連鎖が起こる SNSで「文春オンライン」の記事が話題になっています。こちら。 「情報弱者の…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後
GMOクリック証券と自動売買ツールの今後

GMOクリック証券に最適化された自動売買ツールが増えている 今日も、ちょっと気になる情報を聞いたので、みなさんとシェアしたいと思います。 最近GMOクリック証券での(バイナリーオプ…

【格差】すべての中流家庭が貧困化するこれだけの理由
【格差】すべての中流家庭が貧困化するこれだけの理由

「いびつな格差社会」が日本でも急拡大 日本が格差社会であることは、社会人経験がある人ならば誰もが認めることでしょう。まだ気づいていないならば、それはあなたが単なる「ノーテンキ」だか…

キプロスがEUを離脱すればFX業者は大打撃!
キプロスがEUを離脱すればFX業者は大打撃!

預金の25%が棒引き(課税)される! キプロスの預金封鎖第一報から、すでに1週間経過しました。 ”キプロスで預金封鎖” の余波 キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー キプロ…

SIGNARIDE FX【検証とレビュー】
【被害総額13億円】withcoin集団訴訟で怯える”仮想通貨ユーチューバー”

withcoinに対する集団訴訟の被害総額が13億円を超え、今なお増え続けている件 【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン) 【元国税庁が警鐘】今…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
為替予約取引の経験を活かして6ヶ月で5000万円を稼いだ方法

為替予約取引の経験をFX取引に活かす 為替予約取引をご存知でしょうか?為替予約取引とは、企業等が為替リスクを軽減するために、予め条件を決めて為替の売買を行なうことをいいます。為替先…

GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース 驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。 リテールF…

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない
【金融庁】FX取引で法人もレバレッジ規制へ

法人口座もレバレッジ規制の対象に とうとうきました…ウワサはありましたが、FX取引において法人もレバレッジ(倍率)規制が導入されるようです。昨年(2015年)1月に起きたスイスフラ…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その…

【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ
【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ

ICOに手を出すな! 仮想通貨での資金調達スキーム「ICO」に関連する情報商材がひっきりなしに登場していますね。 ICOは、Initial Coin Offering(イニシャル・…