海外のシンプルトレードをご紹介

海外のシンプルトレードをご紹介

海外のシンプルトレードをご紹介

こんなシンプルな手法でも勝てます

海外フォーラムのFOREXFACTORYには、様々なトレードアイデアが投稿されています。このサイトでも、過去にいくつかご紹介してきました。

今回も、フォーラムで拾った手法をご紹介します。今回取り上げるのは、Heiken Ashi という手法です。スレッドのタイトルが Heiken Ashiです。

名前の通り、平均足を使った非常にシンプルなロジックです。シンプルすぎて拍子抜けします。が、これがなかなか面白いし、良い仕事します。FOREXFACTORY内でのスレッドはこちらになります。

こんなシンプルな手法もフォーラムで議論されている事実を知ってもらいたくて、この手法(Heiken Ashi)を取り上げてみました。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

Heiken Ashi手法の概要

必要なインディケーターは、Heiken_Ashi_Smoothed.mq4 のみです。他は一切必要ありません。Heiken_Ashi_Smoothed.mq4をチャート上に表示させるだけでOKです。こんな感じになります。

平均足手法チャート図

平均足手法チャート図

Heiken_Ashi_Smoothed.mq4は、一般的な平均足をスムージング(滑らかに)したインディケーターです。以下のページからダウンロードできます。

ルールは非常にシンプルです。ロング(買い)の場合は、平均足が赤色から青色に変化した次の足の始値です。ショート(売り)の場合は、平均足が青色から赤色に変化した次の足の始値です。

ストップは、直近の高値・安値に置きます。TP(テイクプロフィット=利益確定)は、ストップ幅の2倍のポイントに置きます。

これだけだと、ダマシが連発しますので、大きな時間足の平均足スムースを必ず確認します。

実際のチャートでルールを確認

それでは、実際のチャートで先ほどのルールを確認してみましょう。(1時間足と4時間足でトレードする場合を想定します)

画像はフォーラムから拝借しました。

1.四時間足の平均足の色(方向)を確認

平均足手法(4時間足)

平均足手法(4時間足)

4時間足をチェックすると平均足が青色ですね。

2.四時間足が青色であればロングで仕掛ける(ショート厳禁)

4時間足が青色なので、今回はロングのみ行います。

3.一時間足で平均足が赤色から青色に変わったことを確認

平均足手法(1時間足)

平均足手法(1時間足)

4.次の足の始値でロングエントリーする

上記チャートでは「C」というポイントが仕掛け所ですね。

5.ストップを直近安値に置く

上記チャートでは「チェック」マークが直近安値ポイントです。このポイントに達したら、即座に損切りします。

6.リミットをストップ幅の2倍のところに置く

リミットは、エントリーから「チェック」までの2倍に相当するところに置きます。上記チャート図では、共に「+32pips」、「+79pips」の利益が出ています。

以上です。とてもシンプルですね。

組み合わせる時間足ですが、スレッドでは1時間足と4時間足をメインに取り上げています。他にも、30分足と1時間足、15分足と30分足、日足と週足など、様々な組み合わせで使うことが可能です。

トレーディングアイデアのヒントとして

今回ご紹介した手法が、素晴らしく優位性があるということではありません。あくまでトレーディングアイデアのヒントの1つとして、考察していただきたいのです。

より大きな時間足と同調する方向へ仕掛けるという点や、平均足スムースを使うことで、トレンドに乗りやすくなることや、リスクリワードが、1対2であることなど・・・

トレード初心者の方であれば、たったこれだけのシンプル手法から様々な気付きがあると思います。

自身のトレーディングルールを作るに当たって、なぜこのテクニカル指標を使うのか?ストップは何故この位置なのか?リミットの根拠は何か?ということを考えることは、非常に重要です。

ポーカー世界一の日本人から学ぶ

今年(2012年)のポーカー世界大会で日本人が優勝しました。これはスゴイ快挙だそうです。

30歳の木原直哉さんです。日本人がポーカー世界選手権を制するのは初めてです。すごいですね!ちなみに賞金は4000万円だそうです。

その木原さんのインタビューが、ある雑誌に掲載されていました。その中でとても印象的な一節がありました。

「すべての行動に理由を探せ」

ポーカーには様々な勝負の仕掛けどころがあります。その一つ一つの行動(判断・決断)に、必ず理由が必要だということです。自分の直感には、一切頼らないそうです。

ポーカーのような「運の要素(手札)」も入ってくるゲームに対して、一切の直感を排除し論理的に勝負を進めるわけです。

これは、投資にも当てはまる事だと思います。

  • 「なぜ、ここでエントリーするのか?」
  • 「なぜ、ストップはこのポイントなのか?」
  • 「なぜ、リミットはここなのか?」
  • 「なぜ、ロングなのか?」

これらを曖昧にすると、ルールを守ることも検証することもできません。

すべての判断・決断において、必ず理由(根拠)を探すということは、簡単なようで、非常に難しいと思います。

あなたは、自分の「直感」や「印象」に頼ってトレードしていませんか?それはとても危険なことです。

FOREXFACTORYはアイデアの宝庫

ちょっと話がそれてしまいました。いかがですか?

FOREXFACTORYには、こんなトレードアイデアが溢れています。しかも、全て無料で試すことができます。日本のゴミ商材を買うよりもよっぽど有益です。日本にもこんなフォーラムがあるといいですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら