2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ボリバンだけで圧倒的な高勝率を叩き出すFX手法を紹介するよ!

ボリバンだけで圧倒的な高勝率を叩き出すFX手法を紹介するよ!

ボリバンだけで圧倒的な高勝率を叩き出すFX手法を紹介するよ!

電子書籍『ボリバンだけで生計を立てられたFX手法』

本日は、みんな大好きボリンジャーバンドのお話。

なんと、ボリバンだけで生計をたてているという人物がいる(自称)ので紹介しますね。

彼の名は「相達」氏。素性は不明です。

彼を知ったのはKindle本(Kindle Unlimited)でした。Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)には実に様々なFX書籍が存在します。

先に「相達」氏の電子書籍を紹介しておきます。こちらです。

電子書籍タイトルは『ボリバンだけで生計を立てられたFX手法』です。

Kindle Unlimited専用の電子書籍なので、Kindle Unlimitedに入会していれば、無料でダウンロードできます。紙の書籍はありません。

わずか5ページしかない電子書籍です。3分もあれば読めるでしょう。

ペラペラですが、中身はとても興味深く、多くの初心者FXトレーダーが参考になるはず。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

王道の「ボリバン順張り」手法

サブタイトルは、「簡単なのに圧倒的な高勝率をたたき出すFX手法ついに公開!」です。

さて、このボリバン手法ですが、よくある”逆張り手法”ではなく”順張り手法”です。

ボリンジャーバンドはFXをやっている方ならほぼ皆さん知っていると思いますし、使っていない方でも聞いたことはあると思います。

それぐらい有名なインジゲーターですね。そして、その使い方の代表的なものが逆張り手法です。

確かに±3σ内にほぼ収まるのでしょう。ただ、それは後からできたチャートであればわかる話であって、リアルタイムではなかなか上手くいきません。

そこで私はボリバンは確かに使いますが、逆張りではなく順張り手法で使用しています。
その方法をご紹介します。私はこれだけで生計を立てています。それぐらい強力です。

逆張りではなく順張り。ここに興味を惹かれました。

ボリバンを逆張りに使うことの非合理性については、過去に何度か述べてきました。

ざっくばらんに言えば、ボリバンで逆張りトレードすることは本来の使い方(開発意図)から逸脱しているよ…ということです。

±2σ(シグマ)からの押し目・戻りで仕掛ける手法

具体的な手法・ルールですが、詳しくは本書を読んでください。

なにせ5ページしかありません。ここで詳しく書いてしまうと、ほとんど書籍の中身と被ってしまいます。ですので、ざっくりと紹介しておきますね。

時間足は5分足(もしくは15分足)を使います。ボリンジャーバンドは「±2σ(シグマ)」のみを表示させておきます。±1σや±3σは表示させません。使用するのは±2σとセンターライン(移動平均線)のみ。

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法

トレンド中の押し目や戻りを狙うストラテジーです。その目安として±2σ(シグマ)とセンターライン(移動平均線)を活用します。ルールは極めてシンプルかつ明確です。ほとんど迷わないはず。

仕掛けのポイントをチャートでざっくりと紹介しておきますね(詳しいルールは本書をお読みください)。

まずは「買いENTRY」。※チャートはすべてUSD/JPYの5分足です。

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|買いENTRY

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|買いENTRY

センターライン(移動平均線)近くのローソク足でENTRYします。なかなか機能していますね!

もう一つ見てみましょう。

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|買いENTRY

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|買いENTRY

こちらも、良い具合に「押し目」を捉えていることがわかりますね。

次は「売りENTRY」です。

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|売りENTRY

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|売りENTRY

2回も「戻り売り」のチャンスがあり、どちらも成功しています。

もう一つ、売りENTRYをピックアップしてみます。

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|売りENTRY

ボリバンだけで生計を立てられたFX手法|売りENTRY

下落トレンド中の「戻り」を3回捉え、全てのトレードで利幅を確保できて勝っています。

ご覧の通り、トレンド方向に順張りで仕掛けていくので、トレンドが伸びた時に利幅を取りやすいというメリットがあります。

もちろんダマシもありますが、順張りですので損小利大を実現しやすい傾向にあります。

トレンドが強ければより優位性が高まる

順張りトレードですので、トレンドが強ければ一層優位性が高まります。逆に言うと、トレンドが弱いときは「ダマシ」にあいやすい傾向にあります。

トレンドの強さをセンターライン(移動平均線)の傾きや、ボリバンの形状(スクイーズからのエクスパンションなど)を注意して観察する必要はありそうですね。

『ボリバンだけで生計を立てられたFX手法』を執筆した「相達」氏は、この手法のみで生計を立てているとのことです。

まさに、「優位性の高い手法をたった一つだけ極めれば、相場から永続的にお金を引き出せる」わけですね。

ボリバン順張り手法が気になる人は、是非一読を。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら