2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】エンベロープ(Envelopes)を使ったカウンタートレードを解説するよ!

【FX手法】エンベロープ(Envelopes)を使ったカウンタートレードを解説するよ!

【FX手法】エンベロープ(Envelopes)を使ったカウンタートレードを解説するよ!

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

エンベロープ(Envelopes)の基本はリバウンド狙いのカウンタートレード

前回の記事で、エンベロープについて基本的なことを理解できたと思います。

今回は、エンベロープを使った具体的なトレード手法について解説していきますね。

エンベロープ(Envelopes)の基本戦略は逆張り=カウンタートレードです。ローソク足が上下のエンベロープラインにタッチで、逆方向に仕掛けるわけですね。

エンベロープ(Envelopes)の基本はカウンタートレード

エンベロープ(Envelopes)の基本はカウンタートレード

移動平均線からの「乖離からの収束=リバウンド」を狙ったトレードですね。

とはいえ、エンベロープの偏差(乖離幅)をどれくらいで設定するかは、人それぞれです。ざっくりとですが、一般的に使われる偏差を紹介しておきます。

  • 日足の偏差=1.0%
  • 1時間足の偏差=0.2%
  • 15分足の偏差=0.1%

また、エンベロープを複数表示させてトレードしている人も存在します。例えば6本。それぞれの偏差(乖離幅)は以下の通り。

  • 1本目…0.10%
  • 2本目…0.15%
  • 3本目…0.20%
  • 4本目…0.25%
  • 5本目…0.3%
  • 6本目…0.4%

実際に表示させると…

エンベロープを上下に6本表示させたチャート

エンベロープを上下に6本表示させたチャート USD/JPY_M5

各ラインにタッチする確率は、外側のラインほど低くなりますね。逆に言えば、外側のエンベロープラインにタッチ後に反発する(戻される)確率は高くなります。

各ラインへのタッチ後のレートが戻り長いヒゲを残したローソク足の次足でENTRYとなります。

この手法を得意とするトレーダーは、あの有名な「ぶせな」氏です。彼の詳しい手法については以下のサイトをご覧ください。

ぶせな氏は20EMA(指数平滑移動平均線)を使っています。

ここまで極端でなくても、複数本(2〜3本)のエンベロープを表示させてトレードしている人はわりと存在します。

エンベロープ抜け後に長いヒゲをつけたらENTRYチャンス

エンベロープからのリバウンドを狙う場合は、「ヒゲ」が一つの目安です。

エンベロープにタッチ・抜け後に「長いヒゲ」を形成したローソク足の次足始値でENTRYすることで、確度を高めます。

エンベロープ|長いヒゲをk生成した次足始値でENTRY

エンベロープ|長いヒゲをk生成した次足始値でENTRY

エンベロープ|長いヒゲをk生成した次足始値でENTRY

エンベロープ|長いヒゲをk生成した次足始値でENTRY

エンベロープタッチ後の長いヒゲを見逃さない

エンベロープタッチ後の長いヒゲを見逃さない

逆張りトレードの精度を高めるためにも、より上の足(長期足)でのトレンドを確認しておくことは必須です。

長期足(例えば日足)が上昇トレンドにあるならば、執行時間足(30分足、1時間足)では「買い方向」のみを選択して仕掛けるなどすることで、安心してENTRYができるはず。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

「利食い」はセンターライン(移動平均線)タッチ

EXIT(利確)は、センターラインつまり移動平均線へのタッチが無難ですね。

ただ、トレンド方向へ仕掛けているならば、もっと大きな利幅を狙えるケースもあります。この辺りは各人の裁量判断となるでしょう。

エンベロープに特化したインジケーターを紹介

最後に、エンベロープに特化した面白いインジケーターを紹介しますね。『CAP Channel Trading』というインジケーターです。以下のサイトからダウンロードできます。

cap-channel-trading

cap-channel-trading

上下に引かれたエンベロープラインの外側にレートが出ると、自動的に矢印マークを表示してくれます。無料で利用できますよ。(以前まで無料でしたが有料になったようです。30ドルで購入できます。)

cap-channel-trading

cap-channel-trading

ダウンロードはこちらからどうぞ。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら