海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムはアイデアの宝庫

最近、検証記事が続いていたので、気分を変えて海外の面白い手法(ロジック)をご紹介します。

引用元はFOREX FACTORY(海外フォーラム)です。海外フォーラムには、本当に面白い手法がたくさん紹介されています。トレードが暇なときなどに読んでいると、ついつい引き込まれてしまいます。

海外フォーラムの紹介記事も書いていますので、よかったら読んでみて下さい。

ストキャスを使ったアイデア満載のロジック

今回ご紹介するのは「Spuds Stochastic Thread Theory」という手法です。こちらから原文を読めます。

spudfyre氏のオリジナル手法でストキャスを使用しています。

フォーラムはそれほど盛り上がっていないのですが、独特のアイデアとその優位性に、興味を持ちました。ロジックとしては、まだ粗さが目立ちますが、誰でも簡単に再現できて、私なりに優位性も感じることができましたので、あえてご紹介します。

まずは実際の画像をご覧下さい。※以下のチャートで使用しているテンプレートは、以下のURLからダウンロードしたものを使用しています。

ストキャスロープチャート画像

ストキャスロープチャート画像

上記画像は、FOREX FACTORY内の該当スレッドからダウンロードした、インディケーターとテンプレートを使用したチャートです。メタトレーダー4で表示可能です。

なかなか派手なチャートになりましたが、使用しているテクニカルは、ストキャスティクスのみです。他のテクニカルは一切使用しません。

19本ものストキャスが描くパターンに注目

パラメーターをずらした複数のストキャスティクスを重ねて表示してあります。メインウィンドウ、サブウィンドウ共に19本ものストキャスが表示されています。この複数のストキャスが描くパターン(デザイン)で、トレードを行おうというアイデアです。

spudfyre氏が厳選したストキャスのパターンは以下の3つです。

  • clam shell(ハマグリの貝殻)
  • fishnet(漁網)
  • rope(ロープ)

一つ一つ見ていきましょう。まず、clam shell(ハマグリの貝殻)は以下のパターンを指します。

clam shell

clam shell

拡散した複数のストキャスが一気に収束に向かう部分をclam shell(ハマグリの貝殻)と呼んでいます。clam shellは、ロープへの前兆でもあります。

次にfishnet(漁網)です。

fishnet

fishnet

何となくイメージできますね。ストキャスが網(アミ)の目のように、絡んだ部分です。

そして最後のrope(ロープ)。

rope

rope

19本のストキャスが1本のロープのように収束している部分を指します。

主にこれらの3つのパターンを確認して状況に応じてトレードを行う手法、それがSpuds Stochastic Thread Theoryです。

”ロープ” の出現は強力なシグナル

フォーラムでは、様々なパターン変化でのトレード手法が紹介されていますが、最も信頼できて確度の高いパターンは「ロープ」パターンです。19本のストキャスが一気に収束し、1本のロープを形成する瞬間です。

rope

rope

このときは、必ずレートが「ギュンッ」と動きます。指標発表時などにはよく現れます。

レートの初速を捉える

過去チャートですが、いくつかご覧下さい。

ロープ01

rope-1

ロープ02

rope-2

ロープ03

rope-3

ロープ04

rope-4

いかがでしょうか?レートが一気に大きく動くときには、19本のストキャスが1本のロープ状に収束しています。そして、レートの動きが長いときもロープが長くなります。4つめのチャートはロープが連続していますね(V字状になっている箇所)。

このロープ状態はそれなりに確度が高いのですが、滅多に出現しません。15分足では1時間に1回あるかないか、くらいの程度です。

ですので、1通貨ペアのみよりも複数通貨ペアを同時監視する方が効率的です。

テクニカルの遅効性の問題

ストキャスに限らず、大抵のテクニカル指標は、過去のレートの値をベースに算出して表示されるため、「レートが動くからこそテクニカル指標も動く」…つまり「テクニカルの遅効性」が存在します。

今回紹介する、Spuds Stochastic Thread Theoryは、その弱点をできるだけ小さくする工夫がなされています。それがパラメーターを少しずつずらしたストキャスです。

そして、それぞれのストキャスが瞬間的にロープ状になるということは、マーケットに瞬間的に大きな変化が起きたことを知らせてくれます。この瞬間的なレートの勢い(初速)をビジュアルで表現してくれるのが、Spuds Stochastic Thread Theoryのメリットであると、私は考えています。

掲載したチャートは15分足ですのでローソク足1本が15分です。ロープが収束したのを確認してから飛び乗っても十分間に合います。15分足だけでなくもっと大きな時間足(30分、1時間~)でも使えます。

もちろんダマシもあります

実際に使用してみるとダマシもあります。瞬間的にロープ状を形成しても、その後レートがグダグダになれば、ストキャスロープもすぐに解けます。

では全く使えないのか?というとそうではありません。何故なら瞬間的なレートの勢いは、スキャルトレーダーにとっては強力な武器になるからです。

ストップ狩りに便乗する

瞬間的にレートが「ギュン」と動く背景には、様々な要因がありますが、経済指標発表時以外で比較的多いのは、あるポイントに集中しているストップが、一気に狩られる瞬間です。直近の高値や安値から数pips話したポイントにストップは集中しやすい傾向にあります。そして、それらを狙う動きも当然存在します。

ストップが集中しているポイントを上手く狩れたときには、多くのストップを巻き込んで、レートが「ギュン」と動きます。最初から、ストップが集まっていそうなポイントを絞ることができれば、狙いを定めることができます。狩られた瞬間に「ギュン」と動き、ロープ状になります。

瞬間的なレートの勢い(初速)をビジュアル的に把握できることは、優位性に繋がると考えます。

粗さは残るが可能性を感じさせる

まだまだ粗さは残る手法(ロジック)ですが、非常に可能性を感じさせる、面白いアイデアだと思います。初速を捉えるスキャルトレーダーであれば、試してみて損はないと思います。

これだけで使用するよりも、他のロジックと組み合わせることで、さらにトレードの確度を高めることもできそうです。

ご自身の手法や、他の商材(スキャル系や、ライントレード系など)と組み合わせれば、ダマシを回避できて、なおかつ瞬間的なトレンドの初速を捉えることができるかもしれません。

無料で使えますので、気になる方は、ダウンロードしてみて下さい。原文はこちらから。

テンプレート等のダウンロードはこちらから。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない
儲かってるのに出金できない!? 海外FX取引をめぐるトラブル

海外ブローカーが出金させてくれない(泣) 先日の記事に引き続き、海外ブローカーでのトラブルをご紹介します。まずは、国民生活センターの記事をご覧ください。 儲かってるのに出金できない…

FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】
【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。NHKニュースによれば、トラブルの…

trading made simple01
Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

Trading Made Simpleという手法 今回も、前回に引き続き、海外フォーラムからの手法をご紹介します。Trading Made Simpleです。FOREXFACTOR…

暴れん坊将軍「トルコリラ」がまたもご乱心で”殺戮ショー”を繰り広げる…
暴れん坊将軍「トルコリラ」がまたもご乱心で”殺戮ショー”を繰り広げる…

悪童「トルコリラ」が再び大暴れして死亡者続出… 目を疑うような急落ぶりを見せたトルコリラ。2018年8月10日(金曜日)お昼に始まったトルコリラの下落は、その後一気に大暴落へと向か…

【MQL5】あなたがインジケーター好きなら必見のサイトだ!
【MQL5】あなたがインジケーター好きならば”必見”のサイトだ!

日本特有の「FX情報商材」というガラパゴス市場 クロスリテイリング社が毎月のように新商材をリリースするようになって久しいですね。あるFX商材のプロモーションが終了したと思ったら、す…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
悪質な投資助言代理業者に制裁を加えるには?

投資助言代理業者の増加 最近は、FX情報商材販売業者でも、投資助言代理業登録業者が増えてきましたね。投資助言代理業への登録は簡単ではありません。登録には半年~1年位かかりますし、5…

第3回リアルトレード24グランプリにガッカリ
【疑問】みんなのクレジットの謝罪文章はなぜ画像で作成されているのか?

【みんなのクレジット】勧告→行政処分 ずさんな経営体制によって勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、先月(2017年3月)末に、正式に行政処分となりました。 【業務停止命令】み…

【詐欺】金銀投資商材で”虚偽広告”のジパング、9億円の荒稼ぎ【金と銀プロジェクト】
【詐欺】金銀投資商材で”虚偽広告”のジパング、9億円を荒稼ぎ【金と銀プロジェクト】

情報商材業者「ジパング」による詐欺事件勃発か? 4000人から9億円も集めたが、ジパングの宣伝文句は全て「虚偽」だった 投資系情報商材業者「ジパング」の金銀運用商材『金と銀プロジェ…

8000万円を横領、FXで溶かした郵便局員を逮捕

郵便局員が8000万円超を横領してFX投資・・・ またまた横領&FX投資という残念な事件が発生しました。今回は郵便局員(千葉県茂原市、本納郵便局)です。 1300万円に加え、余罪と…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】
金融庁が悪質ブローカーを本気(マジ)で潰しにかかってきた件

最大1億円の過怠金を含むFX業者規制内容とは? 金融庁が、悪質FXブローカーの取り締まりに本気を出します。2013年5月31日(金)の日本経済新聞ニュースです。 FX取引、売買価格…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
為替予約取引の経験を活かして6ヶ月で5000万円を稼いだ方法

為替予約取引の経験をFX取引に活かす 為替予約取引をご存知でしょうか?為替予約取引とは、企業等が為替リスクを軽減するために、予め条件を決めて為替の売買を行なうことをいいます。為替先…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・
投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7…