当ブログのオリジナル特典はこちら

巨額FX情報詐欺事件の舞台になったRiselink FXは架空の業者か?

巨額FX情報詐欺事件の舞台になったRiselink FXは架空の業者か?
巨額FX情報詐欺事件の舞台になったRiselink FXは架空の業者か?
巨額FX情報詐欺事件の舞台になったRiselink FXは架空の業者か?
巨額FX情報詐欺事件の舞台になったRiselink FXは架空の業者か?

【被害4億円超】巨額FX情報詐欺事件の舞台になったRiselink FX

先日お伝えしたFX巨額投資詐欺事件。ようやく詐欺グループの主だったメンバーが全員逮捕され、全容解明が待たれます。

その中で気になる情報が入りました。FX投資詐欺グループが使っていたRiselink FXという海外FX業者は、架空(ダミー)会社ではないか?とのウワサです。

Riselink FX(ライズリンクFX)とはどのような海外FX業者なのか?

Riselink FX(ライズリンクFX)は詐欺グループが作り上げた架空の会社か?

Riselink FX(ライズリンクFX)のWEBサイトは今も存在している(https://riselink-forex.com/)ため、実在する海外FX業者を勝手に悪用して詐欺を働いたのか?それともRiselink FXそのものも作り上げたのかは不明です。

気になったので少し調べてみました。Riselink FXのドメイン”riselink-forex.com”をWHOIS検索すると…

Riselink FXのドメインをWHOIS検索
Riselink FXのドメインをWHOIS検索

2019年11月7日にドメインを取得していることがわかりますね。ちなみにRiselink FXを利用した今回の巨額投資詐欺は2020年3月前後から勧誘がスタートしています。

レジストラはMATBAO(https://www.matbao.net)。ベトナムのホーチミンに本社を構える会社です。

ドメイン登録者は日本人か?
ドメイン登録者は日本人か?

ドメイン登録者は「イノウエマキ」です。日本人のような名前ですね。住所は香港です。

Googleで調べてみると…

GoogleでRiselink FXを調査
GoogleでRiselink FXを調査

https://riselink-forex.comは、2019年11月に最初にGoogleインデックス登録されたことになっていますね。ドメイン取得時期(2019年11月7日にドメインを取得)とピッタリ合致します。

少なくとも2019年11月より以前に、Riselink FXのWEBサイト(https://riselink-forex.com)は存在していなかった…ということになりますね。

ダミーテキストをそのまま貼り付けたお粗末なWEBサイト

Riselink FXのトップページには、意味不明なテキストがそのまま貼り付けられています。それがこちら。

Riselink FXのトップページ
Riselink FXのトップページ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Quam earum, provident ad, porro aperiam dolore, blanditiis, nihil pariatur eius adipisci consequuntur officiis. Excepturi, nostrum? Id incidunt nesciunt officia hic distinctio nihil pariatur.

これ(↑)英語ではありません。実はこの文章は英語圏でよく使われる伝統的なダミーテキスト「lorem ipsum」(=ロレム・イプサム)です。ベースは古いラテン語ですが、あえて意味不明の文字の羅列にして、それっぽい文章に仕上げているのです。英語のWEBサイトのテンプレートなどによく使われています。

英語圏でよく使われる伝統的なダミーテキスト「lorem ipsum」
英語圏でよく使われる伝統的なダミーテキスト「lorem ipsum」

「lorem ipsum」(=ロレム・イプサム)は、英語が理解できる人なら間違いなく知っているくらいの、すごく有名なダミーテキストです。

日本ならば、さしずめ「ああああああ…」みたいな意味不明のテキストのことですね。”このスペースはテキストを代入できますよ”という目印のようなものです。

海外FX業者がトップページでダミーテキストをそのまま載せている…って普通に考えればありえません。Riselink FX経営陣の誰一人、ダミーテキストの存在に気づかないなんて異常です。だってTOPページですよ?会社の顔ですよ?

ちょっとお粗末すぎませんか?

つまり…Riselink FXのWEBサイトは、英語がよくわからない人(日本人?)が作ったか、あるいはWEB業者がジョークで作ったか、のどちらかでしょう。なぜなら、英語圏のユーザーが見れば、確実に「…なんだこれ?手抜きか?」と思うからです。

ここまで状況証拠しかありませんが、犯罪グループが投資詐欺の舞台として使ったRiselink FXは、詐欺グループかその関係者が作り上げた架空の会社、もしくは、単なる手抜きサイト(笑)、ジョークサイトである可能性が高そうです。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

架空(?)の海外FX業者「Riselink FX」を使った詐欺の手口とは?

詐欺グループは、(架空会社と思われる)海外FX業者「Riselink FX」を利用し、4億円以上の大金をだまし取っていました。

詐欺の手口は次の通り。被害者側から流れを解説します。

  1. FX自動売買システムのキャンペーンに当選したと連絡が入る
  2. 海外のFX業者である”Riselink FX”(←存在しない会社?)に口座開設すれば100%ボーナスが付与されると説明される
  3. その話を信じて”Riselink FX”(←存在しない会社?)に口座開設する
  4. 20万円〜50万円の資金をクレカ決済で振り込む
  5. サポートはLINEのみ
  6. 資金の追加を求められる(ロット数がUPできるからと誘導)
  7. 取引画面では利益が出ている(←架空の取引画面だった!)ため安心する
  8. さらに資金の追加を求められる
  9. 出金依頼をおこなうと、永遠にはぐらかされる
  10. 急にLINEで連絡がとれなくなる…
  11. 投資詐欺だったと確信する!

儲かってると見せかけて大金を振り込ませたあとは、ドロン。典型的な投資詐欺の手口ですので、特段目新しくもありませんね…。

続報が入り次第、また記事にします。

【続報】被害4億円以上か?FX詐欺容疑で首謀者を逮捕

 

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら