【元国税庁が警鐘】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

仮想通貨は必ず衰退する!?

毎日のようにメディアを賑わす「仮想通貨」。

最近では、昨年「仮想通貨取引」で億万長者になった人が331人だったと国税庁が発表したばかりです。

2017年、仮想通貨で「億り人」は331人!【日経新聞】

さらには、弱冠23歳という若さで、借金1億円から「仮想通貨取引」で一気に億り人を達成した女性の登場など、ネタが尽きない仮想通貨業界です。

借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」

これらのニュースをみて、改めて「やっぱり仮想通貨は儲かる!」と思ったユーザーも少なくなかったのではないでしょうか。

仮想通貨はたんなる”幻想通貨”だ!と喝破

今回は、そんな仮想通貨バブルに警鐘を鳴らす人物をご紹介します。

元国税調査官の大村大次郎氏です。

彼は、元国税調査官という異色の経歴を持つ節税のプロフェッショナルです。税金や節税に関する多くの著書があり、かなり際どい(脱税に近い?)節税法などを紹介することで人気を博しています。

彼は2018年1月初旬の時点で、仮想通貨に未来はないと断言しています。

仮想通貨は、その価値に実体の裏付けがない「幻想通貨」であり、過去に起きた一過性の「記念切手ブーム」となんら変わりがないと述べているのです。

実体のないものに価値を見出して幻想を抱いているにすぎないということです。

ちなみに、ビットコインは、今後発展するでしょうか?私は、しないと思います。

仮想通貨というのは、非常に小難しい理屈を用いて、さも非常に信用のある通貨のような喧伝をされています。が、仮想通貨というのは、「幻想通貨」といえるもので、その通貨の価値には、実体の裏付けがありません。

(中略)

ビットコインは、どんなに小難しい理屈を並べ立てても、幻想通貨であることには変わりありません。そして喧伝されているように「他の通貨よりも使いやすい」などということは、決してありません。これだけ価値が上下する通貨が、通貨として使いやすいわけはないのです。

今は、世界中の注目が集まっているので、価値は上昇していますが、そのうち、破たんに近い状態が起きるのではないか、と筆者は思っております。

引用:ビットコインは脱税し放題か?元国税職員が明かす仮想通貨の実態(MAG2NEWS)

この発言と時期を同じくしてビットコインは最高値をつけ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せていました。

その後は、多くの方もご存知のように大半の仮想通貨が大暴落を起こします。

現在の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって形成されているにすぎない

仮想通貨が、その価値に実体の裏付け(担保)がない以上、いつでもゼロ(無価値)になる可能性を秘めていると述べています。

ではなぜ今、ビットコインを始めとする仮想通貨がゼロになっていないのか?

この点においても大村大次郎氏は独自の見解を述べています。

なぜ仮想通貨の値は持ちこたえているのか?

機関投資家やプロの投資家であれば、投資対象の相場が崩れたとき、一定の水準に達すれば、思い切って全部処分します。多少、損をしていたとしても、それ以上の大損をしないためです。だから、普通の金融取引市場では、ある銘柄が一旦、暴落すればあっと言う間に底値に達したりするのです。

しかし、仮想通貨の場合、「多少、損をしていたとしても、それ以上の大損をしないために処分する」という法則性を持っていない投資家がほとんどです。それがかえって功を奏し、今のところ底値には至っていないのです。逆に言えば、現在の仮想通貨相場は、逃げ遅れた人たちによって形成されているとも見ることができるのです。

引用:「ビットコイン暴落」から逃げ遅れた人々が認めない不都合な真実(MAG2NEWS)

今の仮想通貨相場は、バブルに乗り遅れた人やバブル後に参入した残念な人々の「執着」によって、なんとか息をしている状態だというのです。

仮想通貨という「どろ舟」逃げ遅れた人々によって、ギリギリ持ちこたえているのが、今の仮想通貨相場の現状…なかなか厳しいご意見です。

”黄金の船”だと思って乗船したら、実は金メッキを貼った”どろ舟”だった…というオチ

「仮想通貨には価値がある」と思っている人が、今後ますます少なくなってくれば、その価値を支えることは困難になります。

架空通貨であるため、価値の裏付け(担保)がなにもないのも事実です。

”黄金の船”だと思って乗船したら、実は金メッキを貼ったただの”どろ舟”だった…というオチにならなければ良いですね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは?
損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは?

FXでの資産総額7300万円! 2ちゃんねるで話題のIcchan3氏をご存知ですか?彼の現在(2015年12月16日)の資産総額は73,364,684円です。下の画像はファイナンス…

MetaTrader(メタトレーダー)はもっと評価されるべき

MetaTrader、使ってますか? 言わずと知れたMetaTrader(メタトレーダー)。FXシステムトレードには欠かせないと言っても過言ではないほど、充実したプラットホームです…

FXコア 【検証とレビュー】
落ちるナイフをつかむな!ドル円が歴史的な下落(ナイアガラ)を記録

ドル円が歴史的な下落を記録 為替も株も、大変なことになっています。今でこそ119円まで盛り返したドル円(USDJPY)は、一時的に116円台に突入しました。その様は、まさにナイアガ…

個人投資家の悲喜こもごも
個人投資家の悲喜こもごも

潜入!投資家たちの秘密パーティー 昨年放送された「所さん!大変ですよ【潜入!投資家たちの秘密パーティー】」(2015年11月12日放送)がYouTubeにアップロードされていました…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】
投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか…

GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース 驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。 リテールF…

”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました

週刊SPA!と、疑惑のトレーダー”三村雄太” 業界が注目していた裁判の判決が出ました 少し古い情報で恐縮ですが、扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏の裁判において判決が出ていたようで…

【詐欺】「仮想通貨のマイニング(採掘)で毎月30万円稼げる」はウソだった!【株式会社リードによる虚偽】
資本家に搾取される無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオ…

FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】
【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。NHKニュースによれば、トラブルの…

経済的成功は一つじゃない
経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グラフです。日本の株式(紫色グラ…

【朗報】マネースクエア「トラリピ」手数料を完全無料化へ
【朗報】マネースクエア「トラリピ」手数料を完全無料化へ

トラリピ手数料を9月29日(土)より完全無料化 株式会社マネースクウェアが、自社の十八番である「トラリピ(トラップリピートイフダン)」、「らくトラ(らくらくトラリピ)」の手数料を無…

バイナリーコア 【検証とレビュー】
窓埋めで7月だけで219万円の利益確定した現役大学院生が先日の大暴落で破綻した!?

2015年7月だけで219万3040円の利益を出した東大院生 先週の週刊SPAで興味深い記事を見つけました。 常勝トレーダーの取引履歴を大公開 「7月の利益?219万3040円でし…