【海外フォーラム】 Spuds Stochastic Thread Theoryでストップ狩りに便乗する

海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

ストキャスを使ったアイデア満載のロジック

本日は、趣向を変えて海外の面白いストラテジー(ロジック)をご紹介します。引用元はFOREX FACTORY(海外フォーラム)です。

海外フォーラムには、本当に面白い手法がたくさん紹介されています。トレードが暇なときなどに読んでいると、ついつい引き込まれてしまいます。

今回ご紹介するのは「Spuds Stochastic Thread Theory」。こちらから原文を読めます。

spudfyre氏のオリジナル手法でストキャスを使用しています。

フォーラムはそれほど盛り上がっていないのですが、独特のアイデアに興味を持ちました。ロジックとしては、まだ粗さが目立ちますが、誰でも簡単に再現できて、相応の優位性も感じることができましたので取り上げてみます。

まずは実際の画像をご覧下さい。※チャート画像で使用しているテンプレートは、以下のURLからダウンロードしたものを使用しています。

ストキャスロープチャート画像

ストキャスロープチャート画像

上記画像は、FOREX FACTORY内の該当スレッドからダウンロードした、インディケーターとテンプレートを使用したチャートです。MetaTrader4で表示可能です。

なかなか派手なチャートになりましたが、使用しているテクニカルは、Stochastics(ストキャスティクス)のみです。他のテクニカルは一切使用しません。

19本ものストキャスが描くパターンに注目

パラメーターをずらした複数のストキャスティクスを重ねて表示してあります。メインウィンドウ、サブウィンドウ共に19本ものストキャスが表示されています。この複数のストキャスが描く様々なパターン(デザイン)で環境認識をビジュアル的に把握してトレードをおこなうというアイデアです。

同一のテクニカルを複数本重ねて表示させるアイデアはほかにもあります。代表的なのはGMMAです。GMMAは12本(短期6本+長期6本)の移動平均線を重ねて表示させ、トレンドの強さや状態を把握するストラテジーです。

さてSpuds Stochastic Thread Theoryにおいて、spudfyre氏が厳選した特徴的なパターンは以下の3つです。

  1. clam shell(貝殻)
  2. fishnet(漁網)
  3. rope(ロープ)

一つ一つ見ていきましょう。まず一番目のclam shell(貝殻)は以下のパターンを指します。

clam shell

clam shell

拡散した複数のストキャスが一気に収束に向かうパターンをclam shell(貝殻)と呼んでいます。clam shellは、ロープ(3番)への前兆でもあります。

次にfishnet(漁網)です。

fishnet

fishnet

何となくイメージできますね。複数のストキャスが網(アミ)の目のように、絡んだ部分をfishnet(漁網)と名付けています。

そして最後のrope(ロープ)

rope

rope

19本のストキャスが1本のロープのように収束している部分を指します。

主にこれらの3つのパターンを確認して状況に応じてトレードを行う手法、それがSpuds Stochastic Thread Theoryです。

”ロープ” の出現は強力なシグナル

フォーラムでは、様々なパターン変化でのトレード手法が紹介されていますが、最も信頼できて確度の高いパターンは「ロープ」パターンです。19本のストキャスが一気に収束し、1本のロープを形成する瞬間です。

rope

rope

このときは、必ずレートが「ギュンッ」と動きます。指標発表時などにはよく現れます。

レートの初速を捉える

過去チャートですが、いくつかご覧下さい。

ロープ01

rope-1

ロープ02

rope-2

ロープ03

rope-3

ロープ04

rope-4

いかがでしょうか?レートが一気に大きく動くときには、19本のストキャスが1本のロープ状に収束しています。そして、レートの動きが長いときもロープが長くなります。4つめのチャートはロープが連続しています(V字状になっている箇所)。

このロープ状態はそれなりに確度が高いのですが、滅多に出現しません。15分足では1時間に1回あるかないか、の程度です。ですので、1通貨ペアのみよりも複数通貨ペアを同時監視する方が効率的です。

テクニカルの「遅効性」の問題

ストキャスに限らず大抵のテクニカル指標は、過去のレートの値をベースに算出して表示されるため、「レートが動くからこそテクニカル指標も動く」…つまり「テクニカルの遅効性」が存在します。

今回紹介するSpuds Stochastic Thread Theoryは、その弱点をできるだけ小さくする工夫がなされています。それがパラメーターを少しずつずらした19本ものストキャスを重ねて表示するというアイデアです。

そして、それぞれのストキャスが瞬間的にロープ状になることで、マーケット上で瞬間的に大きな変化が起きたことを知らせてくれます。この瞬間的なレートの勢い(初速)をビジュアルで表現してくれるのが、Spuds Stochastic Thread Theoryの最大のメリットであるといえます。

掲載したチャートは15分足ですのでローソク足1本が15分です。ロープが収束したのを確認してから飛び乗っても十分間に合います。15分足だけでなくもっと大きな時間足(30分、1時間~)でも使えます。

「ストップ狩り」に便乗する

実際に使用してみるとダマシもあります。瞬間的にロープ状を形成しても、その後レートがグダグダになれば、ストキャスロープもすぐに解けます。では全く使えないのか?というとそうではありません。何故なら瞬間的なレートの勢いは、スキャルトレーダーにとっては強力な武器になるからです。

瞬間的にレートが「ギュン」と動く背景には、様々な要因がありますが、経済指標発表時以外で比較的多いのは、あるポイントに集中しているストップが、一気に狩られる瞬間です。直近の高値や安値から数pips話したポイントにストップは集中しやすい傾向にあります。そして、それらを狙う動きも当然存在します。

ストップが集中しているポイントを上手く狩れたときには、多くのストップを巻き込んで、レートが「ギュン」と動きます。最初から、ストップが集まっていそうなポイントを絞ることができれば、狙いを定めることができます。狩られた瞬間に「ギュン」と動き、ロープ状になります。

瞬間的なレートの勢い(初速)をビジュアル的に把握できることが、優位性に繋がります。

粗さは残るが「可能性」を感じさせるストラテジーだ

まだまだ粗さは残る手法(ロジック)ですが、非常に可能性を感じさせる、面白いアイデアです。初速を捉えるスキャルトレーダーであれば、試してみて損はないと思います。もちろん、これだけで使用するよりも、他のロジックと組み合わせることで、さらにトレードの確度を高めることもできそうです。

ご自身の手法や、他の商材(スキャル系や、ライントレード系など)と組み合わせれば、ダマシを回避できて、なおかつ瞬間的なトレンドの初速を捉えることができるかもしれません。

無料で使えますので、気になる方は、ダウンロードしてみて下さい。原文はこちらから。

テンプレート等のダウンロードはこちらから。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【被害総額20億円】他人任せの「私募ファンド」が信用できない理由
「ココナラ」がいつの間にか「詐欺情報」の巣窟と化していて救いようがない

「ココナラ」がもはや「詐欺情報」の巣窟と化している 「ココナラ」というサービスをご存知でしょうか? ココナラ公式サイト 「ココナラ」はインターネット上で知識・スキル・経験を自由に売…

【奥さん不憫】借金200万円返済中に新たな借金で「FX」を再開する旦那がもはや笑えないレベルに酷い

借金200万円を「返済中」に新たな借金をして「FX」を再開するサムさんに一同呆れ返る 以前このブログで紹介した「FXで750万円の損失を出したサム」さん。 【家庭崩壊】FX 750…

キプロスがEUを離脱すればFX業者は大打撃!
キプロスがEUを離脱すればFX業者は大打撃!

預金の25%が棒引き(課税)される! キプロスの預金封鎖第一報から、すでに1週間経過しました。 ”キプロスで預金封鎖” の余波 キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー キプロ…

【懲役14年】シンフォニー投資詐欺事件に判決【追徴金14億円】

シンフォニー投資詐欺事件主犯に対し懲役14年の判決 このブログで何度もお伝えしてきた「シンフォニー」事件ですが、ようやく判決が出ました。 懲役14年と非常に重たい判決です。 FX投…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件
60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したので…

牛乳配達のおじさん、投資詐欺で逮捕wwwwwwwwwwww
牛乳配達のおじさん、投資詐欺で逮捕wwwwwwwwwwww

牛乳配達のおじさん、投資詐欺で逮捕wwwwwwwwwwww 牛乳配達員(69歳)が投資詐欺で逮捕、さいたま地裁にて懲役4年の有罪判決をうけました。 投資詐欺で逮捕された牛乳配達営業…

TFAI インパルス 【検証とレビュー】
【深い闇】シンフォニー事件いよいよ立件へ【消えた50億円】

闇が深いシンフォニー事件(FX海外投資事件)のその後 シンフォニー事件については、このブログでも何度か取り上げています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー…

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第2…

【不信】ハイローオーストラリアが”レート操作疑惑”?
【不信】ハイローオーストラリアが”レート操作疑惑”?

ハイローオーストラリアの”レート操作疑惑” BOブローカーの「ハイローオーストラリア」のレートがFXCMと違う…という疑問がヤフー知恵袋に投稿されています。 ハイローオーストリアの…

ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した
ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した

ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した 著名ブロガーHagex氏が、講演後に刃物で刺殺されるという事件が起きました。引き金はネット上のト…

そう遠くない未来、中国で為替取引が緩和される「Xデー」が訪れる

70万人の”在日中国人”がFX取引に参入 東洋経済ONLINEに興味深い記事を見つけました。 在日中国人がFX取引に「ハマっている」理由〜いずれは「ミセスワタナベ」を超える日が来る…

えっ!『高勝率トレード学のススメ』を読んでないの?ウソでしょ?

FXトレーダー必読の良書がいまなら無料で読める! お得な情報です。投資本の中でも指折りの良書と呼ばれる『高勝率トレード学のススメ』がAmazonのKindle Unlimitedで…