スポンサーリンク

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

FX手法

最高かよ!MACDダイバージェンスに一目の「雲」加えたら無敵感半端ねぇwwwwww

最高かよ!MACDダイバージェンスに一目の「雲」加えたら無敵感半端ねぇwwwwww

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

スポンサーリンク

ダイバージェンス、どうして使わないの?

ダイバージェンス、使ってますか?知識として知っている人は多いけど、「ダイバージェンス、活用してます!」ってトレーダーは意外と少ないんですよね…。

ダイバージェンス(divergence)とは逆行現象を意味し、レート(値)とテクニカル指標が真逆の方向へ動く現象を指します。ダイバージェンスが発生すると、トレンドが反転するケースが多く、転換ポイントの見極めによく使われます。

ダイバージェンスだけでトレードするのはちょっと無理がありますが、トレードシナリオを補完するためにも積極的に活用するべきです。

関連記事

スポンサーリンク

MACDとダイバージェンス、意外と相性いいよ!

今回取り上げるのはMACDのダイバージェンスです。

1979年にGerald Appel (ジェラルド・アペル)によって開発されたMACDですが、今や押しも押されぬ大人気メジャーテクニカル指標の一つですよね。シンプルかつ汎用性の高さから世界中のトレーダーに利用されています。

MACDの基本

MACD手法

MACDと他のテクニカル指標の組み合わせ

オシレーター系を代表するMACDですが、MACDのダイバージェンスとなるとあまり使っている人を見ません。RSIやCCIのダイバージェンスに押され気味で、ややマイナーなイメージですよね。でも、ちょっとまってください。MACDは意外とダイバージェンスと相性が良いんです!

今回は、MACDのダイバージェンスの優位性をさらに高めるためのアイデアを考察していきます。

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

スポンサーリンク

MACDの典型的なダイバージェンスパターン(Divergence)がこちら

まずはMACDの典型的なダイバージェンスをご覧ください。

MACDのダイバージェンス|その1

MACDのダイバージェンス|その1

レートは高値を更新していますが、MACDは逆に切り下げていますね。この場合、上昇が下落に転じる予兆であると推測できます。実際にレートは下落していますね。「売りサイン」として活用されます。

もう一つ例を見てみましょう。

MACDのダイバージェンス|その2

MACDのダイバージェンス|その2

上のチャート図ではレートは安値を更新していますが、MACDは切り上げています。このケースでは下落が上昇に転じる予兆と捉えられます。その後レートは上昇に転じています。「買いサイン」として使われます。

スポンサーリンク

MACDのヒドゥン・ダイバージェンス(Hidden Divergence)

さらにヒドゥン・ダイバージェンス(Hidden Divergence)とよばれるパターンも存在します。まずは「買いシグナルのヒドゥン・ダイバージェンス」がこちら。

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その1

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その1

安値を切り上げているのにMACDは切り下げています。上昇トレンドの継続を示唆しているシグナルなので「買い」でENTRYします。

次に「売りシグナルのヒドゥン・ダイバージェンス」をご覧ください。

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その2

MACDのヒドゥンダイバージェンス|その2

高値を切り下げているのにMACDは切り上げています。こちらは下落トレンドの継続を示唆するシグナルですので「売り」でENTRYするのがセオリーです。

スポンサーリンク

MACDのダイバージェンスを検出するならば『FX5_Divergence_V2.1.mq4』が超絶オススメ

さて、MACDのダイバージェンスを毎回目視で拾うのは大変です。そこでインジケーターの登場です。MACD専用のダイバージェンス検知インジケーター『FX5_Divergence_V2.1.mq4』です。このインジケーターは以前にも紹介しています。

さっそくMT4に設定してみましょう。

macd-divergence

MACDのダイバージェンスを検出するインジケーター

『FX5_Divergence_V2.1.mq4』はMACDのダイバージェンスを検出すると自動的に矢印マークを点灯するインジケーターです。もちろん「無料」で使えますよ。DLサイトはこちら。

FX5_Divergence_V2.1.mq4

チャートはUSD/JPYの1時間足です。ご覧の通り、すべてのシグナルを鵜呑みにすると痛い目に遭います。

MACDのダイバージェンスの優位性|その1

MACDのダイバージェンスの優位性|その1

◯印は有効なシグナル、バツ印はダマシだったシグナルです。この場面では比較的、成功しているようにみえますね。6勝3敗です。ちなみに『FX5_Divergence_V2.1.mq4』で使用するパラメーターは、一般的なMACDと同じ「12、26、9」です。

他の場面もチェックしてみます。

MACDのダイバージェンスの優位性|その2

MACDのダイバージェンスの優位性|その2

シグナルだけを見れば、5勝3敗。まずまずですね。

MACDのダイバージェンスの優位性|その3

MACDのダイバージェンスの優位性|その3

こちらの場面でも5勝3敗です。すごく良い…感じでもないですが、決して悪くはないですよね。

実際のトレードにダイバージェンスを取り入れると、実は勝ちトレードよりも負けトレードの方が増える傾向にあります。結局のところ、ダイバージェンスはあくまでも上昇・下落を示唆する現象に過ぎず、高確率でトレンド転換を捉えているわけではないのです。

では、どうするか?

スポンサーリンク

MACDダイバージェンスを一目均衡表の「雲」でフィルタリング

MACDダイバージェンスの優位性を高めるために最も効果的なのは、トレンドフィルターを加える方法です。例えば、以下の場面は下落トレンドですよね。

MACDのダイバージェンスの優位性|その3

MACDのダイバージェンスの優位性|その3

だったら、トレンド判定フィルターを加えて、不要な「買いシグナル」を排除すればもっと勝率は上がりそうだと思いませんか?たとえば「一目均衡表の雲」を加えるとか…。

MACDダイバージェンスを一目均衡表の雲でフィルタリング

MACDダイバージェンスを一目均衡表の雲でフィルタリング

一目均衡表の雲の下では「売りシグナル」のみを選択し、雲の上では「買いシグナル」のみを選択します。すると5勝1敗となりました。

MACDダイバージェンスを一目均衡表の雲でフィルタリング

MACDダイバージェンスを一目均衡表の雲でフィルタリング

上のチャート図をご覧ください。雲の上では買いシグナルのみを選択。雲の下では売りシグナルのみを選択します。結果的になかなか精度の高いトレードとなりました。

一目均衡表以外にも、期間200の移動平均線(200EMA)を使うなど、様々なフィルタリングが可能です。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

『FX5_Divergence_V2.1.mq4』おすすめですよ!

MACDダイバージェンスを検出するならば『FX5_Divergence_V2.1.mq4』が一押しです。無料なのでぜひ使ってみてください。ダウンロードは、ForexFactoryのフォーラムからできますよ。

ForexFactory

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました