2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】ポイント・アンド・フィギュアとは?詳しく解説するよ!

【FX手法】ポイント・アンド・フィギュアとは?詳しく解説するよ!

【FX手法】ポイント・アンド・フィギュアとは?詳しく解説するよ!

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

非時系列チャートの第2弾『ポイント・アンド・フィギュア』

今回も”非時系列チャート”を取り上げて解説します。先日は『カギ足』でしたが、本日は『ポイント・アンド・フィギュア』(P&F)です。

『ポイント・アンド・フィギュア』を直訳すると、「点と図形(形態)」です。

『カギ足』は日本発祥のテクニカルでしたが、『ポイント・アンド・フィギュア』はアメリカ発祥のチャートシステムです。

POINT & FIGURE

POINT & FIGURE

ご覧の通り、のみで、レート変動を描写して環境認識を行ないます。カギ足チャート同様、ちょっと見慣れないチャートですよね。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

時間概念のない『ポイント・アンド・フィギュア』

楽天FXの『ポイント・アンド・フィギュア』を見てみましょう。

楽天FX|Point and Figure

楽天FX|Point and Figure

上部が一般的なローソク足チャート。下部がポイント・アンド・フィギュア(Point and Figure)です。

楽天FX|Point and Figure

楽天FX|Point and Figure

同じ期間(2019年8月15日〜28日)を表示しても、こんなに違います。ポイント・アンド・フィギュアもカギ足と同じように、時間の要素を取り払っているからです。

『ポイント・アンド・フィギュア』描写ルール

拡大してみましょう。

Point and Figure

Point and Figure

で構成されていることがわかりますね。

  • 上昇…
  • 下落…

上昇は、下落はで表示することが『ポイント・アンド・フィギュア(P&F)』の第一のルールです。定めた値幅を動くとを描写していきます。

上の楽天FXのPoint and Figureでは値幅の初期設定は「10」です。つまり10pips上昇すれば、10pips下落すればを描写します。カギ足同様に「終値」のみを利用します。10pipsに満たない逆の値動きは無視します。

その他にもルールがあります。

  1. 同じ列にはを混合して記入しない(の列、の列を分ける)
  2. トレンド転換したら右側に新列を作りorを記入する
  3. 上昇時は端数を切り捨て、下落時は端数を切り上げる
  4. は縦列に3つ以上記入する(=3枠転換)

上のルールの中で「4番目」が重要です。をそれぞれ縦列に3つ以上(3枠以上)記入するルールは、「3枠転換=3ポイントリバース」と呼ばれています。

30pips以内(3枠以内)のレート変動では相場反転と認めないわけですね。30pipsを超える(3枠を超える=4枠〜)レート変動があって初めて列を右に移動して記入をします(※初期設定の値幅が10=10pipsの場合です)。右横に移動して新たにorを記入する際は、1枠目には書き込みません。これもルール。

文章での説明はなかなか難しいので、解説動画を貼っておきます。

35分48秒から『ポイント・アンド・フィギュア(P&F)』の解説がスタートします。

ポイント・アンド・フィギュアを活用したトレード手法

さて、『ポイント・アンド・フィギュア(P&F)』の構造を理解できたところで、実際にトレードする方法を解説します。

考え方は前回の『カギ足チャート』と大きく変わりません。

ダブルトップ・ダブルボトム

まずはオーソドックスなダブルトップ・ダブルボトムから。直近の高値・安値を抜けたときにENTRYします。

ダブルトップのパターンがこちら(↓)。

ポイント・アンド・フィギュア|ダブルトップ

ポイント・アンド・フィギュア|ダブルトップ

直近の高値(1本前の列)を上抜いたタイミングで買いENTRYです。

ダブルボトムのパターンがこちら(↓)。

ポイント・アンド・フィギュア|ダブルボトム

ポイント・アンド・フィギュア|ダブルボトム

直近の安値(1本前の列)を下抜いたタイミングで売りENTRYです。

トリプルトップ・トリプルボトム

ダブルトップ&ボトムのより強いシグナルとして「トリプルトップ・トリプルボトム」があります。

まずはトリプルトップ

ポイント・アンド・フィギュア|トリプルトップ

ポイント・アンド・フィギュア|トリプルトップ

直近の高値(1本前の列)ともう1本前の高値(2本前の列)を上抜いたタイミングで買いENTRYです。

そしてトリプルボトム

ポイント・アンド・フィギュア|トリプルボトム

ポイント・アンド・フィギュア|トリプルボトム

直近の安値(1本前の列)ともう1本前の安値(2本前の列)を下抜いたタイミングで売りENTRYです。

ラインを引いてブレイクで仕掛ける手法

その他に、ポイント・アンド・フィギュアチャートにサポレジライントレンドラインを引いて、そのブレイクで仕掛ける手法などがあります。

ポイント・アンド・フィギュア|ラインブレイク|その1

ポイント・アンド・フィギュア|ラインブレイク|その1

ポイント・アンド・フィギュア|ラインブレイク|その2

ポイント・アンド・フィギュア|ラインブレイク|その2

ポイント・アンド・フィギュアの優位性

『ポイント・アンド・フィギュア』も、カギ足チャートと同様に、時間の概念や細かな値動き(ノイズ)を取り去ることで、大局を捉えやすいというメリットがあります。

最初に決めた値幅(例えば10pips)を超えないと、チャート上には追加しません。特に「レンジ相場」でレートが動かない場合などは、ポイント・アンド・フィギュアの形状はほとんど変化しません。結果的に、トレンド(大きな値動き)のみを描き出すことができるわけですね。

FX初心者ならば、ローソク足に付き物の「ヒゲ」に惑わされる人も少なくないはず。そんなヒゲやノイズを排除することで、純粋に「大きな値動き」に集中してトレードできます。

なかなか奥の深い『ポイント・アンド・フィギュア』ですので、色々と研究してみると面白そうですね。

次回は、MetaTrader4で使える『ポイント・アンド・フィギュア』インジケーターを紹介しますね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら