2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】ポイント・アンド・フィギュアのお勧めインジケーターを紹介するよ!

【FX手法】ポイント・アンド・フィギュアのお勧めインジケーターを紹介するよ!

【FX手法】ポイント・アンド・フィギュアのお勧めインジケーターを紹介するよ!

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ポイント・アンド・フィギュアのお勧めインジケーターを紹介するよ!

非時系列チャートの一つである『ポイント・アンド・フィギュア』について解説した記事は読みました?

上の記事では「楽天FX」に標準搭載されている『ポイント・アンド・フィギュア』を使って解説しました。

でも、MetaTrader4でも『ポイント・アンド・フィギュア』を使ってみたい!っていう人もいるはず。

そこで今回は、MetaTrader4でも使えるポイント・アンド・フィギュアインジケーターを紹介しますね!

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

『Cute_PointAndFigure.ex4』

管理人のおすすめは『Cute_PointAndFigure.ex4』です。

ダウンロードはこちら。

上のページにアクセスして『Cute Point & Figure indicator.zip』をクリックしてダウンロードします。パソコン上で解凍し、『Cute_PointAndFigure.ex4』をインジケーターフォルダへ、tplファイルをtemplatesフォルダへコピペします。

テンプレートは複数用意されていて、以下のチャート画面は「Cute_PnF_xo_paper_view.tpl」です。

Cute_PointAndFigure

Cute_PointAndFigure

その名の通り、紙(ペーパー)に書き込んだような風合いのが特徴的です。ちなみに上のチャートはGBP/JPYの1時間足です。

テンプレートを変えてみましょう。

Cute_PointAndFigure

Cute_PointAndFigure

上のチャートは「xo_view」です。ちょっとシックですね。

その他にも「box_view」などがあります。ではなくて「箱」で表現しています。

Cute_PointAndFigure

使いやすい「テンプレート」を選択すると良いでしょう。とはいえ、やはりの表示の方がポイント・アンド・フィギュアっぽいですよね。

USD/JPYの日足をもとに、実際のローソク足チャートとポイント・アンド・フィギュアチャートがどれくらい違っているのかを比べてみましょう。

まずはおなじみのローソク足チャートをご覧ください。

標準的なMT4チャート(USD/JPY日足)

標準的なMT4チャート(USD/JPY日足)

次に同じUSD/JPYの日足をポイント・アンド・フィギュアで表示したチャートがこちら。

ポイント・アンド・フィギュア(USD/JPY日足)

ポイント・アンド・フィギュア(USD/JPY日足)

印象がかなり変わりますね。ローソク足のどの箇所を表示しているかというと…

一般的なチャートとポイント・アンド・フィギュアの比較

一般的なチャートとポイント・アンド・フィギュアの比較

日足にもかかわらずボックスサイズ(=値幅)を20(20pips)にしていたので、一般的なチャートの動きに近いものになりましたね。

日足ならばもう少しボックスサイズを大きくしたほうが良いかもしれません。

ヒゲなどのノイズが排除されるため、純粋に価格変動のみに集中できますね。

パラメーター設定はほぼデフォルトでOKだがBoxSizeだけ注意する

『Cute_PointAndFigure.ex4』は、数あるポイント・アンド・フィギュアインジケーターの中でも比較的使いやすく設計されているという印象です。

Cute_PointAndFigureのパラメーター

Cute_PointAndFigureのパラメーター

パラメーター設定の中で重要な箇所は2つだけです(あとは触らなくてOKですが、気になる人は色々と研究してみてください)。

  • BoxSize(値幅)
  • ReverseOn(何枠でトレンド転換とするか…通常は3枠)

ReverseOnはデフォルトで「3」となっているので、3枠転換です。ここは変更する必要はないでしょう。たまに海外のフォーラムなどで「4枠転換」を見かけたりしますが、「3枠転換」が一般的です。

BoxSize(値幅)は、通貨ペアや使用する足によって変更することをおすすめします。10pipsスタートから10刻みで、20pips、30pips、50pips…100pipsなど、色々と設定幅があります。

この値幅(BoxSize)に絶対的な決まりはありません。結局、トレーダー各人のトレードスタイルなどで決まってくるでしょう。色々とアレンジして自分にとって最適な値幅(BoxSize)を探してみるのも楽しいかも。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら