パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

C評価商材

FX投資の教科書です

おちゃらけの販売ページに騙されてはいけません。非常に芯のある真っ当なFX教材です。商材というよりは「教材」と呼ぶにふさわしいと思います。トレーディング技術を磨きたいのであれば一押しの教材です。しっかりと基礎が学べますし、実践的でもあります。

それだけに、販売ページの軽いデザインがもったいない気がします。

商品の中身はテキスト(全188ページ)ですが、体系的にまとめられていて文体も平易ですので、初心者の方でも戸惑うことなく読み進めることができます。また、中級者レベルの方も結構気付きを得られると思います。

実際にマニュアルに目を通すとわかると思いますが、この人(パリス昼豚さん)は、本当にトレードをされていて、恐らく勝っているだろうということが隅々から伝わってきます。

”パリス昼豚の5万円FX” 具体的な手法は?

パリス昼豚の5万円FXの具体的なロジックですが、完全裁量取引になります。5分足でのトレードになりますが、日足、1時間足の方向性もチェックします。使用するテクニカル指標は移動平均線が中心です。あとは、サポ−トライン・レジスタンスライン・トレンドラインなどの自分で引くラインです。シンプルで好感を持てます。

ロジックの基本はトレンドフォロー(順張り)であり、その中の押し目や戻りを狙っていきます。チャート上に移動平均線と、自分で引くラインしか表示させないため、自然と値動きのパターンに集中できるようになります。チャートにたくさんのインディケータを表示している方にとっては、目からウロコだと思いますよ。

通貨ペアはEURUSD(ユーロドル)のみ。ストップはマックス20pipsで、一度のトレードで平均20~30pipsの利益を狙っていきます。トレード時間帯は、午後~深夜(できればボラが高い時間帯)となっています。1日のトレード時間上限は3時間です。

デモトレード期間として3ヶ月を推奨されています。つまり3ヶ月間は練習です。その後リアルマネーを使ってトレードを開始します。枚数の決め方なども、細かく指示がありますので、初心者でも迷うことはないでしょう。

「待つ」ということ

トレンド発生中の押し目・戻り狙いというところからも、トレードスタイルが非常に慎重であることが伺えます。実際のところ、この教材では「待つ」という部分が何度も説明されます。

勝率を上げるために、期待値の高いポイントが来るまでひたすら「待つ」。そして、エントリー前に正しいシナリオを描く。このあたりは、佐野さんの優れた教材マエストロFXビクトリーメソッドアドバンスなどと共通する部分ですね。

損小利大ではなく”損小利小”

なによりも一番の特徴は「損小利小」という部分です。これって、言うのは簡単ですが実践することはかなり難しいです。損小も利小も、どちらも人間の心理としては最も抵抗があるからです。

含み損が発生しているときは、戻して欲しいという願いからなかなか損切りができません。一方含み益が発生しているときは、もっと利を伸ばしたいという己の欲から、適切な利食いができません。

克服するには、心の訓練が必要です。そして、そのためのデモトレード期間を3ヶ月と定めています。この3ヶ月で、基本の移動平均線とローソク足のみでチャートの動きを学びながら、損小利小を身に付けていく、という流れです。ほんとに、教科書のようです。

「3ヶ月もデモトレードやってられないよー!」と思ったあなた、もちろんリアルマネーでやっても良いと思います。ただ、ちょっと遠回りすると思います。

一生使える投資スキルを本気で学びたいのであれば、3ヶ月は短すぎるくらいです。1日3時間チャートと向き合い、訓練を繰り返すことがきっとあなたのスキルアップに繋がります。毎日少しずつ努力することが「大きな目標」を達成する近道です。

こんな言葉もあります。

小さなことを積み重ねることが、 とんでもないところに行くただひとつの道だ

by イチロー選手

極めれば、相場で一生食っていけるかも

ロジックそのものは、全然目新しさはありません。トレンドの中の押し目、戻り狙いです。たったこれだけです。しかも使うテクニカルは移動平均線のみ(サポレジは確認します)。最初はちょっと不安に感じるかもしれませんが、プライスアクションに集中できるし、結果的に本当の相場観(=チャートを読む力)が磨かれると思います。

購入者専用のブログも用意されており、ユーザーからの質問にも丁寧に回答されています。こちらも非常に参考になる部分が多いので、必読です。

ベーシックですのでマスターすればアレンジも効きます。この手法をベースに、あなたなりのオリジナル手法を編み出すことも十分に可能です。これを極めれば、一生相場で食べていけるでしょう。

評価できるところ
  1. FXの教材として、非常に優れている
  2. チャートの読み方から体系的に学ぶことが可能
  3. 資金管理や心理面の強化なども学べる
  4. 手法は王道で、すたれることないロジックを採用
  5. 習得すれば、かなり強力な武器になる
今ひとつなところ
  1. 完全裁量なので、シストレを求めている人には不向き
  2. それなりの訓練・練習が求められる
  3. せっかちな人には向いていない

結論:良書です

ひさびさに良書と呼べるようなFX教材です。初心者は、シグナル配信ツールなんか買わずにこの手の商材を買うべきです。気になる人は買って損はないでしょう。

ただ、真剣に相場に向き合うつもりがある人だけ買って下さい。楽して稼げるような商材では決してありません。タイムマシンで6年前に戻れるなら、過去の自分にこの商材を手渡したいほどです。

C評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

カンニングトレードFX
カンニングトレードFX(カントレFX)【検証とレビュー】

『カンニングトレードFX(カントレFX)』検証とレビュー 投資助言業者によるシグナル配信サービス 投資助言代理業者によるシグナル配信サービスをレビューします。業者名は「デルタインベ…

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社 株式会社トリロジーがEAの無料プレゼントキャンペーンを実施しています。トリロジー社はれっきとした投資助言代理業社です。 近畿財…

ナンピンFX ドル円版
ナンピンFX ドル円版【検証とレビュー】

”ナンピン”は決して「禁じ手」ではない 『ナンピンFX ドル円版』検証とレビュー ドル円専用EA(自動売買システム) 『ナンピンFX ドル円版』はその名の通りUSDJPY(ドル円)…

トリニティスキャルパーFX 【検証とレビュー】

Mr.Brain氏のトリニティスキャルパー 注目のEAが登場しました。トリニティスキャルパーFXです。開発者はMr.Brain氏ですね。これまでも数々のEAを制作・販売してきた実績…

大市民流FX資産構築メソッド
大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2

「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説 PDFファイル107ページ(本編60ページ、特典・特別レポート47ページ) さっそく「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説してい…

エッセンシャルFX【検証とレビュー】

エッセンシャルFXは、チャートマスターが販売元だ 株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。 登録番号:関東財務局長(金商)第2086号 このブログで…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

天底チャートMT4
天底チャートMT4【検証とレビュー】

「天底チャートMT4」とはどんなFX商材か 海外フォーラムで見かけそうなカスタムインジケーター これはなかなか面白いツールですね。海外フォーラムなどで見かけそうなカスタムインジケー…

ストップ狩りとは?
マジックミラービジネスが「景品表示法」に抵触する理由を挙げていく

誇大広告のデパート 中川鉄平氏が提供するマジックミラービジネスの公式ページをみていると頭がクラクラします。あらゆる表現を使って煽り立てていますね。まさに誇大広告のデパートです。 マ…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者「株式会社バベル」について

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材…

東京オンリーFX
東京オンリーFX【検証とレビュー】

『東京オンリーFX』検証とレビュー 株式会社金馬新聞がリリースした『東京オンリーFX』を検証します。 【6年間負け無し】東京オンリーFX 販売元:株式会社金馬新聞 発売日:2018…

Smart Professional FX
Smart Professional FX (スマプロFX)【検証とレビュー】

Smart Professional FX (スマプロFX)の手法を細かく分析してみた 「Smart Professional FX (スマプロFX)」とはどんなFX商材か? 機関…