ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫

ドラゴンストラテジーFXの優位性を高める工夫

ドラゴンストラテジーFXの優位性を高める工夫

S評価商材

トレードの確度が高く安定したエントリーが可能な”鉄板パターン”

過去の記事でドラストFXと当サイトの特典であるSQIが、非常に相性が良いことを解説しました。今回は、SQIを組み合わせて具体的にどのように使っていくか?その辺りを駆け足で解説してみたいと思います。

SQI&ドラストFXにおけるトレードの確度が高いシグナルをご紹介します。

ドラストFXシグナル点灯後「押し目or戻し」を経て「±1σ」を抜ける

まずはこちらのチャート図をご覧ください。

dragonstrategy01

ドラゴンストラテジーFXチャート画像その1

  1. ドラゴンストラテジーFXのシグナル(矢印)点灯
  2. 押し目戻しをつける(ボリバンの逆1シグマにタッチ)
  3. 再度ボリバン1シグマを抜ける

このパターンは、非常に確度が高いと考えています。最初にドラゴンストラテジーFXのダウントレンド矢印が点灯していますが、ここでのエントリーはリスキーです。その後レートは戻されています。

大きな戻しを経た後(②)に、再度下方にトライをしていますね。ここでボリバンの1シグマラインを下抜けるかどうかを観察します。買い圧力が強ければ下抜けできずに戻されます。

今回はボリバンの1シグマを抜けてきました。このタイミング(③の箇所)でエントリーです。もちろん、戻される可能性は十分にありますので、直近の下値(サポートライン)を抜けるまで待っても良いと思います。

今回はうまく抜けました。その後1シグマに対してバンドウォークをして大きく利益を伸ばすことができています。エグジットはレートが1シグマ内に戻されて終値を付けたタイミングです。ちなみに、損切りラインですが、直近の上値もしくは、逆1シグマラインでOKです。

もう1つ同じようなパターンを見てみます。

dragonstrategy02

ドラゴンストラテジーFXチャート画像その2

まず、ドラゴンストラテジーFXの矢印が点灯します。この時点ではエントリーしないで様子を見ます。レートがボリバンの逆1シグマまで戻されていませんが、ボリバンそのものが縮小しスクイーズ状態となっています。

その後エクスパンションを起こし、レートが1シグマを上抜けしました。このタイミングでエントリーです。直近上値から引いたレジスタンスラインの上抜けを待てば、より確度は高いでしょう。

エグジットは、レートが1シグマ内に戻されて終値を付けたタイミングです。その後レートは再反発して伸びましたが深追いは禁物です。ただし、レートがさらに戻されて逆1シグマにタッチしてから上抜ければ(深い押し目をつけて再反発すれば)、エントリーチャンスです。

まとめると…

確度の高いトレードをまとめると、以下の様なルールになります。

■ENTRY

  • ドラストFXのシグナル点灯で準備
  • 押し目・戻しをつけるのを待つ
  • SQIボリバン1シグマを抜けて仕掛ける
  • ※直近上値下値抜けを待てば、より安全

■EXIT

  • レートがSQI1シグマ内に戻されたら手仕舞い

■STOP

  • STOPは直近上値・下値もしくは、逆1シグマライン

その他にもトレードチャンスはありますが、このパターンだけ待てば十分です。損小利大のトレードが可能です。トレンド発生時には、押し目や戻しをつけずに一気にレートが伸びるケースも多いですが、これを頭から取るのはかなり大変です。ダマシにも合いやすいですし、勢いのあるレートに飛び乗る行為は過度な緊張感を強いられるので、精神的にもきついトレードになります。

それよりも、トレンドが発生したら一呼吸し、深めの押し目・戻しを待ち、できれば直近のレートからサポレジラインを引き、再度抜けるタイミングでエントリーをするほうが、落ち着いてトレードすることができます。ストップ(損切り)の目安も事前に確認し、ラインを引いておくとなお良いでしょう。

たった1つだけ「鉄板パターン」があればいい

トレード手法は、1つでも十分です。たった1つだけ、自分の鉄板トレードパターンがあれば、勝ち越すことが可能です。優位性があり確度の高いトレードパターンを1つだけ持っていれば、そしてそのルールを守れば、FXで資産を増やすことは可能です。その鉄板パターンが現れるまで、じっと待つ。ひたすら待つ。この姿勢が重要です。

特に初心者が複数のトレードスタイルを同時に行うことは困難です。ルールがめちゃくちゃになります。レンジもトレンドもトレードしたい、というのは欲張りです。欲張りは相場から嫌われます。

まずは1つだけ鉄板パターンを身につけること。そしてその鉄板パターンから徐々にロジックをアレンジしていき、スタイルを派生させることが大切です。

S評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

3R-リアルFX
3R-リアルFX【検証とレビュー】

「3R-リアルFX」とはどんなFX商材か? 3R-リアルFXはボリンジャーバンド主役の半裁量半システム手法 トレード歴15年の「ヒサヨシ」氏によるFX情報商材をピックアップします。…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」の優位性を真剣に考えてみる

秋田式トレーダー育成プログラムの優位性 読者の方から、秋田式Winner’s FXに関するお問い合わせを頂きました。「秋田式のロジックは本当に優位性があるのか?」「秋田式のモニター…

みんなでFX -Rising Sun-
「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」が無料配布インジケーターと酷似していることについて 先日みんなでFXのレビュー記事をアップしましたが、そのなかで「2010年に無料配布され…

FX指南書 【検証とレビュー】

FX攻略.comに連載を持つトレーダーが商材販売 FX指南書という裁量系マニュアルのご紹介です。 著者は wildcherryさんという女性のようです。この方はFX攻略ドットコムと…

ポイントシグナルFX 【検証とレビュー】

ポイントシグナルFXは、シグナル配信サービス ポイントシグナルFXという商材に関して、読者様からお問い合わせを頂きました。 「シグナル配信サービスだから投資助言代理の登録が必要では…

ゴールデンスパイダーFX 【検証とレビュー】

”天才トレーダー”イサム氏のゴルスパFX ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション【検証と評価】 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】 のべ3000人の弟子を持つ天才トレー…

全コピFX 【検証とレビュー】

全コピFXは成果報酬型コピートレード? 新しいタイプのコピートレードの登場です。 月額課金なのですが、成果報酬システムを取り入れています。私はずっと前に、シグナル配信の新しいスタイ…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタ…

くまひげ流SUPER平均足
くまひげ流◆SUPER平均足【検証とレビュー】

くまひげ流SUPER平均足の「平均足」は海外フォーラムでどう評価されているか? あの”くまひげ先生”の最新作「くまひげ流SUPER平均足」満を持して登場 相場歴30年の「くまひげ先…

TFAI インパルス 【検証とレビュー】

TFAI インパルスはコピートレード TFAIインパルスは、コピートレードシステムです。TFAIアジア統括プロデューサーは、池田秀樹氏という人物です。池田秀樹氏の会社、NetWay…

CEC(イキガミFX)
CEC(イキガミFX)【検証とレビュー】

『CEC(イキガミFX)』検証とレビュー Cash Exchange Club=CEC 読者様からのリクエストで、『CEC』をレビューします。もともとは『イキガミFX』という名称で…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…