2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

君は「ブラックMACD」を知ってるか?

black_macd(GBPUSD)

【FX手法解説】君は「ブラックMACD」を知ってるか?

君は「ブラックMACD」を知ってるか?

ブラックMACD…なにやら怪しげな名前ですね。

実はこの「ブラックMACD」ですが、海外フォーラムに投稿されたFX手法の一つなんです。ソースはこちら。

”Black MACD”(ブラックMACD)と名付けられたストラテジーです。気になりますよね。

今回は、この”Black MACD”(ブラックMACD)を取り上げて解説していきます。

MACD+RSI+EMA

スレッドから画像を拝借します。

使用するインジケーターは以下の4つ。

  1. EMA(指数平滑移動平均)期間=3
  2. EMA(指数平滑移動平均)期間=18
  3. MACD(12、26、9)
  4. RSI 期間=14

肝心のMACDですが、ただ単にMACDのシグナルラインを「無色=背景と同じ色」にして、MACDラインを黒色に設定したものに過ぎません。それを”Black MACD”(ブラックMACD)と呼んでいます。

つまり、MACDにおける「MACDライン」のみを使用するわけですね。

”Black MACD”(ブラックMACD)の取引ルール

ルールはとてもシンプルです。時間足の指定はありません。任意の時間足にて機能します。通貨ペアについては言及がないため、こちらも融通がききそうです。

スレッドには「売りルール」のみ記載されているので、もしかすると「売りに特化した戦略」かもしれません。

まずはルールから。

  1. EMA3がEMA18を下抜ける(デッドクロス)
  2. MACDが0レベル未満を確認
  3. RSIが50レベル未満

上の3つの条件をクリアした場合に、ショートポジションを建てます(売りでENTRY)。手仕舞いは、上の3つの条件がどれか1つでも崩れたタイミングでExit(利確or損切り)となります。シンプルですね。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

GBP/USD(ポンドドル)で”Black MACD”を検証してみる

実際のチャートでも確認してみましょう。

As always, the black MACD only works when trending! Be careful!

”いつものことながら、ブラックMACDはトレンドが出ている時にしか機能しないぜ!気をつけろよ!”と投稿者。ここはトレンドの発生しやすいGBP/USD(ポンドドル)にて検証してみることにします。

black_macd(GBPUSD)

black_macd(GBPUSD)

スレッドに合わせて、MetaTrader4をモノクロ的なデザインにしてみました。チャートはGBP/USD(ポンドドル)の30分足です。

ブラックMACD|取引例1

ブラックMACD|取引例1

上のチャート図では、3EMAと18EMAがデッドクロス(下抜け)したタイミングと、RSIが50切り、MACDが0レベル割れがほぼ同時に発生しています。このタイミングでSell ENTRYです。

その後、3EMAと18EMAのデッドクロスが解消したタイミング(ゴールデンクロス)で、手仕舞いとなります。

ブラックMACD|取引例2

ブラックMACD|取引例2

上のチャート図では、4回のエントリーチャンスがありました。左から2番目のトレードは、それなりの利幅が取れていますね。ただし他のトレードは微益・微損という印象です。

仕掛けのタイミングとしては優れていますが、手仕舞いがやや遅く、結果的に含み益を減らしてしまっているように見えます。

手仕舞いルール(出口戦略)については、もうすこし検証する必要がありそうですね。以前解説したオシレーター系を活用した出口戦略などを組み合わせると面白そうです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら