2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

ボリバンを平坦化して表示させる『BBflat_sw.mq4』を紹介するよ!

BBflat_sw.mq4

BBflat_sw.mq4

ボリンジャーバンドとローソク足(ラインチャート)を、平坦化(フラット化)したセンターラインに合わせて再描写したインジケーター『BBflat_sw.mq4』

ボリンジャーバンドをサブウィンドウで表示させる面白いインジケーターを紹介しますね。

『BBflat_sw.mq4』です。ダウンロードは以下のURLからどうぞ。無料です。

ボリバンをサブウィンドウに表示?と疑問に思いますよね。百聞は一見にしかず、さっそくご覧ください。

BBflat_sw.mq4

BBflat_sw.mq4

サブウィンドウに表示されているインジケーターが『BBflat_sw.mq4』です。本来はメインウィンドウにローソク足に重ねて表示されるボリバンが、サブウィンドウに分離されています。

実際のボリンジャーバンドとどのように連動しているのか、メインチャート側にもボリバンを表示させてみましょう。

メインチャートにボリンジャーバンドを表示させてみる

メインチャートにボリンジャーバンドを表示させてみる

メインチャートに表示させているボリバンのパラメーターは以下の通り。

  • 期間=20
  • 偏差=プラスマイナス2σ(シグマ)

どうですか?同じですよね。『BBflat_sw.mq4』はボリバンのセンターライン(移動平均線)を、その名の通りflat(フラット)にしている点が特徴的ですよね。

『BBflat_sw.mq4』に表示されている黄色い折れ線グラフ、これもわかりますよね。ローソク足をラインチャートで表示させたものです。

メインチャートのローソク足をラインチャート表示させてみるとわかります。

ローソク足をラインチャートで表示させてみた

ローソク足をラインチャートで表示させてみた

これで完全に一致したことがわかりますね。ボリンジャーバンドとローソク足(ラインチャート)を、平坦化(フラット化)したセンターラインに合わせて再描写したものが『BBflat_sw.mq4』であると理解できるはず。

海外のインジケーターですが、海外トレーダーはほんとうに面白いことを考えますね。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

『BBflat_sw.mq4』のパラメーター設定を解説

では『BBflat_sw.mq4』のパラメーター設定を解説していきます。といっても基本的にはボリンジャーバンドと同じです。

BBflat_sw.mq4|パラメーター設定

BBflat_sw.mq4|パラメーター設定

  • period…移動平均線の期間
  • shift…バンドを右に何本移動させるか
  • methood…移動平均線の種類
  • price…移動平均線の計算に使用する価格データ
  • deviation…標準偏差

「methood」は移動平均線の種類ですね。それぞれ以下の数値を指定します。

  • 単純移動平均線(SMA)を指定するならば「0」
  • 指数平滑移動平均(EMA)を指定するならば「1」
  • 平滑移動平均線(SMMA)を指定するならば「2」
  • 線形加重移動平均線(LWMA)を指定するならば「3」

デフォルトは「0」、つまり単純移動平均線(SMA)

「price」は移動平均線の計算に使用する価格データです。それぞれ以下の数値を指定します。

  • 終値を使う場合は「0」
  • 始値を使う場合は「1」
  • 高値を使う場合は「2」
  • 安値を使う場合は「3」
  • 中央値を使う場合は「4」…(高値+安値)÷2
  • 代表値を使う場合は「5」…(高値+安値+終値)÷3
  • 加重終値を使う場合は「6」…(高値+安値+終値+終値)÷4

デフォルトは「0」、つまり終値計算です。

『BBflat_sw.mq4』の具体的な使い方については後日考察する予定

『BBflat_sw.mq4』がボリバンと同じであることはわかりましたね。

ただ、どうしてローソク足とは異なるウィンドウに分けて表示させるのか?どんな利点があるのでしょうか?その辺りについては、あらためて後日、考察してみたいと思います。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら