2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【FX手法】俺史上、最も便利なPIVOTインジケーターを見つけたでー!

【FX手法】俺史上、最も便利なPIVOTインジケーターを見つけたでー!

【FX手法】俺史上、最も便利なPIVOTインジケーターを見つけたでー!

【FX手法】PIVOTインジケーターのおすすめはコレだ!

本日は、シンプルにおすすめPIVOTインジケーターを紹介しますね。

『PivotPoints.All-In-One.ex4』です。無料ダウンロードは以下のサイトからどうぞ。

さっそくMetaTrader4に設定してみましょう。こんな感じになりますよ。

PivotPoints.All-In-One.ex4

チャートはEUR/USD(ユーロドル)の30分足です。

『PivotPoints.All-In-One.ex4』はチャート上に、自動でピボットポイントを描写してくれるインジケーターです。

描写するラインは全部で9本(←最大描写数)。

  1. PP(Pivot Point)
  2. S1(Support 1)
  3. S2(Support 2)
  4. S2(Support 3)
  5. S2(Support 4)
  6. R1(Resistance 1)
  7. R2(Resistance 2)
  8. R2(Resistance 3)
  9. R2(Resistance 4)

とはいっても、重要とされるラインは以下の5本です。

  1. PP(Pivot Point)
  2. S1(Support 1)
  3. S2(Support 2)
  4. R1(Resistance 1)
  5. R2(Resistance 2)

表示させる本数は、パラメーターで設定・変更できます。

PIVOTの計算式(計算方法)

ピボットポイントの算出方法は極めてシンプルです。

PP(Pivot Point)=(高値+安値+終値)÷ 3

つまりPP(ピボットポイント)は前日の高値、安値、終値の平均値です。

そして、サポートラインやレジスタンスラインの計算法は、PPをベースに導き出します。

S1(Support 1)= PP ー(前日高値ーPP)
S2(Support 2)= PP ー(前日高値ー前日安値)
R1(Resistance 1)=PP +(PPー前日安値)
R2(Resistance 2)= PP +(前日高値ー前日安値)

ときどき、以下のような計算式を見かけますよね。

S1(Support 1)= ( PP ✕ 2 ) ー 前日高値
R1(Resistance 1)=( PP ✕ 2 ) ー 前日安値

上の2つの計算式は最初のものと違いますが、計算結果は同じです。どちらでも問題ありません。

『PivotPoints.All-In-One.ex4』のプロパティ

さて、『PivotPoints.All-In-One.ex4』のプロパティを紹介します。

PivotPoints.All-In-One.ex4のプロパティ

PivotPoints.All-In-One.ex4のプロパティ

  • Calculation Method…ピボットポイントの計算方法選択(通常はClassicalでOK)
  • Calculation Period…ピボットポイントの計算に使用する期間(通常はDaily=日足でOK)
  • Show Only Recent Period…ラインを表示どこまで表示させるか?
  • Depth of Levels…SとRを何本表示させるか?
  • Number of Periods to show…何日前まで表示させるか?
  • Right Shift…最新のラインを右側いっぱいまで表示させるか?
  • Line Width…ラインの太さを設定
  • Line Name Labels…ラインの名前を表示させるか?
  • Color Scheme…ラインの色をチャート背景に合わせて選択

基本的にはデフォルト(初期設定)のまま使って問題ありません。

All-In-One(オールインワン)と名付けているだけに、ピボットポイントを使うならこのインジケーター一つですべてカバーできてしまうほど有能です。

無料なのでぜひ使ってみてください。めっちゃ便利ですよ!

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら