2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

押し目買い・戻り売りをMACDで補完する超絶シンプルなFX手法を紹介するよ!

押し目買い・戻り売りをMACDで補完する超絶シンプルなFX手法を紹介するよ!

押し目買い・戻り売りをMACDで補完する超絶シンプルなFX手法を紹介するよ!

押し目買い・戻り売りをMACDで補完する超絶シンプルなFX手法を紹介するよ!

またまたシンプルなFX手法の紹介です。

出典は、https://forex-strategies-revealed.com/trading-strategy-123swingです。『Simple 1-2-3 swings』と呼ばれるFX手法ですが、驚くほどシンプルなのに優位性はかなり高そうです。

基本的にインジケーターは使用しなくても完結する手法なのですが、追加ルールとしてMACDを加えることでより優位性を高める工夫がなされています。

『Simple 1-2-3 swings』の基本ルール

『Simple 1-2-3 swings』の基本ルールを紹介します。まずはENTRYルールから。

Entry rules: Once the price makes it through the “pivot Line” – dotted white line on the figure below (drawn using the latest price peak) – and closes above (for uptrend) or below (for downtrend) the line buy/sell accordingly.

Exit rules: not set. However, exit can be found using Fibonacci method; or traders can measure the distance between point 2 and point 3 and project it on the chart for exit.

Simple 1-2-3 swings

Simple 1-2-3 swings

引用:https://forex-strategies-revealed.com/trading-strategy-123swing

上の英語を翻訳ソフトで訳しても理解しずらいと思いますので、わかりやすく超訳してみます。

仕掛けルール
pivot Line”(最新の価格ピーク=白い点線)をレートがブレイクするのを待つ。
このとき、必ず終値pivot Line”を抜けていること。
その次の始値で仕掛ける。

手仕舞いルール
手仕舞いルールは特に設定していない。
ただし、Exit(出口)はフィボナッチを使えば見つけることも可能。
もしくは、押し目・戻りの深さ(「2」と「3」の距離)と同じ距離にTP(利確ポイント)を設定して、手仕舞いの目安とすることも可。

とても明快なロジックで好感が持てます。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

『Simple 1-2-3 swings』の要点は次の通り

pivot Line」は、「トレンド中の押し目や戻り」だ

いくつか解説が必要ですね。ソース内では「pivot Line」と表現されていますが、これは一般的に知られるPIVOT POINTS(ピボット・ポイント)とは異なります。

ここでの「pivot Line」は、「トレンド中の押し目や戻り」と捉えたほうがわかりやすいと思います。つまり、直近の価格ピークをブレイクするタイミングで仕掛けるというシンプルな手法ですね。

ブレイク足の終値が「pivot Line」を超えていることが条件

もう一つ、おそらくブレイクの条件として、ローソク足の実体が抜けていることが前提です。つまり「ヒゲ」のブレイクは見送り、しっかりと実体がブレイクして終値が「pivot Line」を超えていること。その次足始値で仕掛けをおこなうというもの。

手仕舞いルールは押し目・戻りの深さと同じ幅がベターか

手仕舞いルールは、各トレーダーの判断に任せる感じですかね。フィボナッチを使って目安となるタイミング(目標レート)を設定してもいいとありますね。

もう一つの手仕舞いルールである「押し目・戻りの深さと同じ幅を出口とする」が、ベターではないかと思います。

損切りポイントは「3」の少し後ろ

損切りポイントについては、コメント内でのやり取りで投稿者が次の通り言及しています。

I believe there is some misunderstanding regarding point 3 here…
If we place a stop “below point 3 at second OK” on the screen shot above, we won’t be stopped…
Point 3 is the Lowest swing Low on the chart and is quite distant from our entry.

「3」のすぐ後ろにストップを置くということですね。押し目買いの場合は「3」の少し下。戻り売りの場合は「3」の少し上にストップを置きます。

MACDで精度を高めよう!

さて、ソース内では『Simple 1-2-3 swings』の精度を高めるために、サブ的にMACDを使うことが提唱されています。

When MACD lines cross downwards, you look for 1-2-3 set-up to form. When the price starts “attacking” the “pivot Line” you check that MACD is still in SELL mode (two lines are heading down). Once the price closes below the “pivot Line” – place Sell order.

Simple 1-2-3 swings+MACD

Simple 1-2-3 swings+MACD

引用:https://forex-strategies-revealed.com/trading-strategy-123swing

直訳します。

MACD(12、26、9)を補完的に使うこともOKだ。

まずMACDラインが0レベルを下抜けるタイミングで、1-2-3セットアップ(下方ブレイクタイミング)を探す。
レートが「pivot Line」付近でブレイクしそうならば、MACDがまだ売りモード(2本のラインが共に下向き)であることを確認する。
レートが「pivot Line」をブレイクしたら、次足始値で売りENTRYする。

『Simple 1-2-3 swings』戦略を補完するインジケーターはMACDでなくても良さそうですね。ADXでもいいしストキャスでもいいし、RSIなどでも良いでしょう。ご自身の好きな(使い慣れている)テクニカル指標を追加するのもアリです。

ちなみに、投稿者が使っているMACDは一般的なものと少し異なります。まあ普通のMACDでも問題ないのですが、2本のラインを表示させるMACDが欲しいならば、以下からDownloadをどうぞ。

try this one for MT4: Good_Macd.mq4
or even this one: MACD_AllcoloredMM2_4.mq4

『Simple 1-2-3 swings』はシンプルであるがゆえ、普遍性・汎用性は抜群に高いぞ!

いかがですか?めちゃくちゃシンプルですよね!

小難しいロジックなどありません。FX初心者でも理解でき、今日からすぐに実践することができます。シンプルだからこそ、あらゆる相場・時間足・通貨ペアで使用することが可能です。普遍性や汎用性の高さは半端ありません。

実際に、スレッドのコメントも絶賛の嵐です。

あなたが小難しいロジックで疲弊しているならば、ときにはこんなシンプルロジックを試してみるのもいいですよ。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら