「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

S評価商材

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない!

本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。

「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供されている読み物の一つです。佐野裕氏はビクトリーメソッドアドバンス購入者限定で、FXトレード勝利の羅針盤というメルマガを配信しています。そして「トレードと凡事のお話」は、メルマガのいちコーナーとしてすでに163回目をむかえるほど続いている人気コラムです。

投資苑で有名なアレキサンダー・エルダー博士がトレードでは当たり前なことこそが大切として、「投資苑3」の中でこう語っています。

「相場には秘密があります。 秘密がないということが秘密なのです。」

相場やトレードで秘密ではない「当たり前なこと」とはいったいぜんたい何なのでしょうか…。

こんな出だしで始まる「トレードと凡事のお話」には登場人物が二人います。

  • ジイさん
  • 溜口剛太郎

この二人が、様々な時事ネタにスポットをあてて、面白おかしく話をしていくという読み物です。FX関連の時事ネタを取り上げつつ、そこから興味深いテーマへと掘り下げていくストーリーは、投資に興味のある方ならば誰でも楽しめます。そして非常に勉強になります。

トレードのリストラクチャー(再構築)のお話

いつも楽しみにしている「トレードと凡事のお話」ですが、今回(9月27日配信)の話題は私にとって興味深いテーマだったので取り上げてみたいと思います。テーマは「トレードの再構築」です。

複雑化しがちな投資ロジックの弊害に注意し、あらためてトレードや思考の断捨離(再構築)をするべきだ、というお話ですね。

「『知っている事やっている事相違』いう執行問題もあるが
年月を重ねるほどに増えていく知識が垢(あか)なって溜まり、
きにレード戦績障害なってしまう場合さえもあるもじゃう…。溜口剛太郎殿。」

「第百十二でも述べたこじゃが…、
人は知識を積み重ねるほどに、複雑思考なりがちで、
次第に複雑に複雑に物事を考えるようになるもう…。
レード判断は最終的には『買う』、『売る』、『待つ(見送る)』、
たった3つ結論うちどれかを適切に得るためであり…、
複雑思考がそ結論を得るに有効であれば有益いう事になるが、
もしも複雑思考ゆえ結論を得るに対し弊害なっているであれば
レードや思考断捨離をする必要があるではなかろうか…。」

 

「ふむ…。そおりじゃ…。
勤勉なレーダーは…、特に知性高い人ほど、
知らず知らずに『複雑信仰』や『複雑崇拝』に陥りやすいも
逆に言う、『シンプル=単純=稚拙』なもして
シンプル化を『劣』して排除しようする傾向があるが…、
『複雑=高度=優れている』いう思想は大いなる誤謬であり、
天才物理学者達が見果てぬ夢して最後に求めた統一理論ように、
最終的に究極シンプル化こそ、レーダーも求めるべきも
ではあるまいかう…。溜口剛太郎殿。」

トレードロジックやルールが複雑化することに対する警鐘ですね。実際のところ、最近のFX情報商材も、複雑化する傾向にあります。むしろ複雑なチャート画面、複雑なルールであるほど「すごいツール(商材)」「優位性がありそうなツール(商材)」と思ってしまうユーザーも多いように感じます。

逆にシンプルすぎるFX情報商材は、「こんなの知ってるよ」「ありきたりすぎる」「これで勝てたら苦労しない」などと敬遠されるようにも感じます。

「もっとすごいツールを!」「もっと複雑・高度なロジックを!」まさに”『複雑信仰』や『複雑崇拝』”に陥ってるような印象です。

何も表示されていないチャートに1つだけ表示させるとしたら…

この複雑化を避けるためにジイさんは以下のように述べます。

「ふむ…。一旦、チャーから全てを削ぎ落して
何が本当に大切なもかを『一から思量』してみるこじゃ…。」

「(ローソク足以外に)もう1つだけ表示させるしたら、それは何かね?」

いちどチャートをまっさらな状態(ローソク足のみ)にして、そこから一つだけテクニカル指標(インディケータ)を表示させるとしたら、あなたならなにを表示させますか?私ならば…うーん、やはりボリンジャーバンドでしょうか。ボリバンには移動平均線も含まれますので、実質的には2つになるのかもしれませんが。

「たとえば、1つのモデルケースとして、あくまでも1例じゃが…、
ローソク足とSMA12もしくはSMA10だけを表示させるとしよう。
これについて、どう思うかね? 溜口剛太郎殿。」

ローソク足と移動平均線だけで有料教材を凌駕するほどのパフォーマンスが出る?

ジイさんは、単純移動平均線(SMA12or10)を表示させるというアイデアを示します。移動平均線とローソク足のみでどのようなトレードルール(ロジック)を再構築できるのか?

「ローソク足+SMA12の組み合わせのトレードルールとして、

  1. SMA12の傾斜が不明瞭で価格がSMA12を跨ぎ推移する場合はトレードはしない(トレードは控えて待つ)。
  2. SMA12が明確に右肩上がりで価格がSMA12の上方に位置して陽線を示現した(している)場合はロング(買い)を執行。
  3. SMA12が明確に右肩上がりで価格がSMA12の上方に位置して陰線示現の後に陽線を示現した場合はロング(買い)を執行。
  4. SMA12が明確に右肩下がりで価格がSMA12の下方に位置して陰線を示現した(している)場合はショート(売り)を執行。
  5. SMA12が明確に右肩下がりで価格がSMA12の下方に位置して陽線示現の後に陰線を示現した場合はショート(売り)を執行。
  6. ロング(買い)の執行の後に長めの上ヒゲや陰線が示現したら利確(もしくは損切り)を執行して退出。
  7. ショート(売り)の執行の後に長めの下ヒゲや陽線が示現したら利確(もしくは損切り)を執行して退出。
  8. ロング(買い)の執行の後に価格がSMA12を下抜けた場合、損切り(もしくは利確)にて退出。
  9. ショート(売り)の執行の後に価格がSMA12を上抜けた場合、損切り(もしくは利確)にて退出。

附則1として、SMA12が明確に右肩上がりで価格がSMA12の上方に位置している場合にはショート(売り)はしない。
附則1として、SMA12が明確に右肩下がりで価格がSMA12の下方に位置している場合にはロング(買い)はしない。
附則2として、重要経済指標の発表時間には留意する。」

「じつは…、単純で稚拙なようでありながらも…、
『ローソク足+SMA12組み合わせ』レードは
よくある有料教材を凌駕するほどパフォーマンスになるもで、
SMA一本単純なレードて、決して侮れないもじゃ…。」

「単純=稚拙」ではないということ

「こような単純なレード技法は、『単純=稚拙』されやすく、
『複雑信仰』や『複雑崇拝』支配的な中では
教材にもなりにくく、案外知る人は少ないもじゃ…。」

『まぁな…。「ローソク足+SMA12組み合わせ」なんかで勝てるなら
誰も苦労はしない、鼻で笑われて一蹴されるだろうな…。
え真に優れたパフォーマンスであってたしても、
こんなA41ペラに収まるようなこをこを教材にしたら、
幼稚でふざけた教材誹(そし)られるんじゃないかな…。』

ローソク足と移動平均線のみのロジックをFX情報商材として販売しても、おそらく誰も買わないでしょう。たとえ1000円でも売れない可能性があります。複雑=高い優位性=高額、これが一般的なユーザー(商材購入者)の思考ではないでしょうか。そして販売者は「売れるもの」を作る必要があるため、商材の複雑化に拍車をかけてしまっているのではないでしょうか。

本物は案外とシンプルなもの

「ラインを活用するレードなどもそうじゃが…、
本物は案外シンプルなもう…。溜口剛太郎殿。
そして、シンプルは学びに学んだそ後に…、
削ぎ落して削ぎ落してはじめて得られるもであり、
『複雑信仰』や『複雑崇拝』で通り過ぎて学び損ねたり、
削ぎ落プロセスに至る前段階で、
知識を詰め込むこにしか興味ないうちは
いつまでも『気づき得ない事』なじゃう…。」

「本物は案外とシンプルなもの」考えさせられる言葉ですね。

ビクトリーメソッドアドバンスの特典の1つである佐野さんのメルマガ、面白いですよ

今回ご紹介した佐野さんのメルマガ(レード凡事お話)は、ビクトリーメソッドアドバンス購入者であれば、誰でも読むことが可能です。定期配信されるメルマガはボリュームも大きく、読み応えがあります。有料メルマガとして配信されていても購読したいほどのクオリティです。本気でFXトレードに取り組むならば、絶対におすすめできるメルマガの一つです。

メルマガのコンテンツは、今回ご紹介した「レード凡事お話」以外にも次のものがあります。

  • 為替概況の振り返り
  • 今週の主な予定
  • 今週のドル・円・ユーロの注目点
  • トレード動画追加のお知らせ

もちろんバックナンバーも読むことができます。

S評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」を見終わりましたので、正直な感想を述べます

秋田式トレーダー育成プログラムを見終わった! この週末の空き時間を利用して2枚の秋田式DVDを見終わりました。 秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」…

侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる 侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。 侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる 前回の記事において、侍マト…

井手式7daysFXが評価されるべき3つの理由

井手式7daysFXが明日値上げすることは非常に残念・・・ 井手式7daysFXが、明日(18日火曜日)23時に値上げするそうです。現在の価格は29,800円ですが、値上げ幅は不明…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

Daemon Spear
Daemon Spear ver3【検証とレビュー】

「Daemon Spear」は20秒足を使ったバイナリーオプションツールだ 完全無裁量を謳う「悪魔のツール」と名付けられたDaemon Spear(デーモンスピア)をレビューします…

最近発売されたFX商材のドラゴンストラテジーFX、FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較してみる

FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較検討する ここ最近、多くのFX情報商材がリリースされています。その多くがMetaTrader4を…

FXスキャル・パーフェクトシグナル第2回オンラインセミナーを視聴した

FXスキャル・パーフェクトシグナルの第2回オンラインセミナーが開催された 2017年4月6日(木)にFXスキャル・パーフェクトシグナル購入者限定のオンラインセミナー(第2回…

ゾーンスキャルFX
『ゾーンスキャルFX』の本質は順張りライントレードにすぎないが10万円を超える価格に見合う優位性は不明【検証とレビュー】

『ゾーンスキャルFX』検証とレビュー 低価格路線に歯止めをかけるか?10万円オーバーのFX情報商材の登場 なかなか強気な価格設定です。なんと10万円オーバー(税込)のFX情報商材が…

池辺雪子の倍加テクを別の角度から解説

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】 4億7000万円稼いだカリスマ主婦「池辺雪子」さんがFXで荒稼ぎした手法と、その時の相場背景について カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加…

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法
マーフィー氏のセミナー開催のお知らせ

必見の”無料”セミナーです 先日、ご紹介したマーフィーの最強スパンモデルFX投資法 の作者である、マーフィーこと柾木利彦さんのセミナーが開催されます。しかも参加料は無料です。 最強…

赤本FX
『赤本FX』シンプル×高勝率=FXの赤本【検証とレビュー】

『赤本FX』検証とレビュー チャートマスター副社長による”裁量”トレード商材 株式会社チャートマスターから販売されている『赤本FX』をレビューします。チャートマスターはれっきとした…

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力 先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。 トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】 トレン…