2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

まじ?テレワークの影響でFX取引する人が増えてるってさ!

【事実】まじ?テレワークの影響でFX取引する人が増えてるってさ!

【事実】まじ?テレワークの影響でFX取引する人が増えてるってさ!

まじ?テレワークの影響でFX取引する人が増えてるってさ!

コロナ禍で自宅待機を余儀なくされた人々が、FXマーケットに大量に流れ込んでいるらしい…そんな噂があります。

新型コロナウィルスが猛威を振るっています。その結果、多くの企業でテレワークが推進されることになりました。外出もできず、時間を持て余した人々が始めたことの一つ、それがFX取引というのです。

Bloomberg(ブルームバーグ)の記事から引用します。

個人投資家がFXに回帰、値幅拡大で好機到来ーテレワークも追い風

2020年4月23日

新型コロナウイルス感染拡大を受けた相場の変動で、個人投資家のFX取引が活発化している。ドル・円相場が月間ベースで約3年ぶりの大きな値動きとなる中、これをチャンスとばかりに投資家が集まった。新型コロナによる外出自粛要請やテレワークの推進で、自宅から気軽に取引に参加できるようになったことも追い風になった。

(中略)

金融先物取引業協会が公表した店頭FX月次速報によると、20年3月の出来高は前月比で約2.5倍となる1015兆6123億円と過去最高を記録。取引通貨ペア別ではドル・円が71%を占める721兆4103億円と2月の出来高のおよそ2.7倍となった。

引用:Bloomberg(ブルームバーグ)

2020年3月は相場の急変があったため出来高が増えたというのはわかりますが、4月以降も高水準で推移しているとのこと。

日本国内のFX会社(53社)が報告した2020年3月の出来高は以下の通り。

  • 出来高:10,156,123億円(1015兆円)←前月比2.5倍
  • 売建玉:21,846億円
  • 買建玉:34,560億円

コロナウィルス感染拡大の影響で在宅勤務者が増えたことで、日中取引量の全体量が底上げされたのかもしれません

FX新参者も増えつつある

さらに、新たにFXを始める人々も増えつつあるとのことです。こちらも同様の理由でしょうね。もしかすると、パチンコにいけない人がオンラインギャンブルとしてFXに参入しているとか…?

FX新参者が増えることは好ましいことですが、気をつけなければいけない点もあります。それは、FX初心者を狙った投資詐欺です。

特に昨今はSNSを舞台にした投資詐欺が横行していて、多くの被害を出しています。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

コロナ禍でギャンブル好きな国民性が目覚める…?

日本人がギャンブル好きな国民性であることは、このサイトで何度も指摘しています。

日本人は世界一のギャンブル好き

ところで世界最大のギャンブルは何かご存じでしょうか?そうですパチンコですね。パチンコの売上高は、2003年以降毎年減少しています。それでも2010年の売上高は19兆4000億円です。1年で19兆4000億円のお金が動く業界、それがパチンコ業界です。

パチンコ遊技人口推移

パチンコ遊技人口推移

パチンコの売上高は合法カジノの6倍

19兆円というお金がどれほどすごいか?たとえば、世界最大のカジノ都市であるマカオの年間売上は、335億ドル(1ドル80円換算で、2兆6800億円)、二番手のラスベガスの年間売上は、66億ドル(1ドル80円換算で、5280億円)です。

  • パチンコ・・・19兆4000億円

マカオとラスベガスを合計した世界二大カジノの年間売上を大きく上回っています(約6倍)。

  • マカオ・・・  2兆6800億円
  • ラスベガス・・・ 5280億円
    ______________
    カジノ合計   3兆2080億円

圧倒的ですね。世界最大のギャンブル場が日本に存在するわけです。

馬券の売上も日本が ”世界一”

パチンコだけではありません。日本の公営競馬(JRA)の売上も文字通り世界一です(2011年…2兆3000億円)。世界第二位はアメリカですが、約2兆円です。

  • 日本の公営競馬…2兆3000億円(※レースの数は米国の10分の1)
  • アメリカ競馬…2兆円
  • イギリス競馬…9600億円

日本の人口はアメリカの2分の1程度、かつレースの数はアメリカの10分の1程度なのに、馬券の売り上げはアメリカを超えています。ちなみに競馬発祥の地・イギリスの馬券売上高は、9600億円です。

驚きますね。日本人がこれほどまでにギャンブル好きだとは思いませんでした。これが日本人の国民性なのか、もしくは都市伝説のように意図的に誰かに洗脳されているのか?私にはわかりません。日本人は勤勉であるというイメージが強いと思うのですが、これほどまでに、ギャンブルが好きな国民だったとは、意外です。

この国民性と、バイナリーオプションブームは無関係と言えるのでしょうか?

引用:バイナリーオプションの危険性

以下の2つの事実って、意外と知られていないですよね。

  • パチンコの売上高は合法カジノの6倍
  • 馬券の売上も日本が ”世界一”

情報操作でもおこなわれているのかな?

もう一つの事実。それは、毎月2〜3万人もの人々がFX口座を新規に開設する異常な国であるということです。

総務省統計局|人口推計|2020年(令和2年)1月報

総務省統計局|人口推計|2020年(令和2年)1月報

日本の人口は前月比で▲0.2%ペースで減少しているのに、その一方で毎月2万人を超えるペースでFX口座開設者が増え続けている国、それが日本です。

  • 2019年10月の口座数伸び率…0.67%増(+25,000口座)
  • 2019年9月の口座数伸び率…0.63%増(+33,000口座)
  • 2019年8月の口座数伸び率…0.65%(+34,000口座)
  • 2019年7月の口座数伸び率…0.73%増(+39,000口座)

コロナ禍によって、FX新規口座開設者の伸び率はさらに高まっています。

自己責任の時代に、個人投資家が増えることは必然なのでしょうね。

【動画】2020年、わたしたちは世界秩序が変わる歴史的瞬間の目撃者になる

アフターコロナ、世界は二度と元通りにはならない

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら