2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】ADX手法でバカ勝ちするための正しい設定と使い方を学ぶ

【FX】ADX手法でバカ勝ちするための正しい設定と使い方【MT4編】

【FX】ADX手法でバカ勝ちするための正しい設定と使い方【MT4編】

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ADXってなんか難しい…どう使えばいい?

話題の「ADX」、使ってみたいけど難しそう…

FXトレード経験を積んでくると、色々なテクニカルを耳にするようになりますよね。「ADX」もその一つだったりします。

ところで「ADX」ってなんとなく難しくないですか?計算式も複雑だし、効果的な使い方もよくわからない…

今回は、そんなあたなの悩みにお答えするべく、複雑難解な「ADX」についてわかりやすく解説していきます。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ADXとはなにか?

ADXは”平均方向性指数”の略

ADXは、Average Directional Movement IndeXを短縮したものです。

Average (平均)
Directional (方向)
Movement IndeX(移動 指数)

Average Directional MovementIndex、直訳すると「平均方向移動指数」ですね。「平均方向性指数」なんて呼び方もあります。

…いまいちピンとこないですよね。

トレンドの強弱を見極めるADX

いま、トレンドが発生しているのか?を”数値”で判別する

ADXば、相場の勢い(=モメンタム)を把握するためのテクニカル分析です。相場の勢い=つまりトレンドの強弱ですね。

現在のトレンドが強いのか、それとも弱いのか?を観測するための指標として使われることの多いインジケーターです。

通常は、チャート上のローソク足の並び具合で「うん、上昇トレンドだな…」とか「下降トレンドになってるな…」と確認すること一般的ですが、ADXはトレンドの状態を「数値」として表示してくれるのです。

  • 数値が25以上=トレンド状態
  • 数値が25以下=レンジ状態(※25という値は目安です)

実際のADXをごらんください。

ADXとは

ADXとは

サブウィンドウに表示されている折れ線グラフのようなライン(太線)がADXです。

ADXの設定方法

ADXはMetaTrader4に標準で入っています。

ADXの設定方法その1

ADXの設定方法その1

インジケーター内の「トレンド」カテゴリに、Average Directional Movement Indextと表示されているものがADXです。

ドラッグ&ドロップで任意のチャート上に引っ張ってくればOKです。

デフォルトパラメーターは「期間14」

ADXのデフォルト期間は「14」、つまり14日間の平均値をベースにしています。

ADXの設定方法その2

ADXの設定方法その2

このパラメーターは、このまま変更せずに使いましょう。

目安となるレベルをどうするか?

重要なポイントは、目安となるをいくつに設定するか?です。

「レベル表示」項目にて、自由にレベル(ライン)を引くことが可能です。

ADXの設定方法その3

ADXの設定方法その3

値(レベル)は、トレンドの強さを示します。25以上でトレンドと見なすのか、それとも40以上とするのかは、各人のトレードスタイルに準拠します。

この記事では「25」で解説をしています。

ADXの見方を解説

ADXがグンっと上に伸びると「強いトレンド」

もう一度ADXを設定したチャートをごらんください。

ADXとは

ADXとは

拡大すると…

ADXはトレンドの強さを数値で捉える

ADXはトレンドの強さを数値で捉える

レートが下降トレンドを形成していますね。一方のADXは、グンっと上昇しています。ADXの数値は「25」レベルを超えていることがわかります。

ADXの値が25を超えたら強いトレンドが発生していると判断

25レベルを超えるかどうかがトレンド判定の目安だが…

一般的に、ADXの値がレベル25を超えると、非常に強いトレンドが発生していると捉えます。

この「25」という数値ですが、人によっては「30」以上を強いトレンドと捉えたり、もっと厳し目に「40」以上でないと強いトレンドと見なさないなど、捉え方は様々です。

ここでは一般的な数値である「25」をベースに解説しますね。

もう一つ例をごらんください。

ADXの値が25レベルを超えたら強いトレンドが発生中

ADXの値が25レベルを超えたら強いトレンドが発生中

ADXはトレンド方向は示さない

ADXはトレンド方向は示さない

ADXはトレンド方向は示さないが「±DI」によって方向性を補完する

ADX単体では上昇・下降という方向性は一切示さない

実は、上昇トレンドが発生しても、下降トレンドが発生しても、ADXそのものは上昇します。

つまりADX単体では上昇・下降という方向性は一切示さないのです。

そこで、ADXを補完するために一緒に使われるのが「±DI」です。以下のチャート図に「点線」で描かれているのが「±DI」です。

ADXを補完しトレンドの方向性を示す±DI(上昇トレンド)

ADXを補完しトレンドの方向性を示す±DI(上昇トレンド)

ADXが25を超え、かつ「+DI」(緑点線)が「−DI」(赤点線)よりも上に位置するときは、「強い上降トレンド」と判断します。

ADXを補完しトレンドの方向性を示す±DI(下降トレンド)

ADXを補完しトレンドの方向性を示す±DI(下降トレンド)

一方、ADXが25を超え、かつ「−DI」(赤点線)が「+DI」(緑点線)より上に位置するときは、「強い下降トレンド」と判断します。

ADXに欠けている方向性を、±DIが補完

ご覧の通り、ADXは単体で使うことは少なく、±DI(DMI)と一緒に使われることが多いのですね。

±DIとは、Direction Indicatorの略で、直訳すれば「方向性指数」となります。上昇や下降の「強さ」を数値化したテクニカルです。

MetaTrader4にデフォルトで入っているADXを設定した場合も、±DIが自動的に表示されます。ですのでADX=(ADX+DI)と考えて問題ありません。

ADXとDIを合わせて「DMI」

ADXとDIをセットにしてDMIなどと呼ばれることもあります。

まとめると、以下のとおりです。

  • ADX=トレンドの勢い・強さを示す
  • ±DI=それぞれの位置関係でトレンドの方向性を示す

ところでADXってどれくらい有効なの?

ADXがトレンドの強さや方向性(±DI)を示すことはわかったけど、実際どれくらい有効なの?と疑問に感じますよね。

ADXをトレードに取り入れているユーザーの声をTwitterから拾ってみましょう。

「ADX」は神!

「ADX」でトレンド判断できる!

「ADX」とストキャス、MACDだけでトレードしてるよ!

「ADX」とRSI導入して勝率UP!

「ADX」、良さそう!

「ADX」とRSIに落ち着いた!

「ADX」をフィルターにしてるよ!

「ADX」、意外と便利!

ADXを導入したことで勝率が上がったとか、トレンドを把握しやすくなったという声が多いですね。

【FX】ADXの優位性を活かしたFX手法【使い方】

さて、ADXの汎用性の高さを理解できたところで、具体的にADXを使ったFX手法を紹介します。

ADXを単体で使ったFX手法(ゴールデンクロス・デッドクロス)

ADX(と±DI)を単体で使ったシンプルなFX手法です。

ルールも非常にシンプル!

買いルール
  1. +DIが−DIを超える
  2. ADXが25を超える
  3. 買いENTRY
売りルール
  1. −DIが+DIを超える
  2. ADXが25を超える
  3. 売りENTRY
手仕舞いルール
  1. ADXが上昇から下落へ反転
  2. ポジションを手仕舞い(EXIT)

ADXでの買いENTRY

実際のチャートで見てみましょう。まずは買いです。

ADXを使ったFX手法その1(買いパターン)

ADXを使ったFX手法その1(買いパターン)

まず、+DIが−DIを上抜きました。その後、ADXが25を超えて上向きに上昇。このタイミングで買いENTRYします。※上のケースではADXはすでに25を超えていますが、下落から上昇に転じたタイミングで買いENTRYでOKです。

ADXでの売りENTRY

次に売りENTRYをごらんください。

ADXを使ったFX手法その1(売りパターン)

ADXを使ったFX手法その1(売りパターン)

−DIが+DIを上抜け、その後ADXが25レベルを超えて上昇しました。このタイミングで売りで仕掛けます。

大きなチャートで見てみましょう。

ADXを使ったFX手法その1(全体図)

ADXを使ったFX手法その1(全体図)

見事にトレンドを捉えていますね。

一方でADXや±DMIが底をはってもつれているような時は「レンジ状態」と判断して、トレードを見送ります。

汎用性の高いADXの使い方をマスターしてトレンドを確実に捉えよう!

ADXはトレンドフォロー(順張り)スタイルに欠かせないテクニカルの一つです。

MACDやRSIなどのオシレーター系と相性がよく、合わせて使うことでトレンド判断がこれまで以上に容易になります。

ぜひ、この機会にADXをあなたのチャートに組み込んでみてはいかがですか?

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら