当ブログのオリジナル特典はこちら

BBands Stop.mq4とはどのようなインジケーターか?詳しく解説するよ!

BBands Stop.mq4とはどのようなインジケーターか?詳しく解説するよ!
BBands Stop.mq4とはどのようなインジケーターか?詳しく解説するよ!
BBands Stop.mq4とはどのようなインジケーターか?詳しく解説するよ!
BBands Stop.mq4とはどのようなインジケーターか?詳しく解説するよ!

BBands Stop.mq4とはどのようなインジケーターか?

本日取り上げるのは、BBands Stop.mq4。ビーバンド(ズ)ストップです。

BBands Stop.mq4
BBands Stop.mq4

BBands(ビーバンズ)とは、ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)の略です。

B Bands ← Bollinger Bands

つまりBBands Stop.mq4は、ボリバンをベースに使用したインジケーターなのですね。

チャートを見るとわかるとおり、トレンドの向き(上昇or下落)に応じて、点と点をつなげたラインがローソク足の上下にプロットされます。

  • 上昇…ローソク足の下側にラインが描写(=グリーン色
  • 下落…ローソク足の上側にラインが描写(=オレンジ色

BBands Stop.mq4はどのような仕組みでラインを描写しているのか?

さて、BBands Stop.mq4がボリンジャーバンドをベースにしていると言われても、一体どのような仕組みでラインを描写しているのか?知りたいですよね。詳しく解説していきます。

実は、BBands Stop.mq4にボリンジャーバンドを重ねれば、その仕組は一発で理解できます。

実際に重ねてみましょう。こちらのチャート図をご覧ください。

BBands Stop.mq4に ボリンジャーバンドを重ねてみる
BBands Stop.mq4にボリンジャーバンドを重ねてみる

ボリンジャーバンドのパラメーターは以下の通り。

  • 期間…20
  • 偏差…2.0

そしてBBands Stop.mq4のパラメーターはこちら。

  • 期間…20
  • 偏差…2.0

期間20、偏差2.0で合わせたので、上のチャート図のように、ラインがほぼぴったり重なります。

BBands Stop.mq4とボリンジャーバンドのラインが重なる
BBands Stop.mq4とボリンジャーバンドのラインが重なる

ん? ラインが重なってないところあるけど…?

あれ、一部ラインが重なっていない箇所がありますね…。

ラインが重なっていない
ラインが重なっていない

上のチャート図では3箇所、ラインがズレてしまっているところがあります。ボリンジャーバンドは下側に膨れ上がっているのに、BBands Stop.mq4のグリーンラインは水平のままです。

下落トレンド時も確認してみましょう。

ボリバンは上側に膨らんでいるが BBands Stop.mq4は水平
ボリバンは上側に膨らんでいるがBBands Stop.mq4は水平

実は、この違いがBBands Stop.mq4の最大の特徴なのです。決して後退しないテクニカル指標は、なにが良いのか?で解説しましたが、BBands Stop.mq4も、新値を前値より後退させないという計算ルールがあるのですね。

※正確には、(上昇の場合)1本前の値と現在の値を比較して現在値が1本前の値より小さい場合は、1本前の値をそのまま現在値に代入する…という計算をおこなっています。

結果的に、上昇時にボリバンが下がっても、BBands Stop.mq4の値(ライン)は、直近の値と同値を表示させる(つまり水平を描く)のです。パラボリックSARSupertrendと同じ仕組みですね。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

ローソク足がラインをブレイクしたタイミングで切り替わる

もう一つのルール。ラインの色の切り替えは、ローソク足がそのラインを上抜け・下抜けしたタイミングです。つまりラインのブレイクアウトですね。

ローソク足がラインを ブレイクしたタイミングで ラインが逆転
ローソク足がラインをブレイクしたタイミングでラインが逆転
ラインブレイクアウトで切り替え
ラインブレイクアウトで切り替え

既存のラインをローソク足がBreakoutすると、既存ラインは消えて、逆側のラインが現れます。

BBands Stop.mq4のパラメーターについて解説するよ

BBands Stop.mq4のパラメーターもチェックしておきましょう。

BBands Stop.mq4のパラメーター設定について
BBands Stop.mq4のパラメーター設定について

上2つのパラメーターはボリンジャーバンドと全く同じです。つまり…

  • Length(ボリバンの期間)…20
  • Deviation(ボリバンの標準偏差)…2.0

その下のMoneyRiskですが、これは基準ライン(ボリバンのライン)位置からどれくらい描写ラインを離すか…という設定ですね。デフォルトの1で問題ありません。この値を大きくすると、描写ラインのプロット位置が基準ラインから離れていきます。

SignalLineいう項目も初期設定のままで問題ありません。Signalは以下の3つが選べます。

  • 0…各値にドットのみ(ストップラインのみ表示)
  • 1…デフォルト、始点の大ドット(切り替えシグナルを表示)、各値にドット
  • 2…始点の大ドット(切り替えシグナル)のみを表示

Lineは以下の2つが選択可能。

  • 0…ラインを表示させない(ドットのみの表示)
  • 1…ドット間にラインを表示させる

最後のNbarsは、このインジケーターを過去足何本まで表示させるか?という項目。初期設定では1000本ですね。1万本にすればもっと過去までさかのぼってBBands Stop.mq4を表示させることができます。

まとめ|BBands Stop.mq4の概念は3つ

BBands Stop.mq4の概略は以下の3つに集約されます。

  1. ボリンジャーバンドの偏差ライン(プラス・マイナスシグマ)をベースにしている
  2. ブレイクアウトで、ライン切り替えをおこなう
  3. ラインの新値は、前値より後退させない

これだけです。

BBands Stop.mq4って意外とシンプルってことがわかりますよね。

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら