2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】エリオット波動理論でトレードシナリオを作る方法

【FX手法】エリオット波動理論でトレードシナリオを作る方法

【FX手法】エリオット波動理論でトレードシナリオを作る方法

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

エリオット波動理論を実際のトレードに活かす方法

前回、【FX手法】猿でもわかる「エリオット波動理論」入門で、エリオット波動理論の基礎(定義)について解説しました。

相場が一定の周期性(上昇5波動、下降3波動)に基づいて動いている…とういのがエリオット波動理論のベースでしたね。

では、この理論をどのようにトレードに活用すればよいのでしょうか?

その当たりを今回の記事で解説します。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

エリオット波動で、上昇・下降のリズムを読み取る

エリオット波動を使ったからといって、すぐにトレードができるわけではありません。

あくまでも環境認識のためのテクニカルであって、トレードシナリオを立てるための補助ツールにすぎないからです。

前回の記事においてエリオット波動理論は「上昇5波動、下降3波動」で構成されることをお伝えしました。上昇は5つの波動、下落は3つの波動によって構成され、そのパターンを繰り返すことで相場が形成されるわけですね。

エリオット波動|上昇5波動と下降3波動

エリオット波動|上昇5波動と下降3波動

エリオット波動でトレードシナリオを立てるためには、まず今の相場が、エリオット波動のどの段階にあるのか(どの波形にあるのか)を読み取る必要があります。

上昇第1波なのか、それとも上昇第3波なのか?

もしくは調整段階なのか?

それらを推測するための原則が前回紹介した「3原則」です。

  • 原則1:上昇第2波が一番短くなることはない
  • 原則2:上昇第1波後の調整時の安値が第1波の始点より下がることはない
  • 原則3:上昇第2波の次の調整安値が第1波の高値を下回ることはない
エリオット波動論|原則1

エリオット波動論|原則1

エリオット波動論|原則3

エリオット波動論|原則3

エリオット波動論|原則2

エリオット波動理論|原則2

相場からエリオット波動のパターンを推測するには、この3原則に当てはめることが大切です。

上の図からわかる通り、「上昇第1波」「上昇第2波」出現後でないと、この3原則を確認することができません。

つまり、「上昇第1波」「上昇第2波」のパターンを確認して、はじめてエリオット波動のパターンであることが認識でき、次の「上昇第3波」やさらにその先の「下降第1波」「下降第2波」を予測できるわけです。

エリオット波動パターンを認識

エリオット波動パターンを認識

エリオット波動理論とフラクタル概念

もう一つ、エリオット波動理論を知るための重要な概念があります。それが「フラクタル」です。フラクタルについては以下の記事で解説しました。

そもそも「フラクタル」ってなに?

そもそもフラクタルは投資用語ではありません。幾何学分野のことばです。Wikipediaから引用します。

フラクタル(仏: fractale, 英: fractal)は、フランスの数学者ブノワ・マンデルブロが導入した幾何学の概念である。ラテン語 fractus から。図形の部分と全体が自己相似(再帰)になっているものなどをいう。

引用:Wikipedia

自己相似とは、複雑な形状のどの部分を切り取っても、そこに全体と同じパターン(相似)が現れる現象のことです。自然界(葉っぱとか海岸線、雪の結晶など)でよく見られる現象です。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、以下のGIFをみてもらうと理解できるかも。

フラクタルGIF

FX(チャート)におけるフラクタルも、同じ考えです。

上位足(長期足)の波形一部を切り取って細かく観察すれば、その一部が上位足と同じ形をしていますよね。日足のジグザグしたローソク足の並びの中に、全体と同じようなローソク足の波形が存在します。

フラクタル|日足

フラクタル|日足

フラクタル|4時間足

フラクタル|4時間足

USD/JPYの日足の一部を切り取り、その部分を4時間足にして観察すると、日足の波形と相似したものが4時間足の中に存在しますね。これがフラクタルです。

引用:【FX手法】”フラクタルブレイクアウト”で仕掛けるインジケーター|ブレイクが一目瞭然!

フラクタルとは自己相似(再帰)のことであり、エリオット波動理論の根幹をなす概念でもあります。

エリオット波動のチャートパターンを、よりリアルに描写すると次のようになります。

エリオット波動とフラクタル

エリオット波動とフラクタル

エリオット波動のパターンに当てはめると…

エリオット波動とフラクタル

エリオット波動とフラクタル

そして「上昇第1波」と最初の「調整」の中にもエリオット波動が見て取れますね。

エリオット波動とフラクタル

エリオット波動とフラクタル

エリオット波動を細かく見ていくと、それぞれの波の中に、エリオット波動のパターンが存在し、さらにその中の波にもエリオット波動が存在する…これがフラクタルです。

フィボナッチリトレースメントで「上昇第1波」〜「上昇第2波」を捉える

さて、エリオット波動のチャートパターンを捉えるためには、第一に「上昇第1波」「上昇第2波」を認識することが大切であると説明しました。

では、「上昇第1波」「上昇第2波」をいかに認識するのか?

実は、非常に難しいんですね。チャートを後から見れば、「あ、ここが上昇第1波でこの部分が第2波だな…」などと確認できますが、リアルタイムチャートでは、エリオット波動のパターン認識は困難を極めます。

最も多く使われる方法は、フィボナッチリトレースメントです。フィボナッチ数列をベースにした主な比率は次の通り。

  • 0%
  • 23.6%
  • 38.2%
  • 61.8%
  • 100%

それぞれの波の頂点や谷を、フィボナッチの比率から導き出そうとする試みです。例えば以下のチャートをご覧ください。

エリオット波動理論とフィボナッチリトレースメント

エリオット波動理論とフィボナッチリトレースメント

上昇第1波を100%としたときに、最初の押し目(調整)は61.8%、そこから第2波の伸び率は138.2%と考えて、「上昇第1波」「上昇第2波」を捉えます。

もちろん、毎回この通りに再現されるわけではなく、フィボナッチリトレースメントを目安として活用するわけですね。

「最初の押し目が61.8%で反発した…ならばここが第一の調整と考えられるな…では次の伸びはおおよそ138.2%のレベルまで行くだろう…そこから2回目の調整が入り上昇第3波が始まるだろう、買いで仕掛けるならば第2波の高値をブレイクしたところか…」などとトレードシナリオを描きます。

*********************

さて、第2回は「エリオット波動理論をベースにトレードシナリオを作るまで」を簡単に解説しました。

ところで、エリオット波動理論は使えない…後付の理論だ、まやかしだ…という意見も多く存在することをご存知ですか?

第3回では、エリオット波動の裏側というか真実について解説する予定です。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら