【FX手法】前日の高値・安値(ハイ・ロー)、意識してる?

【FX手法】前日の高値・安値(ハイ・ロー)、意識してる?

【FX手法】前日の高値・安値(ハイ・ロー)、意識してる?

ねぇ、前日の高値・安値(ハイ・ロー)って意識してる?

突然ですが、前日の高値や安値、あなたはどれくらい意識していますか?

複雑なインジケーターをこねくり回すよりも、もっとシンプルで優位性の高いテクニカルがあります。それが前日の高値や安値(ハイ・ロー)から引いた水平線です。

前日のハイローは、多くのトレーダーに意識される重要なポイントです。サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)として機能したり、ブレイクポイントとして意識されたり…とにかく無視することのできない最重要ラインです。

前回取り上げたPIVOTも高値・安値・終値の平均値でしたね。

こうした高値や安値をベースにしたラインは、相場がどのように変化しようと、必ず意識されます。

今回は、前日の高値・安値をシンプルにチャート表示してくれるインジケーターを紹介しますね。

『previous-highs-and-lows-indicator.ex4』です。

ダウンロードはこちらからどうぞ。無料です。

さっそくMT4チャートに設置してみます。

previous-highs-and-lows-indicator.ex4

previous-highs-and-lows-indicator.ex4

チャートはUSD/JPY(ドル円)の1時間足です。

前日の高値をHライン(青ライン)、安値をLライン(赤ライン)で示しています。

わかりやすいようにMT4の期間区切り表示を「オン」にしてみましょう。

前日高値・安値に自動的にラインを描写するインジケーター

前日高値・安値に自動的にラインを描写するインジケーター

縦のドット線は1日区切りのラインです。より明確に前日高値・安値ラインが判別しやすくなりましたね。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

前日の高値・安値ラインがサポレジに…

前日の高値ラインや安値ラインは、サポレジとして機能するケースがよく見られます。

先のチャート図(USD/JPY)においても、H・Lラインがサポレジになり、レートが反発している箇所がいくつもあります。

前日高値安値ラインがサポレジラインとして機能する

前日高値安値ラインがサポレジラインとして機能する

前日の高値・安値ラインをブレイクしたら一気にレートが伸びる

その一方で、前日の高値・安値ラインをブレイクしたら、一気にレートが伸びるケースがあります。

前日の高値・安値ラインをブレイクしたら一気にレートが伸びる

前日の高値・安値ラインをブレイクしたら一気にレートが伸びる

前日安値を下方ブレイクし、強い下落トレンドが発生していますね。

反発するのか、それともブレイクするのか?様々な要因が絡みますので、これは誰にもわかりません。

ただ、前日高値・安値ラインを意識しておくことは決して無駄ではありません。

前日高値・安値を自動表示するインジケーター

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら