2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

サポレジにフラクタルを加えてゾーンで表示するインジケーターを紹介するよ!

支持線・抵抗線にフラクタルを加えてゾーンで表示するインジケーターを紹介するよ!

支持線・抵抗線にフラクタルを加えてゾーンで表示するインジケーターを紹介するよ!

支持線・抵抗線にフラクタルを加えてゾーンで表示するインジケーターを紹介するよ!

ユニークなインジケーターを見つけたので紹介しますね。Support&Resistance.ex4です。ダウンロードは以下のサイトからどうぞ。

名前の通り、サポレジをMT4チャートに表示させるインジケーターですが、描写がユニークです。まずはチャートをご覧ください。

Support&Resistance.ex4

Support&Resistance.ex4

これまでもいくつかのサポレジ系インジケーターを紹介してきました。例えば…fxr_sr_zones_3.28.ex4

fxr_sr_zones_3.28.ex4

fxr_sr_zones_3.28.ex4

その他にもSS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4など。

SS_SupportResistance_v07.mq4|USD/JPY30分足

SS_SupportResistance_v07.mq4|USD/JPY30分足

今回紹介するSupport&Resistance.ex4も上に挙げたインジケーターと似ていますね。

サポートラインやレジスタンスラインを単一のライン(線)として表示するのではなく、高さ(=レベル)のある領域として長方形状にプロットしています。

Support&Resistance.ex4

Support&Resistance.ex4

Support&Resistance.ex4が描写するサポレジラインは以下の通り。

  • サポートライン…オレンジ色
  • レジスタンスライン…水色

一般的なサポレジインジケーターは、ラインとして機能すると判断したレートを基準にして自動的に描写されますよね。このインジケーターは少し異なります。サポートライン・レジスタンスラインに、いわゆる「遊び幅」をもたせているようなのです。

ex4ファイルで提供されているため、ロジックの詳細は解説に頼るしかありません。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

数字をクリックするとフラクタルが表示される!

面白いのは、それぞれのラインの左側にある数字です。

Support&Resistance.ex4

Support&Resistance.ex4

拡大してみます。

Support&Resistance.ex4

Support&Resistance.ex4

この数字、気になりますよね。

実はこの数字、クリックできるんです。例えば上のチャート図の「8」をクリックすると…

Support&Resistance.ex4

Support&Resistance.ex4

なんと、フラクタル(三角形のマーク)が表示されるんです!

この数字は、抵抗線(レジスタンスライン)の帯にタッチしているフラクタルの数(全部で8個)を示しているんですね。

次に、オレンジ色の数字「7」をクリックしてみましょう。

フラクタルの数を自動表示

フラクタルの数を自動表示

よーく見ると、価格帯(長方形)に触れていないフラクタル(上の図でいえば③④⑤)もありますよね?このあたりもロジックによって範囲の「遊び幅」を設けているので、パラメーターによる調整は可能です。

フラクタルについては以下の解説をお読みください。

さて、MetaTrader4に付属する「フラクタル」は、5本のローソク足を比較して真ん中が一番高い場合に「Fractal Up」が表示され、真ん中が一番低い場合に「Fractal Down」が表示されます。

Fractal Up

Fractal Up

三角形(銛のさきっぽのような図形)が表示されている部分が「Fractal Up」、「Fractal Down」です。

Fractal Down

Fractal Down

現在から5本さかのぼって、ローソク足の最高値・最安値をチェックして、条件をクリアすればシグナルを出します。つまり「後出しシグナル」ですね。

過去チャートを見れば、反転のタイミングを絶妙に捉えているように見えますが、「後出しシグナル」なので当たり前です。

引用:”フラクタルブレイクアウト”で仕掛けるインジケーター|ブレイクが一目瞭然!

支持線・抵抗線にフラクタルを加えて、その有用性をゾーンで表示するインジケーター、それが今回紹介したSupport&Resistance.ex4です。

どう使うかは、トレーダーの判断に委ねられますが、アイデアとしてはとても興味深いですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら