【FX手法】MACDとRSIを組み合わせると逆張りトレードがはかどるwwww

FX手法|MACDとRSIを組み合わせると逆張りトレードがはかどるwwww

FX手法|MACDとRSIを組み合わせると逆張りトレードがはかどるwwww

MACDって使えない!と嘆(なげ)く前に…

MACDって誰もが最初に触るインジケーターの一つですよね。

MACDのゴールデンクロス・デッドクロスなどは、FX入門書の中でも最初に出てくるくらいに定番手法ですよね。

  • 買いパターン:MACDがシグナルを上抜き(ゴールデンクロス)
  • 売りパターン:MACDがシグナルを下抜き(デットクロス)

ところが実際に使ってみると「ダマシが多くて意外と使えないな、MACD…」となりませんか?

実はMACDを単体で使うのは、ちょっとおすすめできないんです。移動平均線をベースにしているMACDは、単純なゴールデンクロス・デッドクロスだけではダマシに遭いやすいんですね。

ではまったく使えないかといえば、そんなことはありません。

MACDは様々なインジケーターと組み合わせることで、優位性を高めることができるんです!

では、なにと組み合わせるか?

今回は、オシレーター系の定番中の定番「RSI」と組み合わせたFX手法を一つ紹介しますね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

RSIは「買われすぎ」や「売られすぎ」など相場の過熱感を計測するためのテクニカル指標

RSIは「買われすぎ」や「売られすぎ」など相場の過熱感を計測するためのオシレーター系テクニカル指標です。

チャートに表示させるとこんな感じです。サブウィンドウの線グラフのようなものがRSIです。

RSI

RSI

上下(70%と30%)にレベルラインが引かれています。このラインを目安に買われすぎ・売られすぎを判断します。

  • RSIが70%を超えると「買われすぎ」
  • RSIが30%を切ると「売られすぎ」
RSIの買われすぎと売られすぎ

RSIの買われすぎと売られすぎ

”MACD”に”RSI”を組み合わせると逆張りトレードがはかどるwwww

さて具体的な手法を紹介していきますね。基本は「逆張り」です。

まずはMACDRSIをチャート上に表示させましょう。こんな感じです。

MACDとRSIをチャートに表示

MACDとRSIをチャートに表示

まずやってほしいのはRSIのレベル変更です。デフォルトでは30%と70%にラインが引いてあるはず。これを35%と65%に引き直してください。

RSIのレベルを35%と65%に引き直す

RSIのレベルを35%と65%に引き直す

これで準備完了!

デフォルトのままでもいいんですが、それだとトレードチャンスがすごく減ってしまいます。

トレードルールはとってもシンプル!

時間足はなるべく大きめの足をオススメします。30分足、1時間足、4時間足くらいがベターです。もちろん15分足や5分足でも活用できますが、ノイズが増えるぶんだけダマシも増えます。

通貨ペアは選びません。自由です。

まずは「買い」パターンでのトレードルールです。

  1. RSIが35%以下に入った!
  2. MACDがゴールデンクロス!(MACDがシグナルを上抜け)
  3. 買いでENTRY

「売り」はその逆ですね。

  1. RSIが65%を超えた!
  2. MACDがデッドクロス!(MACDがシグナルを下抜け)
  3. 売りでENTRY

うん、シンプルですね。チャートで確認してみましょう。

MACD+RSI手法 その1

MACD+RSI手法 その1

MACD+RSI手法 その2

MACD+RSI手法 その2

RSIの方がシグナルが早く出るので、まずRSIの35%割れ・65%超えを確認します。その後MACDのGC/DCを確認してエントリーします。

SL(損切り)は直近の高値/安値+5〜10pips程度で良いでしょう。

TP(利確)はMACDの逆クロスが無難です。リスクリワードは1対3くらいですね。

どうですか?こんな簡単な手法でも勝てるんです!

あ、もちろん「ダマシ」ゼロっていうことではないですよ。エントリーしたけど損切りにヒットしてしまった…っていうダマシもあります。そこは必要経費と捉えることです。

MACD+RSI手法 その3

MACD+RSI手法 その3

上のチャートの左側のエントリーでは、ほとんど含み益が出ずに微損で終わっていますね。一方の右側のトレードは利益が出ています。

MACD+RSI手法 その4

MACD+RSI手法 その4

こちらも最初のトレード(左端)は、損切りか同値撤退でしょう。2番めと3番目はプラスですね。

どうですか?こんな簡単な手法でも勝てるんです!

シンプルトレードだからといってバカにできません。いろいろなインジケーターを重ねて表示してチャートがごちゃごちゃになっている人も、初心に帰ってこんなシンプルチャートから再スタートしてみるのも良いかもしれませんね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら