2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【FX手法】おまいら、PIVOT(ピボット)はもっと意識するべき!

【FX手法】おまいら、PIVOT(ピボット)はもっと意識するべき!

【FX手法】おまいら、PIVOT(ピボット)はもっと意識するべき!

おまいら、PIVOT(ピボット)はもっと意識するべき!

海外トレーダーに比べて、日本のトレーダーはPIVOTを意識しなさすぎ…なんて言う人もいるようですね。

たしかに、日本ではPIVOTを話題にした投稿は、海外に比べて少ないんですよね。

一説には機関投資家連中がPIVOTを意識しているという噂もあります。だったらなおさら私たち個人トレーダーもPIVOTラインを意識してトレードするべきでしょう。

今回は、PIVOTをどのように意識してトレーディングに活かすか?について語ります。

PIVOTはチャートに”常時表示”してもいいぞ!

PIVOT POINTを含むS1〜S3・R1〜R3ラインは、チャートに常時表示していても良いくらいです。

自身のストラテジーでENTRYする際に、PIVOTのラインがどのように相場に作用しているのか?を常に確認するようにすれば、確度の低いENTRYを減らすことができるようになるはず。

順張りにおける仕掛けのポイントとして、PIVOTのS1・S2ラインを活用したり(押し目買い)、R1・R2を目安にする(戻り売り)。

逆張りにおける仕掛けのラインとして、PIVOTのS1・S2ラインを活用したり(買い場)、R1・R2を目安にする(売り場)。

あるいは単純にPIVOT POINT(センターライン)の上ならば買い場を探す、PIVOT POINT(センターライン)の下ならば売り場を探す、でも良いかもしれません。

直近の相場で、どのラインが強く意識されているのか?をチェックする習慣を身につけておけば、無駄なENTRYを排除できる可能性が高まります。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

PIVOT POINT(センターライン)で”買いゾーン”と”売りゾーン”を区分けしろ!

ためしに、PIVOTを順張り系のテクニカルに組み合わせてみましょう。

たとえば、当サイトのオリジナル特典であるSQIに、PIVOTを重ねて表示させてみます。使用するPIVOTインジケーターは『PivotPoints.All-In-One.ex4』です。

凡例:USD/JPY(ドル円)1時間足

SQIとPIVOT|USDJPY

SQIとPIVOT|USDJPY

上図はUSD/JPYの1時間足チャートです。PIVOT POINT(センターライン)を目安にして、仕掛けの方向を取捨選択します。

  • PIVOT POINTより上ならば「買いENTRY」のみ
  • PIVOT POINTより下ならば「売りENTRY」のみ

わかりやすいように買い場と売り場を色分けしてみます。

買いゾーン|PIVOTより上

買いゾーン|PIVOTより上

レートが、PIVOTラインより上に位置する場合は「買いゾーン」と判断し、買い場を探します。このゾーンでは売りENTRYは禁物です。

売りゾーン|PIVOTより下

売りゾーン|PIVOTより下

レートが、PIVOTラインより下に位置する場合は「売りゾーン」と判断し、売り場を探します。売りゾーンでは、買いENTRYはおこなません(シグナルをスルーします)。

買いゾーンと売りゾーンをPIVOTで区分けする

買いゾーンと売りゾーンをPIVOTで区分けする

上図のように売りゾーンと買いゾーンを区分けすれば、ENTRY判断が容易になりますよね。

凡例:EUR/USD(ユーロ円)1時間足

別のチャート図でも確認してみましょう。下図はEUR/USDの1時間足チャートです。

買いゾーン|PIVOTより上

買いゾーン|PIVOTより上

買いゾーンで、SQIの帯が青に変わったタイミングで「買いENTRY」です。

売りゾーン|PIVOTより下

売りゾーン|PIVOTより下

一方、売りゾーンで、SQIの帯が赤に変わったタイミングで「売りENTRY」します。

買いゾーンと売りゾーンをPIVOTで区分けする|EUR/USD

買いゾーンと売りゾーンをPIVOTで区分けする|EUR/USD

単純に、

  • PIVOT POINT(センターライン)上ならば「買い」
  • PIVOT POINT(センターライン)下ならば「売り」

というシンプルな相場判断です。PIVOT POINT(センターライン)抜けと同時にSQIの帯色点灯により、ブレイクで仕掛けることができそうですよね。

手仕舞い(TP)は、PIVOT POINT(センターライン)の逆抜け、もしくはSQIの帯色消灯で良さそうです。PIVOT POINT(センターライン)の逆抜けまでトレンドを追いかけることができれば、大きな利幅を抜くことができます。

ストップ(SL)はPIVOT POINT(センターライン)への戻し+「α」pips(時間足によって調整)でしょう。

わりとシンプルな手法ですが、PIVOTを取り入れることで、仕掛けの方向に迷わなくなります。

ぜひ、試してみてくださいね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら