本気のFX【検証とレビュー】

本気のFX【検証とレビュー】

本気のFX【検証とレビュー】

D評価商材

『本気のFX』検証とレビュー

久々のタレコミ情報

読者様からの「タレコミ情報」です。

『本気のFX』というMT4専用インジケーターが発売されたのですが、どうやらその販売ページで使用されている口コミの人物画像が本人ではないのでは?というのです。

本気のFX
本気のFX
販売元:橋本 邦芳
発売日:2018/10/17
メディア:インジケーター
公式サイト:https://honkinofx.majestic.tokyo/

『本気のFX』販売ページで使用されている画像について…

架空の人物画像を口コミに使用

読者様によれば、以下の人物画像が他のサイトでも使われているとのこと。

『本気のFX』販売ページ内の口コミ人物画像01

『本気のFX』販売ページ内の口コミ人物画像01

調べてみると…ありました。フリー画像素材ですね。

silhouette ACの無料画像素材です。無料でダウンロードして使用することができます。無料画像ですので、様々なサイトで使用されています。Googleで検索すると…

無料素材をGoogleで検索してみた結果…

無料素材をGoogleで検索してみた結果…

たくさん出てきますね。もう一つ調べてみましょう。こちらの人物画像です。

『本気のFX』販売ページ内の口コミ人物画像02

『本気のFX』販売ページ内の口コミ人物画像02

ありました。マイナビニュースに同じ画像が掲載されています。こちらです。

その他にも様々なサイトで使用されている画像ですので、おそらく素材として提供されている画像なのでしょう。

人物画像をGoogleで検索してみた結果…

人物画像をGoogleで検索してみた結果…

ご覧の通り、『本気のFX』販売ページに掲載されている口コミ人物画像は、ネット上で入手可能な画像を使用していることが判明しました。

架空の人物の画像を使用すること自体は、それが盗用画像でない限り問題はありませんが、道義的にはどうでしょうか?少なくともこの『本気のFX』、そして販売者である橋本邦芳氏の信頼性は低いと思われても仕方がありません。

『本気のFX』の概要

完全無裁量のMT4専用シグナルツール

一応、『本気のFX』の中身についても触れておきましょう。MT4専用のオリジナル・インジケーターですね。シグナル点灯型で完全無裁量です。以下の動画を見れば『本気のFX』の概略を把握できます。

ご覧の通り、スキャルピング型のシグナル点灯ツールです。

動画を見ると、シグナルは直近高値・安値を基準に点灯させているように見えますね。短期足でのノイズを拾うスタイルは「損小利小」という印象です。

エントリーサインも矢印にするなどしてビジュアル化させていますので、裁量トレードの必要はありませんので安心してください。

無裁量ツールですので、基本的にはシグナルに従ってトレードをおこないます。とはいえ、この手のツールにつきものの「無裁量ならばEA化すれば?」という疑問には、なにも答えてくれていません。

一応、シグナルを取捨選択するためのフィルター「powerゲージ」が備わっています。「powerゲージ」はボラティリティの強さを5段階で評価するツールです。「powerゲージ」が高いときのシグナルのみを選択してトレードすることで確度の高いトレードがおこなえるとのこと…。

『本気のFX』総合評価

D評価商材

【結論】”架空の人物画像”を使用した時点で口コミの信頼性は低いと思われてしまうのは自業自得だ
杜撰(ずさん)な販売ページを作ったばかりに悪い評価が後々までついて回ることになる

『本気のFX』の販売ページは、専門業者に依頼して作成したものでしょう。とはいえ、販売者である橋本邦芳氏はその内容をチェクしているはず。つまり、架空の人物画像を口コミに使うことを了承しているわけです。

別に架空の人物画像を使用すること自体は、違法ではありません(画像盗用でないかぎり)。しかし、その口コミが「嘘=でっちあげ」ならば、不当景品類及び不当表示防止法(景表法)に抵触する恐れがあります。

架空の人物画像(フリー素材等)を使用している時点で、その口コミが本当だとしてもユーザーが不信感を抱くのは当然のことです。口コミが本物ならば、それだけを掲載すればよかったものを、架空の人物画像を使用したことで、口コミそのものの信頼性も低下してしまっています。結局、自分で自分の首を絞めていることに変わりありません。杜撰(ずさん)な販売ページを作ったばかりに、ネガティブな評価が後々までついて回ることになります。

せっかくツール(インジケーター)の性能が良くても、信頼性を自ら毀損してしまっては、もはや自業自得と言わざるをえません。

本気のFX
本気のFX
販売元:橋本 邦芳
発売日:2018/10/17
メディア:インジケーター
公式サイト:https://honkinofx.majestic.tokyo/
≫ 特典付きで購入する

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
ポジションへの執着がコツコツドカンの元凶というお話『ビクトリーメソッドアドバンス』

毎回読み応えのある「トレードと凡事のお話」 当サイトでイチ押しの「ビクトリーメソッドアドバンス」ですが、購入すると定期的にメルマガが届くようになります。そのメルマガとは「FXトレー…

Secretポジション
Secretポジション【検証とレビュー】

「Secretポジション」はLINE@によるシグナル配信サービスだ 投資助言・代理登録業者「株式会社トリロジー」による新しいシグナル配信サービスをレビューします。 タイトル:Sec…

トリニティスキャルパーFX
トリニティスキャルパーFX 【検証とレビュー】

Mr.Brain氏のトリニティスキャルパー 注目のEAが登場しました。トリニティスキャルパーFXです。開発者はMr.Brain氏ですね。これまでも数々のEAを制作・販売してきた実績…

ドラゴンストラテジーFX
『ドラゴン・ストラテジーFX』の優位性を高める工夫

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順 【爆売…

The Secret FX(ザ・シークレットFX)
『The Secret FX(ザ・シークレットFX)』サインツールをおすすめしない理由

ザ・シークレットFX(The Secret FX)に付属するインディケータははたして使えるものなのか? ザ・シークレットFX(The Secret FX)のサインツール The S…

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

ロングラン販売中のクロスファイアFX このEAですが、2010年の3月から販売開始して、未だに売れ続けていますね。販売当初は49800円でしたが、今は10000円で販売されています…

TradeMax Zillion 【検証とレビュー】

書籍も出されている柳原卓丸氏のEA TradeMax Zillionは、榊原卓丸氏による自動売買システム(EA)です。榊原卓丸氏といえば、以前に書籍を出版されていましたね。「ほった…

FXトレンドレーダー 【検証とレビュー】

FXトレンドレーダーはMT4対応のシグナルツール FXトレンドレーダーは、メタトレーダーで使用するインディケーターですね。チャート上に矢印を点灯させるタイプのよく見かけるツールです…

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

【酒田五法】君は”捨て子底”を知ってるか?
【酒田五法】君は”捨て子底”を知ってるか?

”元祖”プライスアクション=「酒田五法」 先日レビューしたGlobal Dream FX(クロスリテイリング)ですが、残念ながら酒田五法を模したプライスアクション商材でした。 酒田…

ライントレードFX商材を比較してみる

ライントレード商材が増加傾向にある ここ最近の傾向ですが、ライントレード商材を多く見かけるようになりました。一方、MT4のインディケーターや、シグナル系の商材は、元気が無いですね。…

岩本式・アダムセオリーマスタースクール
岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクール【検証とレビュー】

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールは”3ヶ月間のFXオンライン塾” 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが本日(2016年12月16日)より一般募集を開始しました…