2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

ヨコヨコ、ドーン!|ブレイクアウトのエビデンスを強化する要素とは?

ヨコヨコ、ドーン!|ブレイクアウトのエビデンスを強化する要素とは?

ヨコヨコ、ドーン!|ブレイクアウトのエビデンスを強化する要素とは?

ヨコヨコ、ドーン!|ブレイクアウトのエビデンスを強化する要素とは?

ビクトリーメソッドアドバンスを購入すると、購入者専用メルマガが毎週届きます。

先日届いたメルマガに興味深い話が掲載されていましたのでご紹介します。内容としてはFX初心者向きです。

ジイさんと溜口剛太郎氏の会話形式で進むトレード小話今回の話題は、ブレイクアウトです。一部を引用します。

例えば、キリ番(00ポイント)と サポート・ラインがほぼ重なっていて、そこを下抜けたなら、サポート下方ブレークとともにキリ番を下抜けたエビデンスも 加わって下方ブレーク・アウト狙いの確度が増す傾向があるが 一般に、ブレーク・アウト狙いに於いて、それの支援となる大切な要素とは何であろうか…。

ジイさんのフリに対し、溜口剛太郎氏は次のように答えます。

まぁ、よく「ヨコヨコ、ドーン」などとも呼ばれているが…、 上昇トレンドに於ける一旦のレンジでの上方ブレークはダマシが少ない傾向があり、下降トレンドに於ける一旦のレンジでの下方ブレークはダマシが少ない傾向があると思うけどな…。
つまり、ブレーク・アウト狙いに於いても、トレンド方向は有効なエビデンスになるんじゃないのかな…。

ブレイクアウトの有効性(確実性)を担保するのは、トレンドの方向であるとの回答です。

ヨコヨコ(レンジ)からのブレイクアウトにおいて、最も重要なことは、直近までのトレンドの方向であると解説されているわけですね。

”『同じ様でも』トレンド次第で 上下ブレークは五分五分などでははないワケなのじゃ…”

つまり、上昇トレンド時のレジスタンスをブレイクした場合は買いのチャンスであり、下降トレンド時のサポートをブレイクした場合は売りのチャンスとなります。

上昇トレンド時のレジスタンスブレイクは「買い」

上昇トレンド時のレジスタンスブレイクは「買い」

下落トレンド時のサポートブレイクは「売り」

下落トレンド時のサポートブレイクは「売り」

ブレイクアウトにおけるトレンド方向は有効なエビデンスになると「ジイさん」は語ります。

サポートライン・レジスタンスラインをブレイクするときに気になるのは「ダマシ」ですよね。そのダマシを極力回避するためにも、直前までのトレンド方向(もしくは長期足におけるトレンド方向)は重要な鍵になるわけです。

”『同じ様でも』トレンド次第で 上下ブレークは五分五分などでははないワケなのじゃ…”

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

ブレイクアウトのエビデンスを強化する要素は複数ある

もちろん、FXトレードの経験を積めば自然と理解できている内容ですが、FX初心者ならばこうした相場の性質を知っているだけでも凡ミスを防ぐことが可能になります。

サポレジだけでなく、PIVOTラインやトレンドライン、キリ番、ダイバージェンスなどブレイクアウトのエビデンスを強化する要素はいくつか存在します。それらをチェックすることでブレイクアウトの精度を高めることができるのですね。

False Breakouts(偽のブレイクアウト)をどうやって見極めるか?

ピボットのラインが先行指標として優れている理由とは?

【FX手法】ダブルオー(00)トリプルオー(000)で個人投資家を喰い物にする機関投資家の動きにちゃっかり便乗する方法を紹介するよ!

【FX手法】ダイバージェンスはなぜ起こるのか?そのメカニズムとは?

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら