当ブログのオリジナル特典はこちら

決して後退しないテクニカル指標は、なにが良いのか?

ラインは決して”後退”しない|Supertrend.mq4
ラインは決して”後退”しない|Supertrend.mq4
決して後退しないテクニカル指標は、なにが良いのか?
決して後退しないテクニカル指標は、なにが良いのか?

パラボリックSARとSupertrendって似てるよね?

連日取り上げているSupertrendですが、似たようなツールとしてパラボリックSARと比較されることがあります。ちなみに、2つのテクニカル指標を同じチャートに設定するとこんな感じ。

Supertrend.mq4
Supertrend.mq4
ParabolicSAR.mq4
ParabolicSAR.mq4

同じようなツールにBBands Stop.mq4などもありますね。BBands Stop.mq4はこちら。

BBands Stop.mq4
BBands Stop.mq4

BBands Stop.mq4の見た目は、パラボリックSARSupertrend.mq4をミックスしたような感じです。

上の3つを比較すると、ライン描写のロジックが異なることはわかるのですが、なんとなく”同じ仲間”に見えますよね。その理由はひとつ。

値を決して”後退”させないという計算ルール

3つの異なるインジケーターが似ているのには理由があります。それは、どのインジケーターも”決して後退しない”という共通点があるからです。

ラインは決して”後退”しない|Supertrend.mq4
ラインは決して”後退”しない|Supertrend.mq4

例えば、上昇トレンド時はローソク足の下にラインやドットが描かれますよね?ローソク足から一定の距離を保ちながら、ローソク足の下方に描写されます。

これらのラインやドットは必ず1本前の値より上昇しているか、もしくは同値(つまり平行線)ですよね。たとえローソク足が下落していても、これらのラインやドットはローソク足に合わせて下に下がることはありません。つまり、後退しないのです。

ドットは決して”後退”しない|ParabolicSAR.mq4
ドットは決して”後退”しない|ParabolicSAR.mq4
ラインは決して”後退”しない|BBands Stop.mq4
ラインは決して”後退”しない|BBands Stop.mq4

上のチャート図では上昇トレンド中に値が下落している箇所が2つありますよね。ところが各インジケーターの値は下がっていません。上昇しているか平行線のままです。絶対に下がらないのです。

こうした特徴を有するテクニカル指標は、(上昇の場合)前日の値より下げてはいけない(下がる場合は同値を使用する)という計算上のルールが適用されています。

結果的に、上昇トレンド時は常に値が上昇し続ける(もしくは前日と同値)となるわけです。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

SLの目安に使われることが多い

この手の(後退しない)テクニカル指標は、その特徴からSL(ストップロス)の目安に使われることが多いです。本来はトレンドの方向を見定めるツールですが、値が後退しないため、トレーリングストップの目印になりやすいのですね。

特にパラボリックSARは、価格の動きが速ければ速いほどSAR(ドット)と価格間の収束が速くなるため、時間経過とともにレートに追随する速度も加速度的にアップします。そのためパラボリックSARをSL(トレーリングストップ)目安として使うトレーダーは多いです。

パラボリックSARの時間機能
パラボリックSARの時間機能
パラボリックSARの価格機能
パラボリックSARの価格機能

レートの戻しによる含み益損傷を最小限に抑えるためにもトレーリングストップは積極的に活用しよう

せっかく利益が乗ったトレードでも、レートの戻しで含み益の大半を失ってしまうことはよくありますよね。そんなときにこそトレーリングストップを積極的に活用するべきです。

ただ、SLをどこまで引き上げればよいのか迷うこともあります。そんな時に”決して後退しないインジケーター”を使ってSLの目安とするのは極めて有効です。インジケーターに合わせてSLを段階的に切り上げていくことで万が一急激にレートが逆行しても、含み益を守ることができます。

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら