2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】チャネルライン、ヒゲと実体どっちで引くのが正解なの?

『チャネルライン』は、そもそも「ヒゲ」と「ローソク足実体」どっちで引くのが正解なの?

『チャネルライン』は、そもそも「ヒゲ」と「ローソク足実体」どっちで引くのが正解なの?

『チャネルライン』は、そもそも「ヒゲ」と「ローソク足実体」どっちで引くのが正解なの?

チャネルラインの概略と「引き方」について、以下の記事で解説しました。

ところでチャネルラインを描写する際に、どこを基準にして引けばよいのか迷いますよね。

ローソク足の実体同士(高値・安値)を基準にして引くのか?それともローソク足のヒゲ(最高値・最安値)同士を基準にしてラインを結ぶのか?

『チャネルライン』は、そもそも「ヒゲ」と「ローソク足実体」どっちで引くのが正解なの?

『チャネルライン』は、そもそも「ヒゲ」と「ローソク足実体」どっちで引くのが正解なの?

結論:どっちでもいい

ヒゲか、実体か?絶対的な答えは、実はありません。

トレーダー間では、「ヒゲ同士を結ぶべき!」とか「いやいや、実体同士を結ぶのが正しい!」と意見が別れています。

ぶっちゃけた話をしますが、トレンドラインやチャネルラインに代表される斜めのラインは、実体で引こうがヒゲで引こうが、それほど大差はありません。

たとえば、以下のチャートをご覧ください。

ヒゲを基準にチャネルラインを引いてみた

ヒゲを基準にチャネルラインを引いてみた

チャートはEUR/USDの日足です。まずはヒゲ同士を結んでチャネルラインを引いてみました。ベースとなるトレンドライン(上方のライン)は、3点のヒゲ(最高値)を押さえることができていますね。そのラインに平行な線を下方に引いてみたところ、1ヶ所のヒゲ(最安値)を捉えることができています。

では次のチャートをご覧ください。

実体を基準にしてチャネルラインを引いてみた

実体を基準にしてチャネルラインを引いてみた

全く同じチャートをもとに、ローソク足の実体同士を結んでチャネルラインを引いてみました。同様に3点の高値を押さえてトレンドラインを引き、反対側のラインも1点の安値を押さえています。

こうして2つのチャートを比較してみても、そこまで大きく環境認識が変わるとは思えませんよね。

もう一つ例を挙げてみます。

チャネルライン|ヒゲと実体の差

チャネルライン|ヒゲと実体の差

上のチャート図はUSD/JPYの1時間足です。青いラインが「ヒゲ基準」のチャネルラインです。一方の赤いラインが「実体基準」のチャネルラインです。

チャネルライン|ヒゲと実体の差

チャネルライン|ヒゲと実体の差

上のチャート図はEUR/USDの5分足チャートです。同様に青いラインが「ヒゲ基準」で赤いラインが「実体基準」のチャネルラインです。

ご覧通り、どちらも違いはそれほど大きくありません。チャネルラインによる環境認識を行うならば、「ヒゲ基準」と「実体基準」のラインの違いは、誤差の範囲内といえます。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

なんのためにチャネルラインを引くのか?を考える

そもそも、なんのためにチャネルラインを引くのかを考えたときに、「ヒゲ基準」とか「実体基準」というのは些細な違いにすぎないことが理解できるはずです。

ラインを引く最大の理由は、相場の複雑で不規則な波(ノイズ)の中から一定の規則性(パターン)を見出すことにあります。つまり、第一に環境認識のためににチャネルラインを描写するわけです。

どれくらいのボラティリティの幅で、どの方向に推移しているのか?その際にライン(下値支持線・上値抵抗線等)は意識されているのか?等など。

それらのデータ収集において、「ヒゲ基準」「実体基準」のどちらが正しいかなど、もはやどうでも良いといえるレベルです。

ヒゲや実体に拘らず、意識されていそうなポイントを見つけ出して、それらを基準にラインを引くことのほうがよっぽど重要です。

日足や週足などの長期足ならば「ヒゲ」も重要な要素となりますが、短い時間足でラインを引く場合は「ヒゲ」は無視してOKです。なぜなら短期足でのヒゲは完全にノイズだからです。

あれこれ考えずにまずはサクッと引いてみよう!

いざラインを引こうとすると、すべてのポイント(実体やヒゲ)がラインに当たっていないとか、一部のポイントがラインからはみ出てしまうとか、色々と気になってしまうことがありますよね。

しかし、ラインを引く場合に、些末なことにこだわりすぎのもよくありません。ヒゲ同士を結ばなくてはいけない!とか、はみ出さないようにラインを引く!など細かなルールに縛られすぎてしまうと、そもそもラインが引けなくなってしまいます。

ある程度、ポイント(高値や安値)を”ざっくりと”押さえることができれば、そこを基準にサクッと引くのが良いです。

最初から機能するラインを引けるほど相場は甘くありません。試行錯誤しながらラインを何本も引きつつ、徐々に良いラインが引けるようになるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら