PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね?【FX】

PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね?

PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね?

PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね?

前回の記事、PIVOT(ピボット)の本質をJ.W.ワイルダーの原書から読み解くの中で、ピボットの原型はワイルダーの『THE REACTION TREND SYSTEM』であると解説しました。

The Reaction Trend System(pivot point)

The Reaction Trend System(pivot point)

出典はJohn Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)の『New Concepts in Technical Trading Systems 』です。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

PIVOTの正しい計算式をワイルダーの原書から学ぶ

前回はサラッと解説しましたが、今回はもう少し中身を掘り下げて詳しく説明していきますね。

まずは、ワイルダーの『THE REACTION TREND SYSTEM』に掲載されている概略図を見てください。

THE REACTION TREND SYSTEM

THE REACTION TREND SYSTEM

このままでは分かりにくいので、現代版PIVOTの概念を重ねて図解します。

THE REACTION TREND SYSTEMとPIVOT

THE REACTION TREND SYSTEMとPIVOT

ようやく現代版PIVOTの概要が見えてきましたね。

ワイルダーの原書に基づいて、正しい計算式を紐解いてみましょう。まずは原書で使われている記号を解説します。

  • H:前日高値
  • L:前日安値
  • C:前日終値

そして、

  • X:PIVOT  POINT(ピボット・ポイント)

次に計算に使われる値がこちら。

  • D1=HーX(前日高値からピボット値を引いたもの)
  • D2=XーL(ピボット値から前日安値を引いたもの)
  • D3=HーL(前日高値から前日安値を引いたもの)

求める値は以下の通り。

  • B1:Buy1(いわゆる支持線…買いチャンス)
  • S1:Sell1(いわゆる抵抗線…売りチャンス)
  • HBOP:High Break Out Point(上方ブレイクアウトポイント)
  • LBOP:Low Break Out Point(下方ブレイクアウトポイント)

現代版PIVOTの「PIVOT POINT」の計算式

では実際に計算式を詳しく解説していきます。まずは中心となるラインPIVOT  POINT(ピボット・ポイント)「X」を計算します。

X=(H + L + C)÷ 3

計算式は極めてシンプルですね。前日の高値(H)、安値(L)、終値(C)の平均値を算出したものがPIVOT  POINT(ピボット・ポイント)「X」です。

現代版PIVOTの「S1」と「R1」の計算式

ワイルダーの原書ではB1と記載があるものが現代版PIVOTにおける「S1」であり、S1と記載があるものが現代版PIVOTにおける「R1」です。

  • B1…S1(Support1=支持線1)
  • S1…R1(Resistance1=抵抗線1)

このあたりがちょっとややこしいのですが、間違わないようにしましょう。

では、B1(Buy1)を計算します。B1は以下の計算式で求めます。

B1=XーD1
=Xー(HーX)
=2XーH

つまり、ピボット値からD1(前日高値からピボット値を引いたもの)を引いた値がB1(=現代版PIVOTの「S1」)なのですね。

S1(Sell1)はその逆で計算します。

S1=X+D2
=X+(XーL)
=2XーL

ピボット値にD2(ピボット値から前日安値を引いたもの)を足した値がS1(=現代版PIVOTの「R1」)です。

現代版PIVOTの「S2」と「R2」の計算式

では次に原書では解説のない「現代版PIVOTにおけるS2とR2」の計算式をみていきます。

まずはS2(Support2=支持線2)です。以下の計算で求めます。

現代版S2=XーD3
=Xー(HーL)

ピボット値から、前日高値から前日安値を引いた値を引いて求めます。

R2(Resistance2=抵抗線2)はその逆。

現代版R2=X+D3
=X+(HーL)

ピボット値に、前日高値から前日安値を引いた値を足して求めます。

現代版PIVOTの「S3」と「R3」の計算式

では最後に、現代版PIVOTの「S3」と「R3」の計算式です。ワイルダーの原書ではそれぞれ以下のように定義されていますね。

  • S3=LBOP:Low Break Out Point(下方ブレイクアウトポイント)
  • R3=HBOP:High Break Out Point(上方ブレイクアウトポイント)

ではS3(Support3=支持線3=LBOP)から求めます。

LBOP=Xー(D3ーD1)
=Xー{(HーL)ー(HーX)}
=2Xー2H+L

※原書ではHBOP=Xー{(HーL)(HーX)}と記載されていますが、おそらく誤植と思われます。

ピボット値から、D3(前日高値から前日安値を引いたもの)とD1(前日高値からピボット値を引いたもの)を引いて算出したものがLBOP、つまりS3です。

次にR3(Resistance3=抵抗線3=HBOP)を計算します。

HBOP=X+(D3+D2)
=X+{(HーL)+(XーL)}
=2Xー2L+H

※原書ではHBOP=X{(HーL)+(XーL)}と記載されていますが、おそらく誤植と思われます。

ピボット値に、D3(前日高値から前日安値を引いたもの)とD2(ピボット値から前日安値を引いたもの)を足して算出したものがHBOP、つまりR3です。

PIVOT(ピボット)の計算式は、理解できれば極めてシンプルだ

さて、ざっとPIVOTの計算式をJohn Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)の『New Concepts in Technical Trading Systems 』原書をベースに解説しました。

一見小難しく感じるかもしれませんが、理解できれば極めてシンプルであることがわかります。

せっかくPIVOTを使うのであれば、その概念を計算式から理解しておくことも大切ですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら