FX商材

FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極【検証とレビュー】

FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【購入レビュー】 FX商材

S評価

FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極【購入レビュー】

FX業界では知名度の高い岡安盛男氏が、FX情報商材業界に参入です。詐欺まがいの商材が平気で売られているFX情報商材マーケットに、久々にまともな業界人が登場した感があります。

岡安盛男のFX 極
FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極
販売:株式会社TKトレード
メディア:PDFテキスト・動画
発売日:2017年8月16日
公式サイト:https://okayasu-morio.com/kiwami/

”ガチ勢”がFX情報商材市場に参戦!「岡安盛男」氏とはどんな人物?

ついに大物(”ガチ勢”)が参入してきた!と、FX情報商材業界が騒然としました。その人物とは岡安盛男氏(満67歳)。

偽名・ペンネームだらけのFX情報商材業界において、正真正銘の本名(=岡安盛男)での参入です。自信があることの裏付けなのでしょう。彼の輝かしい経歴をざっくりと紹介します。

岡安盛男|経歴

  • 1979年…アムロ銀行(現ABN Amro Bank|オランダ・アムステルダム)入行|アービトラージディーラーとして活躍|マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる
  • 1983年…RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長に就任
  • 1985年…Westpac(ウエストパック銀行|オーストラリア)にシニア為替ディーラーとして入行
  • 1988年…Westpac(ウエストパック銀行|オーストラリア)ロンドン支店にてスポットとカスタマーディーラを担当
  • 1994年…インドスエズ銀行(現Crédit Agricole S.A.|フランス)にチーフカスタマーディーラーとして入行|大手メーカー・商社相手に為替アドバイスをおこなう
  • 2000年…マネックスFX(マネックス証券)・フォレックス・ドットコムジャパン株式会社にてチーフアナリストとして活躍
  • 2021年現在…レグザムフォレックス合同会社設立、代表取締役就任|ラジオ日経にて自身の番組「岡安盛男のFXトレンド」を持つ|日経CNBC にも出演

ご覧の通り、オランダ、カナダ、オーストラリア、フランスと、海外のそうそうたる海外金融機関をトレーダー(ディーラー)として渡り歩いてきた強者(つわもの)です。まともな経歴すら提示できないいんちきトレーダーとは、格が違いますね。

岡安盛男氏は複数のFX著書も出版しています。

岡安盛男|著書

すべての書籍にて自身の名前「岡安盛男」をタイトルに入れています。「岡安盛男」というブランディングに力を注いでいることがわかりますね。

「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極」はどんなFX商材か?

さて、正真正銘の実力派トレーダーが提供するFX手法、非常に気になりますよね。ここから『岡安盛男のFX 極』の概略を解説していきます。

早朝にワナを仕掛けて放置するだけの”IFDOCO型トレード”

「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極」をワンフレーズで表現するなら「早朝IFDOCO型トレード」となります。

手法概略

  1. 朝一でチャートを確認しルール通りに逆指値注文を入れる(IFD注文)
  2. 同時にTP(利確ポイント)とSL(損切りポイント)を設定する(OCO注文)
  3. 利確もしくは損切りするまで完全放置(チャートは一切見ない)

早朝に全ての設定作業(チャート確認から注文まで)をおこない、その後は完全放置します。注文スタイルはIFDOCO(IFDO、IFOCO、IFOとも呼ばれる)注文です。設定作業後に、逆指値注文が刺さればポジションが自動で建てられ(IFD注文)、その後OCO注文によって利益確定もしくは損切りが行われるというものです。

IFDOCO注文(IFOCO、IFO注文)について詳しく解説するよ!

IFDOCO注文(IFOCO注文)は、上で解説したIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

IFOCO注文 = IFD注文 + OCO注文

IFOCO注文を、『IFO注文』と短縮して呼ぶ場合もあります。

新規注文と同時に、2種類の決済注文(利益確定注文=指値注文、損失限定注文=ストップ注文)を同時に出すことができる注文方法です。片方の決済注文が約定すると、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

具体的な例で解説します。

IFOCO注文(IFO注文)

IFOCO注文(IFO注文)

上の例はUSD/JPY(ドル円)をモデルにしています。

現在レートは101円とします(一番左端)。ここでの相場予測は、レートが一旦下落した(押し目をつけた)あとに、再び上昇するのでは?と考えます。

そこでレートが100円の押し目をつけたタイミングで「買いENTRY」し102円まで上昇したら利確したいと考えます。一方で、予想に反して下落した場合は、99円のポイントにSL(ストップロス)を置いておきます。ここまでが101円(一番左端)時点での、トレードシナリオです。

これらのシナリオを『IFOCO注文(IFO注文)』ならば、すべて同時に注文可能なのです。つまり…

  1. 100円で新規指値買い(エントリー予約)
  2. 102円で決済指値売り(利益確定)
  3. 99円で決済逆指値売り(損切り)

上の3つの注文をIFOCO注文(IFO注文)によって、101円のタイミングでワンセットで設定できるわけです。

IFOCO注文(IFO注文)を分解してみる

IFOCO注文(IFO注文)注文は、3つの注文がセットになっています。

IFOCO注文(IFO注文)

IFOCO注文(IFO注文)

  1. 100円で新規指値買い(エントリー予約)
  2. 102円で決済指値売り(利益確定)
  3. 99円で決済逆指値売り(損切り)

わかりやすく分解してみましょう。まずは①番。

  • 100円で新規指値買い(エントリー予約)

『100円で新規指値買い』の新規注文約定と同時に、決済注文が自動的に発動される、これがIFD(IF-DONE)注文でしたね。『100円で新規指値買い』が約定しない限り、その後の決済注文の発動もありません。次に②番と③番。

  • 102円で決済指値売り(利益確定)
  • 99円で決済指値売り(損切り)

この2つの注文がOCO注文です。2つの異なる注文を同時に入れておき、一方の注文が刺さったら、もう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。

『102円で決済指値売り=利確』注文が約定すれば、『99円で決済指値売り=損切り』注文は自動的にキャンセルされます。逆に『99円で決済指値売り=損切り』注文が約定すれば、『102円で決済指値売り=利確』注文は自動的にキャンセルされます。

これらの複雑な注文方法を『IFOCO注文(IFO注文)』を使えば、ワンセットで発注できるわけです。

引用:FXで勝ちたいならIFOCO注文(IFO注文)だけでトレードしろ!

IFOCO注文(IFO注文)を取り入れることで、デイトレーダーやスキャルトレーダーのようにチャート画面に張り付いておく必要はありません。極めてストレスの少ないトレード手法です。

罠(ワナ)をしかけて獲物を狩る「Trap Trade」の一種だ

早朝IFDOCOトレードこそが「岡安盛男のFX 極」の真髄です。この種の手法は、Trap Trade(トラップトレード)などと呼ばれています。あらかじめ罠(トラップ)を仕掛けておいて、獲物を狩る「罠猟(わなりょう)」のようなイメージです。

Trap Trade(トラップトレード)には様々な種類(形態)があります。

Trap Trade

  • M2Jのトラリピ(トラップリピートイフダン)
  • 早朝に仕掛ける「Morning Trap Trade」
  • ロンドンタイム開始時のブレイクを狙う「LondonOpening」等…

共通するポイントは、先にIFO注文を設定しておき(=罠の設置)、獲物がトラップ(罠)にかかるのをひたすら待つということです。トラップ(罠)にかかれば利益or損失が出るまで放置です。トラップ(罠)にかからなければ、そのトラップ(罠)は回収し、翌日また罠を仕掛けます。

手順としてはとてもシンプルであり、毎日同じ作業を繰り返すだけです。優位性の高いロジックさえあれば、ストレスを抱えることなく容易に利益を積み上げていくことが可能です。

NY市場の大引けから調整ゾーンを経ての”トレンド再開”を狙い撃つ

ではどのようなロジックで罠(トラップ)を仕掛けるのか?主眼は直前まで開いていたNY市場にあります。

NY市場の大引けからアジア市場(東京市場)が始まる早朝にかけてのチャート分析によって、東京市場においてどちらにトレンドが出やすいかを判断します。そのうえで仕掛け(IDDOCO注文)を設定します。

NY〜東京|上昇トレンド

NY市場〜東京市場|上昇トレンド

NY市場〜東京市場|上昇トレンド

NY〜東京|下落トレンド

NY市場〜東京市場|下落トレンド

NY市場〜東京市場|下落トレンド

NY市場でのトレンドが大引けによって「調整」に入り、その後の明け(東京市場)でトレンドが再開することはよくある傾向です。こうした市場の性質(傾向)を利用したトレードです。

ラインを活用するチャートリーディングには相応の”裁量判断”が求められる

罠(IFDOCO注文)を仕掛けるまえに、5〜10分程度で直近NY市場の相場分析をおこないます。インジケーターは一切使わず、ラインを含めたテクニカル分析によって相場を見極めます。

ルールは明確ですが、相場の状況次第ではスルーしたり場合によっては逆方向への仕掛けをおこなうなど、臨機応変さが求められるロジックです。相応の裁量判断が必要とされる手法となります。

販売ページに掲載されている岡安盛男さんの実績(月平均60万円)を、誰もが再現できるわけではないことを理解しておく必要があります。

「押し目・戻り」逆指値注文、かつトレンド初速狙いだからこそ容易に利益を出しやすい

「岡安盛男のFX 極」での注文方法は、逆指値注文(IFD)です。つまり非常に深いところからトレンド初速を狙うわけです。

買いENTRY

買いENTRYで仕掛けるならば、谷底(=現在値よりも安いポイント)に逆指値(買い)を設定します。いわば押し目買いですね。

岡安盛男のFX極|買いトレード

岡安盛男のFX極|買いトレード

谷底に逆指値を設定しておくことで、少しのトレンド(戻し)で利益確定できます。損切りラインはその少し下(20〜30pips)となります。SLは直近の安値・高値を目安とします。

谷底に逆指値があるからこそ、損切り幅までの距離も小さくすることが可能になります。一方、逆指値が刺さらなければスルー(ENTRY見送り)です。

売りENTRY

売りで仕掛ける場合はその逆。山頂(=現在値よりも高いポイント)に逆指値(売り)を設定します。損切りラインはその少し上(20〜30pips)。

つまり戻り売りです。

岡安盛男のFX極|売りトレード

岡安盛男のFX極|売りトレード

逆指値(売り)がヒットすれば、あとはOCOでストップと利確が自動的に設定されることになります。つまり放置でOK。日中チャートを見る必要は一切ありません。

リスクリワードは1対2〜3

リスクが限定され、利益を容易に出しやすいトレードです。リスクリワードバランスも、損切り幅1に対し利益幅は2倍〜3倍です。損切り幅20〜30pipsに対して、目標利益は60〜90pipsです。損小利大ですね。

ENTRYが刺さらなければそのまま終了。刺さればTPもしくはSLどちらかが刺さるまで放置します。

深い谷底や山頂に逆指値を置いて、トレンドの初速を狙う。極めてロジカルかつ安全性の高い手法といえます。

その他の概要

その他のストラテジー概要は以下の通り。

その他の概要

  • 推奨通貨ペア:USD/JPY(米ドル円)・EUR/USD(ユーロドル)
  • 執行時間足:5分足
  • チャート分析時間足:1時間足(日足)
  • ENTRYのタイミング:平日朝9時まで
  • 損切り幅:30〜40pips
  • 利益幅:60〜90pips

FX極|購入者専用サイト

岡安盛男のFX極|購入者専用サイト

岡安盛男のFX極|購入者専用サイト

購入者専用サイトが用意されており、動画やPDFにて手法を学ぶことが可能です。基礎編も充実していてFX初心者でも安心して学習できる環境が提供されます。

また、慣れるまではやや煩雑に感じる手法のルールですが、1枚にまとめた早見表(トレードチェックポイントシート=PDF)が用意されているのも嬉しい心遣いです。

FX極|トレードチェックポイントシート

岡安盛男のFX極|トレードチェックポイントシート(PDF)

岡安盛男のFX極|トレードチェックポイントシート(PDF)

最初はこのチェックポイントシートを印刷してデスクの横に貼っておくなどして、確認しながらトレードを行うことをおすすめします。

岡安盛男のFX 極
FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極
販売:株式会社TKトレード
メディア:PDFテキスト・動画
発売日:2017年8月16日
公式サイト:https://okayasu-morio.com/kiwami/

「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極」の欠点

「岡安盛男のFX 極」のデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

トレードの醍醐味(エキサイティング)は一切ない

早朝(朝9時前)にチャート分析をおこない、IFDOCO注文を設定すれば、あとは完全放置です。逆指値が刺されば自動的に注文され、その後はOCOで決済まで自動的におこなわれます。長時間チャートを睨みながら切った張ったの勝負に喜びを感じるトレーダーにとっては、物足りなさを感じる手法です。

FX商材の欠点(デメリット)

ビッグトレンドは狙えないことを理解する

IFDOCO注文であるため、最初から利益幅(と損切り幅)は確定しています。どんなに大きなトレンドが発生したとしても、利益幅は最初から限定されます。放置型ストラテジーですので、この点は割り切りが必要ですね。

FX商材の欠点(デメリット)

裁量判断が大いに求められる手法であるため成績は人によってばらつきがある

早朝のチャート分析では、裁量判断が大いに求められます。ルールは明確に定められていますが、分析作業は簡単ではありませんし、各人のスキルが大きく影響します。10人いれば10人が別の判断をしてしまう可能性すらあります。誰もが岡安盛男さんと同じ成績を出せるわけではありません。マニュアルに沿って学習し、実践を通してスキルを向上していくことが求められる教材です。

FX商材の欠点(デメリット)

  • トレードの醍醐味(エキサイティング)は一切ない
  • ビッグトレンドは狙えないことを理解する
  • 裁量判断が大いに求められるため人によって成績のバラツキがある

「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極」の評価ポイント

次に「岡安盛男のFX 極」の評価できるポイントです。

FX商材の良点(メリット)

朝一番で注文作業が完了すれば完全に放置できる

早朝(朝9時前)にチャート分析をおこない、IFDOCO注文(IFO注文)してしまえば、あとは完全放置です。副業トレーダーや忙しい方には最適な手法といえます。チャートを眺める必要もないので、ストレスもほとんどありません。

FX商材の良点(メリット)

ローリスク・ローリターンかつ長期的に継続できる手法

平日、目が覚めたら直近NY市場を分析し、ルールに基づいてトラップ(IFO注文)を設置するだけ…この作業を毎日繰り返すだけです。

毎日、同じ市場(NY市場)を分析するので、分析能力は日を追う毎に高まるはず。継続すればするほどトレードの精度は向上します。

トラップ(IFO注文)を設置すれば、あとは放置です。相場のことは忘れて本業に集中できます。放ったらかしでも、早ければ午前中に、遅くともその日の夕方〜夜頃には勝敗が判定します(相場によっては日をまたぐケースもあります)。

莫大な利益は狙えませんが、リスクも極めて限定されるため、ローリスク・ローリターンの取引が可能になります。だからこそ長期的に淡々とトレードできるわけです。

FX商材の良点(メリット)

極めてロジカルかつ低リスクの手法はFX初心者でも取り組みやすい

NY時間の大引けから調整を経ての東京時間明けによるトレンド再開を狙う手法は、極めてロジカルです。また谷底での逆指値注文によって、トレンド初速(戻り)を狙うため、容易に利益を出しやすいことも初心者向けといえます。損切り幅も限定され、その一方で利益幅をある程度確保できるため、リスクリワードバランスに優れ、たとえ勝率が低くとも長期的に利益を積み上げていくことが可能です。

FX商材の良点(メリット)

海外金融機関を渡り歩いてきたプロが語る”ガチで優位性の高い稼げる手法”

海外金融機関をトレーダーとして渡り歩いてきたプロトレーダーだけが語ることのできる、ガチで稼げる手法です。やってることは地味ですが、でも優位性が高くて稼げるならばそれで良くないですか?

長年、海外金融でプロディーラーとして経験を積んできた岡安盛男氏が満を持してリリースしたFX手法です。もうそれだけで「買い」です。何度も述べますが、SNSに蔓延(はびこ)るいんちきトレーダーとは格が違います。

FX商材の良点(メリット)

  • 朝一番で注文作業が完了すれば完全に放置できる
  • ローリスク・ローリターンかつ長期的に継続できる手法
  • 極めてロジカルかつ低リスクの手法はFX初心者でも取り組みやすい
  • 海外金融機関を渡り歩いてきたプロが語る”ガチで優位性の高い稼げる手法”

「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極」総合評価

S評価

【結論】NY市場でのトレンドが翌日の東京市場で継続しやすい市場の性質を利用した”早朝IFOトレード手法”
朝一番でIFDOCO注文(IFO注文)を完了すれば、あとは完全に放置
副業トレーダーや忙しい人には最適な手法といえる
狙った目が出やすいサイコロを使って毎日サイコロを転がすだけの簡単トレードはストレスも少なく初心者向き
ただしサイコロの”優位性”を高めるためには経験と学習によってチャートリーディング能力を高めることが求められる

早朝(朝9時前)にワナを仕掛けるIFDOCO型トレード。

朝一番でIFDOCO注文(IFO注文)を完了すれば、あとは完全に放置。副業トレーダーや忙しい方には最適な手法といえます。チャートを眺める必要もないので、ストレスもほとんどありません。

ロジックは、NY市場の大引けから調整ゾーンを経ての”トレンド再開”を狙い撃つという王道順張りトレードとなります。

手順はとてもシンプルであり毎日同じ作業を繰り返すだけ。ストレスをほとんど抱えることなく、容易に利益を積み上げていくことが可能です。

別の言い方をすれば、サイコロトレードです。毎日毎日サイコロを振るだけでOKという簡単トレード。しかも狙った目が出やすい細工されたサイコロ(優位性のあるサイコロ)を使うことができます。

もちろんサイコロなので、狙った目が出ない時もあります(負けトレード)。しかしサイコロには細工されている(=優位性がある)ので、確率統計的に狙った目を出しやすい(勝てる)というわけです。

毎日、淡々と細工された(優位性のある)サイコロを振る…これが「岡安盛男のFX 極」の本質と言えるでしょう。

ただし、サイコロの細工具合は人によって様々です。岡安盛男さんのように細工が上手な人もいれば、FX初心者のように細工が下手な人もいます。この細工具合こそが、チャート分析における「裁量判断」です。

チャート分析(チャートリーディング)をより正しくおこなうことができなければ、そもそも優位性は確保できません。優位性の高いサイコロを振りたいならば、継続的な学習と実践によってチャートリーディング能力を高めていくことが求められます。その強い意志がある人であれば「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」はおすすめできる商材です。

FX商材の良点(メリット)

  • 朝一番で注文作業が完了すれば完全に放置できる
  • ローリスク・ローリターンかつ長期的に継続できる手法
  • 極めてロジカルかつ低リスクの手法はFX初心者でも取り組みやすい
  • 海外金融機関を渡り歩いてきたプロが語る”ガチで優位性の高い稼げる手法”

FX商材の欠点(デメリット)

  • トレードの醍醐味(エキサイティング)は一切ない
  • ビッグトレンドは狙えないことを理解する
  • 裁量判断が大いに求められるため人によって成績のバラツキがある

「岡安盛男のFX 極」を購入したほうが良い人

  • トレードに時間を割くことができない忙しい人
  • 早朝に10分程度チャート分析のための時間を確保できる人
  • ストレスの少ないトレード手法を探している人
  • サインツールを求めている人

「岡安盛男のFX 極」を購入しないほうが良い人

  • チャートを長時間眺めながらトレードをしたい人
  • エキサイティングなトレードが好きな人
  • スキャルピングしたい人
  • 早朝にチャート分析の時間が確保できない人
岡安盛男のFX 極
FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX 極
販売:株式会社TKトレード
メディア:PDFテキスト・動画
発売日:2017年8月16日
公式サイト:https://okayasu-morio.com/kiwami/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

タイトルとURLをコピーしました