2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

ワイ「FXスワップポイントで月150万円の不労所得だぜ!」FX会社「5500万円の強制ロスカットになります」ワイ「…」

ワイ「FXスワップポイントで月150万円の不労所得だぜ!」FX会社「5500万円の強制ロスカットになります」ワイ「…」

ワイ「FXスワップポイントで月150万円の不労所得だぜ!」FX会社「5500万円の強制ロスカットになります」ワイ「…」

ワイ「FXスワップポイントで月150万円の不労所得だぜ!」FX会社「5500万円の強制ロスカットになります」ワイ「…」

以前にもご紹介したことのある「山田真哉」さん。

160万部超を記録したベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者としても有名ですね。

「山田真哉」さんがFXで5500万円を溶かした話はけっこう有名で、以下の記事でも紹介しました。

今回は、「5500万円強制ロスカット事件」を別の側面から捉えたインタビュー動画をご紹介します。それがこちら。

スワップ収入で1日5万円の”夢の不労所得”を達成

2005年〜2007年、山田さんは『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』で稼いだ印税の大半をFXに注ぎ込みます。

彼の狙いはスワップポイントです。

ドル円からスタートした山田さんは、スワップ生活の旨味を知り、さらに利回りの高い通貨ペア(ランド円・ズロチユーロetc.)にのめり込みます。

当時のレバレッジはなんと100倍!

最終的に5500万円を注ぎ込み、スワップ収入は1日5万円を突破。月に150万円、年間にすると1800万円の不労所得です。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

2007年7月〜11月にかけて連続強制ロスカット

ところが、1日5万円のスワップ収入を達成した直後から雲行きが怪しくなります。

あのサブプライムローン危機(2018年のリーマンショックの原因となった出来事)で金融市場が不安定になった結果、次々と建玉が強制ロスカットされます。

最初は持ちこたえた山田さんですが、いよいよ耐えきれなくなり、ついに口座全損…。

5500万円 → 3万円

5500万円が強制ロスカットにより消えたわけです。

「永遠にスワップが続くと思っていた」

彼は「永遠にスワップが続くと思っていた」と語ります。山田氏ほど頭のキレる人でも、夢見てしまうのですね。

反面教師として私たちは山田真哉さんから学ぶべきですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら