2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

ピボットのラインが先行指標として優れている理由とは?

ピボットのラインが先行指標として優れている理由

ピボットのラインが先行指標として優れている理由

ピボットのライン見方をマスターしよう!

ピボットは、前日の高値、安値、終値の平均値を当日の価格帯の中心軸(=ピボットポイント)にして、その上下に一定幅で抵抗帯(R1〜3)や支持帯(S1〜3)を定めて価格変動幅を予測するためのテクニカル指標です。

言い換えれば、前日の価格レベルをベースにした先行テクニカル指標といえますね。

PIVOTの使い方|FX

PIVOTの使い方|FX

上図でもわかるとおり、PIVOTをベースにサポートライン・レジスタンスラインを算出して、1〜3までのラインを描写します。

各ラインのオーソドックスな見方は以下の通り。

  • R3…損切り目安orドテン買い目安(買いブレイク)
  • R2…売り増しor損切り目安
  • R1…戻り売り目安or買いの利確目安
  • PIVOTポイント…これより上は「買い目線」、これより下は「売り目線」
  • S1…押し目買い目安or売りの利確目安
  • S2…買い増しor損切り目安
  • S3…損切目安orドテン売り目安(売りブレイク)

あくまでも一般的な見方であり、ストラテジーによってピボットの使い方は様々です。

ピボットの各ラインを”逆張り”で活用する方法を解説するよ!

ピボットの基本は逆張り戦略です。逆張りで使う場合は、各ラインを以下のように捉えます。

  • R3…ドテン買い目安(買いブレイク)
  • R2…売り増し
  • R1…戻り売り目安
  • PIVOTポイント…これより上は「売り目線」、これより下は「買い目線」
  • S1…押し目買い目安
  • S2…買い増し
  • S3…ドテン売り目安(売りブレイク)

レートがPIVOTポイントより下に位置する場合は、買い場を探します。レートがS1・S2に近接して反転したら「押し目買い」のチャンスです。

レートがS1・S2に近接して反転したら「押し目買い」のチャンス

レートがS1・S2に近接して反転したら「押し目買い」のチャンス

ただしS3を下方ブレイクした場合は、ここで売りを仕掛けます。つまりドテン売りですね。

S3を下方ブレイクしたらドテン売りのチャンス

S3を下方ブレイクしたらドテン売りのチャンス

一方、レートがPIVOTポイントより上に位置する場合は、売り場を探します。レートがR1・R2に近接して反転したら「戻り売り」のチャンスです。

レートがR1・R2に近接して反転したら「戻り売り」のチャンス

レートがR1・R2に近接して反転したら「戻り売り」のチャンス

ただしR3を上方ブレイクした場合は、このタイミングで買いを仕掛けます。これがドテン買いとなります。

R3を上方ブレイクしたらドテン買いのチャンス

もちろんこの戦略には大前提があります。より大きな時間足におけるトレンドの方向を事前に把握しておくことが不可欠です。執行時間足が30分足や1時間足ならば、より上位の時間足、たとえば日足や週足におけるトレンドの向きを確認し、その方向へのみ仕掛けることがポイントになります。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

ピボットの各ラインを”順張り”で活用する方法を解説するよ!

基本は「逆張り」で使うことを想定されてワイルダーによって提唱されたピボットですが、「順張り」で使うことも可能です。その場合は各ラインを以下のように捉えます。

  • R3…ブレイクで買い増し
  • R2…買いの利確目安
  • R1…買いの利確目安
  • PIVOTポイント…これより上は「買い目線」、これより下は「売り目線」
  • S1…売りの利確目安
  • S2…売りの利確目安
  • S3…ブレイクで売りor売り増し

もちろん順張りで使う場合も、上位足におけるトレンドに同調する方向で仕掛ける必要があります。上位足が上昇トレンドならば、R1・R2ラインは買いの利確目安ラインとなります(このあたりでレートが戻されることが多いため)。

上位足が上昇トレンドならばR1・R2ラインは買いの利確目安ライン

上位足が上昇トレンドならばR1・R2ラインは買いの利確目安ライン

さらにR3を上方ブレイクした場合は、強い上昇トレンド発生と考えて、買いで仕掛けます。

R3上方ブレイクで買いで仕掛ける

R3上方ブレイクで買いで仕掛ける

一方、上位足が下落トレンドならば、S1・S2ラインは売りの利確目安ラインとなります(このあたりでレートが戻されることが多いため)。

上位足が下落トレンドならばS1・S2ラインは売りの利確目安ライン

上位足が下落トレンドならばS1・S2ラインは売りの利確目安ライン

そしてS3を下方ブレイクした場合は、非常に強い下落トレンドが発生していると捉えて売りで積極的に仕掛けます。

S3下方ブレイクで売りで仕掛ける

S3下方ブレイクで売りで仕掛ける

ピボットの各ラインは”先行指標”として極めて有用だ

ピボットが示す支持帯(S1〜3)や抵抗帯(R1〜3)は、先行指標として極めて有用です。なぜなら世界中の多くの個人トレーダー・機関投資家連中が重視しているからです。

仕掛けや手仕舞いのポイントとして(キリ番であるダブルオーやトリプルオーを除いて)これほど明確な指標はありません。多くの投資家が重視するからこそ、そのポイントの重要度が高まるわけですね。これらのライン付近でレートが反発したり、ブレイクして一気にレートが伸びたり、あるいは意図的なストップ狩りが行われたり…とにかくピボットと支持帯(S1〜3)や抵抗帯(R1〜3)付近では何かが起きると身構えておいたほうが無難です。

何も起きないかもしれないが、なにかが起きる可能性が常に存在する…そう意識するだけであなたのトレードスキルは大きく高まります。

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら