2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

【FX手法】CCIのパラメーターは「期間14」がベストである理由を述べる

【FX手法】CCIのパラメーターは「期間14」がベストである理由を述べる

【FX手法】CCIのパラメーターは「期間14」がベストである理由を述べる

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

海外で人気の高いCCI(Commodity Channel Index)

CCIって海外では人気があるのですが、日本での人気は今ひとつですよね。ちょっと地味なんでしょうね、CCI。

さて、今回はCCIの最適なパラメーターについて解説します。CCIに関しては過去に何度か記事をアップしていますので、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

CCIの最適なパラメーターについて考察する

MetaTrader4に標準搭載されているCCIのパラメーターは、基本的に「期間」のみです。

デフォルト設定では「14」となっているはず。これは何を意味するのか?

ところで、CCIの計算式は次の通りです。

「一定期間のTP=Typical Price(平均値)のMD=Mean Deviation(平均偏差)」を算出する際の「一定期間」を定めるパラメーターが、デフォルトで「14」となっています。

ざっくり言えば、現在価格における「移動平均線との乖離」が、14日間の乖離平均値に対して、どれくらい離れているかを示しているインジケーターがCCIです。

価格の周期性から、乖離幅が大きければいずれ収束に向かうという考えをベースにしています。つまり上に乖離すれば「買われすぎ」であり、下に乖離すれば「売られすぎ」と判断するわけですね。

  • CCIが100%を超える(上抜け)…買われすぎ
  • CCIが−100%を切る(下抜け)…売られすぎ

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

なぜCCIの期間は「14」なのか?

さて、CCIにとっての最適なパラメーターですが、まずはデフォルトの「14期間」にどれくらい意味があるのかを考えてみましょう。

「14」という期間ですが、実は多くのテクニカル指標で使われています。

「期間14」が一般的に使われるようになったのは、J. Welles Wilder Jr.(J.ウエルズ・ワイルダー・ジュニア)の影響が大きいというのが一般的な見解です。

J. Welles Wilder Jr.(J.ウエルズ・ワイルダー・ジュニア)は、RSIATRADXパラボリックSARなどの有名なテクニカル指標を開発した人物です。「テクニカルの父」ともよばれています。彼が開発したテクニカル指標のデフォルト期間は、ほぼ全て「14」です。14本のローソク足を一つの周期と考えてそこに規則性(優位性)をを見出そうとしてるわけです。

今や、ワイルダーが考案・開発した様々なテクニカル指標(RSIやATRなど)は、世界中のトレーダーに使われています。結果的にワイルダー推奨の「期間14」が、他の多くのテクニカル指標の期間に影響を与えたのです。

CCIの期間「14」も、ワイルダー推奨期間「14」に準じているわけですね。

実際のところ、CCIを他のテクニカル指標(例えばRSIやATRなど)と併用する際に、他が期間14ならば、CCIの期間も「14」に設定しておいたほうが、ロジックの整合性は取れます。

CCIの期間を変更することは”愚行”

結論から述べれば、CCIのパラメーター(デフォルト14)をむやみに変更することは、やめておいたほうが良いです。

「期間14」のままで使うことをおすすめします。

このサイトで紹介してきた様々なCCI手法も、ベースはすべて「期間14」です。

『Woodies CCI(ウッディーズCCI )』はCCIを2本使いますが、メインCCIの期間は「14」です。

CCIを、RSIやADX、ATRなどのテクニカルと併用する場合は、なおさら「期間14」のままがベターです。

パラメーターの”最適解”を探し求めることの危険性

ネット上には、インジケーターのパラメーターの最適解を求める記事などがよく見られます。

しかしながら、様々なパラメーターを自分なりに検証することは、ほとんど意味がありません。

なぜなら相場は「美人投票」だからです。

より多くの人が相場が上がると考えているならば、素直に上がる方に賭けるのが勝つコツです。つまり多くの人が使用しているテクニカルと同じものを使い、同じ場所にラインを引き、同じポイントを意識することが重要なのです。

パラメーターをデフォルトて使うこによって、その他大勢のトレーダーが意識するポイントを捉えやすくなります。つまりパラメーターの最適解は、常にデフォルトであるということです。

また、むやみに期間を変更することは、カーブフィッティングにつながる恐れがあります。過去チャートに過剰に合わせたテクニカルが、今後も通用することは稀(まれ)です。

結論:CCIのパラメーターは「14」がベスト!

結論:CCIのパラメーターは、「14」のままで使うことをおすすめします。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら