Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

C評価商材

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』検証とレビュー

FX商材の量産体制に入ったクロスリテイリング社

クロスリテイリング社がいよいよFX情報商材の大量生産体制に突入したようですね。クロス社お抱えのトレーダー陣が、次々と新商材をリリースしています。

1つのプロモーションが終わると、すぐに次の商材のプロモーションがスタートするという凄まじさです。

さて、今回は『Go!Go!!スキャルFX』です。クロス社に新たな人材(本田浩輝氏)が加わりました。

Go!Go!!スキャルFX
3分で稼ぐFX!勝率92%!1日300回のチャンスで年収4000万円「Go!Go!!スキャルFX」
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018/09/19
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://new-scal.s3.amazonaws.com/goscal/top/it.html

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』の概要

きっかり3分後に自動決済する1分足スキャルツール(インジケーター)

『Go!Go!!スキャルFX』は、エントリーして3分後に自動決済を行う1分足スキャルピングです。

いわゆる時間決済というアイデアは、ブレイクアウト等によく用いられますね。とはいえ、今回はなんと「3分後」です。

はたして3分後自動決済がロジックとして優位性を持ち得るのか?疑問に感じるユーザーも少なくないでしょう。

基本は、”サイン通りにENTRY&3分後自動決済”

『Go!Go!!スキャルFX』チャート上に現れるサイン(矢印)に従ってエントリーし3分後に決済するというシンプルな手法です。決済は決済ツールを使って自動化します。

メインロジックは順張りと逆張りであり、サイン通りにトレードするため無裁量です。

『Go!Go!!スキャルFX』のロジックが組み込まれたオリジナル・インジケーターが付属しており、そのツールが表示させるサインに従ってトレードを行います。

『Go!Go!!スキャルFX』には2つのオリジナルインジケーターと、3つのベーシックインジケーターで構成されています

■2つのオリジナル・インジケーター

  1. Victory Light(ビクトリーライト)
  2. 自動決済ツール

■3つのベーシックインジケーター

  1. ボリンジャーバンド
  2. RSI
  3. 一目均衡表

Victory Light(ビクトリーライト)はボリバンのエクスパンション(収縮からの拡大)を見定めるためのオリジナル・インジケーターです。サインが点灯するとはいえ、そこに裁量判断を加えて、シグナルの取捨選択を行います。フィルターにはRSIを利用します。

もう一つのインジケーターは自動決済ツールです。3分後(ローソク足3本完成後)にポジョションを自動で決済してくれるツールです。

推奨通貨ペアは以下の4つ。

  1. USD/JPY(ドル円)
  2. EUR/JPY(ユーロ円)
  3. GBP/JPY(ポンド円)
  4. EUR/USD(ユーロドル)

ボリバンのエクスパンション(収斂から拡大)の”初速”を狙い撃ちする

さらに『Go!Go!!スキャルFX』のトレード確度を高めるための3つの裏技(裁量手法)が用意されています。裏技(裁量ロジック)は、3つあります。

  1. ボリバンのエクスパンション初速を狙う
  2. 一目を活用したトレンド追随トレード
  3. レンジでの逆張り(カウンタートレード)

メイン手法は、いわゆるボリバンのスクイーズ(収斂)からエクスパンション(拡大)を狙い撃ちするトレンドフォローです。ブレイクアウトの初速を狙うとも言いかえられますね。

2番めの手法は一目均衡表を活用した、トレンド追随トレードです。ビッグトレンド発生時に、その勢いに後乗りする手法です。

3つ目の手法は、レンジ相場におけるカウンタートレード(逆張り)です。1番目の手法と同じくボリバンを活用してレンジを見極めます。

これらの3つの裏技(裁量判断)を加えることで、より高確度のトレードが可能になるとされています。

Go!Go!!スキャルFX
3分で稼ぐFX!勝率92%!1日300回のチャンスで年収4000万円「Go!Go!!スキャルFX」
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018/09/19
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://new-scal.s3.amazonaws.com/goscal/top/it.html

”3分後決済”は、自らの首を絞める

「相場状況に応じて戦略変更する」というFXの最大の利点を奪うことになる…

一定時間後の自動決済は、ポジション保有中のストレスが限定されるメリットがあります。勝っていても負けていても3分後にはポジションがなくなるからです。

一方、3分後の自動決済は「相場状況に応じた戦略変更」というFXの最大の利点を奪ってしまうという大きなデメリットが存在します。バイナリーオプションと同じです。

バイナリーオプションが難しいとされる理由は、一定時間後(それも短時間後)のレートを高い精度で当てることが求められるからです。1分後、3分後、10分後のレートを50%を超える確率で当てなければなりません。1分バイナリーならば、59秒後でもなく、1分1秒後でもありません。きっかり1分(60秒)後のレートによって勝敗が確定します。

時間制約のないFXは、エントリー1分後に負けていた(含み損を抱えていた)としてもその後の相場状況に応じて様々な戦略を組み立て、最終的に収支をプラスにすることが可能です。ナンピンを行うことで平均購入レートを押し下げたり、複数ポジションに分けて買い増ししたり(ピラミッディング)、あるいは複数ポジションを段階的に決済したり(トレーリングストップ)…実に様々な戦略を組み立てることが可能になります。トレンドに追随して利益を最大限に拡大することも、決済時間が決まっていないからこそ戦略として有効になります。

FXは、24時間いつでも決済可能な投資であるからこそ、多くの戦略・戦術を可能にしているのです。

しかしながら、『Go!Go!!スキャルFX』に代表される「時間決済」という考え方は、FXの最大の利点である「時間」を縛ってしまうことになります。「時間」という投資における最大のメリット(戦略)を捨て去るわけです。

1分足で細切れに利益を積み上げるよりも、スイングトレードで月2回のトレードで利益を取る方が100倍簡単

結論から言ってしまうと、1分足で細切れに利益を積み上げるよりもスイングトレードで月2回のトレードで利益を取る方が100倍簡単です。

大げさでもなんでもなく、事実です。やってみればわかります。

『Go!Go!!スキャルFX』は1日最高300回のトレードチャンスがあると謳っています。1日に30回のトレードですらハードワークです。1日の終りにはヘトヘトになり疲れ果ててしまうでしょう。スキャルなのでスプレッド以上の利益が乗っていなければマイナスです。

そんなハードワークなトレードを1ヵ月間続けることがあなたに可能でしょうか?

1分足はノイズ(規則性のない乱高下)であり、3分後にスプレッドを上回る含み益が出るかどうかは、まさに運試しに近いといえます。

それよりも、月に2回、適切なタイミングでポジションを建て、数日〜1週間程度で決済するようなスイングトレードを行えば、ストレスも少なく『Go!Go!!スキャルFX』と同じくらいの利益を取れる可能性があります。しかもはるかに簡単・シンプルです。

とはいえ、スキャルピングをしたい初心者は後を絶たないので、この手のツールもニーズがあるのでしょうね。

3時間後決済のロジックも提供されているが…

『Go!Go!!スキャルFX』は、3分後決済が基本です。これはつまり1分足チャートにおけるローソク足3本分を意味します。

応用編として、1時間足でも同じストラテジーでデイトレが可能であるとの解説がなされています。つまり1時間足チャートでエントリー後、ローソク足3本分(3時間後)に自動決済するという手法です。

とはいえ、1分足と1時間足を同じ感覚で扱うことに疑問を感じてしまいます。

1分足はノイズです。規則性もへったくれもありません。まさにランコルゲ(=乱高下)です。世界中のトレーダー・機関投資家の思惑が反映され、チャートの動きがある程度規則性を有してくるのは30分足以上の長期足からです。

1時間足におけるエクスパンションと、1分足のエクスパンション(ノイズ)を同一に扱うことには抵抗を感じざるを得ません。

また、1時間足でエクスパンションを狙うならば、それこそ3時間後に(ローソク足3本で)決済する行為は、無駄というかバカバカしいです。しっかりとトレンドに追随し利益を最大化するべきでしょう。

Go!Go!!スキャルFX
3分で稼ぐFX!勝率92%!1日300回のチャンスで年収4000万円「Go!Go!!スキャルFX」
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018/09/19
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://new-scal.s3.amazonaws.com/goscal/top/it.html

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』の欠点

まず『Go!Go!!スキャルFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

1分足スキャル&3分後決済は、ノイズを予測する極めて困難な手法

乱高下を繰り返す1分足において、3分後に利益を確実に出すことは、想像以上に困難です。きっかり3分後にスプレッドを上回る利益が乗っているかどうかなど、神のみぞしる…という感じです。せっかく優位性のあるポイントでエントリーしても、3分後にスプレッドを超える利益が乗ってプラスに転じているかどうかなど予測不可能です。

疑う人は、自分でやってみると良いでしょう。もちろん偶然勝てるときもあります。肝心なことは、長期的に利益を出せるかどうかです。

バイナリーオプションのデメリットをFXに組み込んだような手法であり、ゲームでいうところの”縛りプレイ”と同じ印を受けます。

商材の欠点

”時間決済”にこだわると足元をすくわれる

3分後にしても3時間後にしても、時間を限定して決済することにこだわると、結局自らの首を絞めることになりかねません。FXに限らず、投資は決済時間を自由に選択できるからこそ、そこに様々な戦略が生きてくるのです。

極論ですが、ENTRYタイミングがどれほどマズくても(悪くても)、決済タイミング次第では利益を出すことが可能です。つまり、ENTRYタイミング以上に、決済タイミングのほうがはるかに重要だということです。

商材の欠点

1分足に規則性を求めることは、さざ波の広がりを予測するくらい困難

1分足はノイズです。1本1本のローソク足に規則性などありません。単なる乱高下にすぎません。ノイズの集合体である1分足ローソクが3本集まったところで、ノイズであることに変わりありません。そんなノイズの方向を予測することは、さざ波の行方(広がり)を予測するに等しいと私は考えます。

小刻みに揺れるさざ波の行方(広がり)を予測するよりも、大海原のゆったりとした潮(しお)の流れを予測するほうがはるかに簡単だと思いませんか?

この話にピンとこない人は、是非、以下の書籍(とレビュー記事)をお読み下さい。

商材の欠点

なぜ3分(ローソク足3本)なのか?その根拠が不明瞭

『Go!Go!!スキャルFX』はローソク足3本で決済することにこだわった手法です。しかしながらなぜローソク足3本(3分or3時間)である必要があるのか?その根拠は明確ではありません。なんとなく思いつきか?という印象しかありません。3本でなければならない根拠(=3本であることの優位性)は明確に示されていません。

相場は一定ではなく常に変化しています。ならばローソク足3本決済にこだわるよりも、相場局面に応じて最適な決済タイミングをその都度取捨選択したほうがはるかに優位性が高いはず。

商材の欠点
  1. 1分足スキャル&3分後決済は、ノイズを予測する極めて困難な手法
  2. ”時間決済”にこだわると足元をすくわれる
  3. 1分足に規則性を求めることは、さざ波の広がりを予測するくらい困難
  4. なぜ3分(ローソク足3本)なのか?その根拠が不明瞭

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』の評価点

次に『Go!Go!!スキャルFX』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

決済時間(3分後、3時間後)の”足かせ”を外せば、それなりにロジカルな手法と考えられる

『Go!Go!!スキャルFX』の最大の特徴は3分後決済(3時間後決済)です。この部分ばかりが強調されて商材の本質が見えなくなっているようにも感じます。

ENTRYロジックそのものは、非常にロジカルであり優位性を感じさせます。特に裏技とされる3つの裁量手法は、多くの裁量トレーダーにとって参考になるはず。

  1. エクスパンションの初速を狙う
  2. トレンド追随
  3. レンジでの逆張り

ローソク足3本での決済にこだわらず、ENTRY後に利益を伸ばすアレンジを加えれば、有効な手法かもしれません。

商材の良点

1分足ではなく1時間足以上でロジックをまとめてもらえれば面白そうだ

スキャルピング商材は、多くのユーザーにニーズがあるため、業者としてはどうしてもその方向で商材を作りたくなるのでしょう。しかし、本当に初心者が勝てる(勝ちやすい)手法は、デイトレ〜スイングです。

『Go!Go!!スキャルFX』は1分足スキャルがメインですが、一応1時間足でのデイトレ手法も紹介されています。本来ならば1時間足以上でのデイトレ手法をメインにして商材・ツールを構成してもらったほうが、ユーザーのためになるはず。ENTRYロジックは決して悪くないので、この点がちょっと惜しいですね。

商材の良点
  1. 決済時間(3分後、3時間後)の”足かせ”を外せば、それなりにロジカルな手法と考えられる
  2. 1分足ではなく1時間足以上でロジックをまとめてもらえれば面白そうだ

『Go!Go!!スキャルFX』総合評価

C評価商材

【結論】”時間決済”にこだわるあまりにENTRYロジックの優位性を失ってしまった感があり、もったいない印象だ
トレーダーにとって最大の武器(戦略)である”時間の選択”をあえて放棄して制約を設けることにどのような意味があるのか?

『Go!Go!!スキャルFX』は、”時間決済”という特性を持つ異色のFX商材です。しかしながらローソク足3本で決済することの必然性がどうしても感じられません。

どうしてそんな難しことにあえて挑戦するのでしょうか?”時間選択”はトレーダーに与えられた最大の武器(戦略)です。その武器(戦略)をあえて放棄し、自ら制約(制限)を設けることの意味がわかりません。まさにゲームでいうところの”縛りプレイ”です。

ENTRYロジック(3つの裏技=裁量)は、決して悪くありません。そのロジックを活かして利益を最大化するためにも”時間縛り”は取っ払うべきではないかと考えます。3分後決済に拘るあまりに、本来のロジックの良さが引き出せていないようで、残念です。

商材の良点
  1. 決済時間(3分後、3時間後)の”足かせ”を外せば、それなりにロジカルな手法と考えられる
  2. 1分足ではなく1時間足以上でロジックをまとめてもらえれば面白そうだ
商材の欠点
  1. 1分足スキャル&3分後決済は、ノイズを予測する極めて困難な手法
  2. ”時間決済”にこだわると足元をすくわれる
  3. 1分足に規則性を求めることは、さざ波の広がりを予測するくらい困難
  4. なぜ3分(ローソク足3本)なのか?その根拠が不明瞭

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』を購入するべき人

  • スキャルピングを修得したい人
  • 3分決済に興味がある人
  • バイナリーオプション的なトレードをしたい人

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』を購入してはいけない人

  • 時間縛り(時間決済)に必然性を見いだせない人
  • ストレスの少ない手法を探している人
Go!Go!!スキャルFX
3分で稼ぐFX!勝率92%!1日300回のチャンスで年収4000万円「Go!Go!!スキャルFX」
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018/09/19
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://new-scal.s3.amazonaws.com/goscal/top/it.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中
【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中

賞金総額は100万ドル=約1億円 海外FXブローカー「XM」が世界的なトレードバトルを開催しています。その名もXMのFXワールドチャンピオンシップ。賞金総額は100万ドル、日本円に…

1秒スキャルFX 5-Star アカデミー
1秒スキャルFX 5-Star アカデミー【検証とレビュー】

『1秒スキャルFX 5-Star アカデミー』検証とレビュー マックス岩本氏の高額FXスクール『1秒スキャルFX 5-Star アカデミー』 クロスリテイリング社随一の理論派トレー…

マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されること…

flashzonefx
Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】

鉄板マスタートレンドはインディケーターを組み合わせたシグナルツール 鉄板マスタートレンドは、メタトレーダーのインディケーターです。いわゆるシグナル点灯系のツールですね。1時間足と3…

FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる

勝率理論値100%とされるFX裏技攻略塾TPSの手法を勝手に推測してみた 強烈なインパクトを放つFX裏技攻略塾TPSですが、その手法は謎に包まれています。 FX裏技攻略塾TPS第3…

侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる

侍マトリックスはEA(自動売買システム) リベルタス合同会社が販売している侍マトリックスがランキング1位(2014年9月9日)ですね。私は購入していませんので販売ページを見て気にな…

FX−STS 【検証とレビュー】

FX-STSは月額39,800円のコピートレード FX-STSは、コピートレードです。当たり前ですが、コピートレードもシグナル配信も結果が全てです。 残念ながらFX-STSは、現時…

ニュートンFXがインディケータロジックを公開した【検証とレビュー】

ニュートンFX【検証とレビュー】 ニュートンFXのロジックを解説【検証とレビュー】 ニュートンFXがインジケータの詳細なロジックを公開 ニュートンFXの販売者から以下のようなメール…

FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essentia…

後藤寛のFX初心者7DAYSプログラム 【検証とレビュー】

1000円の格安商材 読者様からの検証依頼に基づいて記事を書いています。 今回取り上げるのは、後藤寛のFX初心者7DAYSプログラムです。1000円の格安商材です。中身は初心者向け…

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社が変更になった

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社変更が変更になりました 当サイトで高い評価のビクトリーメソッドアドバンス(VMA)ですが、2014年9月1日より販売会社が変更になりました。 …