【FX手法】サポート/レジスタンスラインを自動表示するMT4インジケーターを紹介するよ!

【FX手法】サポート/レジスタンスラインを自動表示するMT4インジケーターを紹介するよ!

【FX手法】サポート/レジスタンスラインを自動表示するMT4インジケーターを紹介するよ!

ライントレードに必須のサポート/レジスタンスラインを自動表示するMT4インジケーターを紹介するよ!

ライントレードに欠かせないサポートライン・レジスタンスラインを自動描写してくれるMT4インジケーターでおすすめのものを紹介します。

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』です。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』のダウンロードはこちら

以下のサイトから無料でダウンロードできます。

ForexFactoryからもダウンロード可能です。スレッド番号は「1,125,010番」です。ただしこちらはちょっと古いヴァージョン。

SS_SupportResistance_v07.mq4ダウンロードサイト

SS_SupportResistance_v07.mq4ダウンロードサイト

https://forex-station.com/app.php/attach/file/3326014からダウンロードしたZipファイルを開くと、『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』というex4ファイルになります。このファイルをMetaTrader4に設定します。

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』のパラメーター設定項目は多岐にわたります。

SS_SupportResistance_v07.mq4|パラメーター設定項目一覧

SS_SupportResistance_v07.mq4|パラメーター設定項目一覧

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』をMT4に設定

とりあえずはデフォルトで使ってみましょう。MetaTrader4のチャート画面をご覧ください。USD/JPYの30分足です。

SS_SupportResistance_v07.mq4|USD/JPY30分足

SS_SupportResistance_v07.mq4|USD/JPY30分足

拡大してみますね。

SS_SupportResistance_v07.mq4|拡大画像

SS_SupportResistance_v07.mq4|拡大画像

サポートライン・レジスタンスラインが「線(ライン)」ではなく、ボックス状(=ゾーン)で描写されていますね。カラフルなボックスです。

そのボックスの右横に文字が記載されています。

サポートライン・レジスタンスラインを5種類に分けて表現

まずはボックスの色の意味ですが、サポート・レジスタンスごとに5色で色分けされています。

SS_SupportResistance_v07.mq4|ラインのカラー

SS_SupportResistance_v07.mq4|ラインのカラー

それぞれの意味は次の通り。

  1. possible…これからテスト(チャレンジ)されそうなライン
  2. untested…まだテスト(チャレンジ)されていないライン
  3. verified…サポレジとして機能したライン
  4. weak…サポレジとしては弱いライン
  5. turncoat…サポレジとして機能しなかったライン

サポレジラインとして機能しそうなものを予測して表示し、機能すれば「verified」ラインに変わります。機能しなかった場合は「turncoat」ラインに変化します。

このことからもわかるとおり、時間経過とともにリペイントを繰り返すインジケーターということになりますね。

SS_SupportResistance_v07.mq4|ラインのカラーの意味

SS_SupportResistance_v07.mq4|ラインのカラーの意味

つまり、最も重要なラインは「verified」であることがわかりますね。

そして「verified」ラインが何回サポレジとして機能したかを、回数表示しています。それがこちら。

SS_SupportResistance_v07.mq4|verified

SS_SupportResistance_v07.mq4|verified

「Test Count-1」と記載がありますね。このレジスタンスラインが一度だけ機能したという意味です。数字が多いほど、ラインとして強力に機能していることになりますね。

「verified」ラインでの反発を予測してトレードシナリオを描きつつ、その一方でレートが「verified」ラインを突き抜けるようならば、非常に強いトレンドが発生したと捉えることもできそうです。

サポレジラインをゾーンで表現

もう一つ、文字の横に数字が表示されています。この数字はライン(というかボックス)の縦幅を示しています。

SS_SupportResistance_v07.mq4|ゾーンの幅

SS_SupportResistance_v07.mq4|ゾーンの幅

サポート・レジスタンスラインを、単なる「線」ではなく、ゾーン(ボックス)で表現しているので、そのゾーンの幅を数字(pips)で表示しているのです。上のチャート図では、142pとありますので、14.2pips幅のレジスタンスラインであることがわかりますね。ゾーンの幅が大きいほど、サポレジが強いと考えられますが、機能としてはあまり意味がなさそうです。

様々な通貨ペアで表示させてみた

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』を様々な通貨ペアで表示させたチャートをご覧ください。すべて30分足チャートです。

まずはEUR/USD。

SS_SupportResistance_v07.mq4|EUR/USD

SS_SupportResistance_v07.mq4|EUR/USD

次にEUR/JPY。

SS_SupportResistance_v07.mq4|EUR/JPY

SS_SupportResistance_v07.mq4|EUR/JPY

GBPUSD。

SS_SupportResistance_v07.mq4|GBP/USD

SS_SupportResistance_v07.mq4|GBP/USD

最後は、GBP/JPY。

SS_SupportResistance_v07.mq4|GBP/JPY

SS_SupportResistance_v07.mq4|GBP/JPY

少し癖があるインジケーターですが、使い方次第では活躍しそうなツールですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら