FX手法

PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね?【FX】

PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね? FX手法

PIVOT使うんだったら正しい計算式を学んでおくのも悪くないよね?

前回の記事、PIVOT(ピボット)の本質をJ.W.ワイルダーの原書から読み解くの中で、ピボットの原型はワイルダーの『THE REACTION TREND SYSTEM』であると解説しました。

The Reaction Trend System(pivot point)

The Reaction Trend System(pivot point)

出典はJohn Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)の『New Concepts in Technical Trading Systems 』です。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表FX情報商材ランキング|2021年版

PIVOTの正しい計算式をワイルダーの原書から学ぶ

前回はサラッと解説しましたが、今回はもう少し中身を掘り下げて詳しく説明していきますね。まずは、ワイルダーの『THE REACTION TREND SYSTEM』に掲載されている概略図を見てください。

THE REACTION TREND SYSTEM

THE REACTION TREND SYSTEM

このままでは分かりにくいので、現代版PIVOTの概念を重ねて図解します。

THE REACTION TREND SYSTEMとPIVOT

THE REACTION TREND SYSTEMとPIVOT

ようやく現代版PIVOTの概要が見えてきましたね。ワイルダーの原書に基づいて、正しい計算式を紐解いてみましょう。まずは原書で使われている記号を解説します。

  • H:前日高値
  • L:前日安値
  • C:前日終値

そして、

  • X:PIVOT  POINT(ピボット・ポイント)

次に計算に使われる値がこちら。

  • D1=HーX(前日高値からピボット値を引いたもの)
  • D2=XーL(ピボット値から前日安値を引いたもの)
  • D3=HーL(前日高値から前日安値を引いたもの)

求める値は以下の通り。

  • B1:Buy1(いわゆる支持線…買いチャンス)
  • S1:Sell1(いわゆる抵抗線…売りチャンス)
  • HBOP:High Break Out Point(上方ブレイクアウトポイント)
  • LBOP:Low Break Out Point(下方ブレイクアウトポイント)

現代版PIVOTの「PIVOT POINT」の計算式

では実際に計算式を詳しく解説していきます。まずは中心となるラインPIVOT  POINT(ピボット・ポイント)「X」を計算します。

X=(H + L + C)÷ 3

計算式は極めてシンプルですね。前日の高値(H)、安値(L)、終値(C)の平均値を算出したものがPIVOT  POINT(ピボット・ポイント)「X」です。

現代版PIVOTの「S1」と「R1」の計算式

ワイルダーの原書ではB1と記載があるものが現代版PIVOTにおける「S1」であり、S1と記載があるものが現代版PIVOTにおける「R1」です。

  • B1…S1(Support1=支持線1)
  • S1…R1(Resistance1=抵抗線1)

このあたりがちょっとややこしいのですが、間違わないようにしましょう。では、B1(Buy1)を計算します。B1は以下の計算式で求めます。

B1=XーD1
=Xー(HーX)
=2XーH

つまり、ピボット値からD1(前日高値からピボット値を引いたもの)を引いた値がB1(=現代版PIVOTの「S1」)なのですね。S1(Sell1)はその逆で計算します。

S1=X+D2
=X+(XーL)
=2XーL

ピボット値にD2(ピボット値から前日安値を引いたもの)を足した値がS1(=現代版PIVOTの「R1」)です。

現代版PIVOTの「S2」と「R2」の計算式

では次に原書では解説のない「現代版PIVOTにおけるS2とR2」の計算式をみていきます。まずはS2(Support2=支持線2)です。以下の計算で求めます。

現代版S2=XーD3
=Xー(HーL)

ピボット値から、前日高値から前日安値を引いた値を引いて求めます。R2(Resistance2=抵抗線2)はその逆。

現代版R2=X+D3
=X+(HーL)

ピボット値に、前日高値から前日安値を引いた値を足して求めます。

現代版PIVOTの「S3」と「R3」の計算式

では最後に、現代版PIVOTの「S3」と「R3」の計算式です。ワイルダーの原書ではそれぞれ以下のように定義されていますね。

  • S3=LBOP:Low Break Out Point(下方ブレイクアウトポイント)
  • R3=HBOP:High Break Out Point(上方ブレイクアウトポイント)

ではS3(Support3=支持線3=LBOP)から求めます。

LBOP=Xー(D3ーD1)
=Xー{(HーL)ー(HーX)}
=2Xー2H+L

※原書ではHBOP=Xー{(HーL)(HーX)}と記載されていますが、おそらく誤植と思われます。

ピボット値から、D3(前日高値から前日安値を引いたもの)とD1(前日高値からピボット値を引いたもの)を引いて算出したものがLBOP、つまりS3です。次にR3(Resistance3=抵抗線3=HBOP)を計算します。

HBOP=X+(D3+D2)
=X+{(HーL)+(XーL)}
=2Xー2L+H

※原書ではHBOP=X{(HーL)+(XーL)}と記載されていますが、おそらく誤植と思われます。

ピボット値に、D3(前日高値から前日安値を引いたもの)とD2(ピボット値から前日安値を引いたもの)を足して算出したものがHBOP、つまりR3です。

PIVOT(ピボット)の計算式は、理解できれば極めてシンプルだ

さて、ざっとPIVOTの計算式をJohn Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)の『New Concepts in Technical Trading Systems 』原書をベースに解説しました。一見小難しく感じるかもしれませんが、理解できれば極めてシンプルであることがわかります。せっかくPIVOTを使うのであれば、その概念を計算式から理解しておくことも大切ですね。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました