ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

S評価商材

ドラゴンストラテジーFXのエッジ(優位性)を高める工夫

ドラゴンストラテジーFXについて多くの反響をいただいています。

特に、ドラゴンストラテジーFXと当ブログの特典であるSQIを組み合わせたチャートについて、「すごく使いやすい」「エントリー判断がしやすい」「ダマシ回避がわかりやすい」とのお声をいただいています。どちらもトレンドフォローに適したロジックですので、2つを組み合わせることで優位性がより高まると考えています。

一方、「ドラゴンストラテジーFXを買ったのだがSQIと同時表示させる方法がわからない…」という問い合わせも多数いただいています。そこで、今回はドラゴンストラテジーFXとSQIを同時表示させるまでの手順について解説してみたいと思います。SQIの解説につきましては、以下のリンク先をご覧ください。

まずはドラゴンストラテジーFXを表示させる

それでは、まず最初にドラゴンストラテジーFXをMetaTrader4に設定します。FXDDのMT4をベースに解説をおこないます。

ドラゴンストラテジーFXインストーラー

ドラゴンストラテジーFXインストーラー

付属のインストーラーを使用すると簡単に以下の画面まで進めることが可能です。

ドラゴンストラテジーFXチャート

ドラゴンストラテジーFXチャート

※あいかわらず左上のドラゴンメーターの矢印表示がおかしいですが、気にせず続けます。

SQIフォルダを用意する

つぎに、SQIを設定します。SQIのフォルダを用意して下さい。

sqi

※SQI

SQIのファイルには

SQIファイルの中身

※SQIファイルの中身

の2つのフォルダが含まれています。この2つのフォルダの中身を、それぞれMetaTrader4のフォルダ内に入れていきます。

SQIのex4ファイルを設置

まずはindicatorsフォルダの中身を全てコピーします。全部で5個あります。

ex4ファイル

※ex4ファイル

5つのファイルをどこに入れるか?今までのMT4(Build600以前)のようにコンピュータフォルダ階層から入れると、上手くいかないようです。Build600以降の場合は、MetaTrader4から直接入れると上手く反映されます

MetaTrader4を開いた状態で、「ファイル」→「データフォルダを開く」とクリックしていきます。

MetaTrader

MetaTrader

すると、

MetaTraderのデータフォルダ

MetaTraderのデータフォルダ

おなじみのMetaTraderフォルダの中身が表示されます。MQL4フォルダの中にあるIndicatorsフォルダ内に以下のファイルをコピペして入れればOKです。

ex4ファイル

※ex4ファイル

ここに入れます(コピペでOK)。

SQIファイルを貼り付け

SQIファイルを貼り付け

今回はSQIのテンプレートは使わないので、この手順は不要ですが、念のためtplファイルの設置方法を記載しておきます。templatesも同じやり方で設置することが可能です。つまり、MetaTraderの「ファイル」→「データフォルダを開く」ここにコピペして貼り付ければ問題なく設定できます。

テンプレートを貼り付け

テンプレートを貼り付け

MetaTrader4を再起動させる

SQIのファイル(ex4)を貼り付けたら、MetaTraderを再起動させます。すると、左側のナビゲーター内の罫線分析ツールの中にSQIのファイルが表示されれいるのを確認できます。

ドラゴンストラテジーFXチャートにSQIを設置する

ドラゴンストラテジーFXのチャート上にSQIファイルをドラッグ&ドロップしていきます。

5つのファイル全てをドラッグ&ドロップすると、こんな感じになります。

SQIとドラゴンストラテジーFX

SQIとドラゴンストラテジーFX

ご覧のとおりかなりごちゃごちゃしています。ここからは、各人のお好みですが、チャート画面をスッキリさせるために以下の手順をおこないます。※ご自身で必要と思われるインディケータは削除せずに残して下さい。

不要なインディケータをチャート上から削除

  1. ドラストFXの平均足を削除
  2. ドラストFXのドラゴンバンドを削除
  3. ドラストFXのドラゴンメーターを削除
  4. ドラストFXの移動平均線を削除

チャートの色等を変更

  1. チャートプロパティを開いて、基本配色を「Black on White」に変更
  2. チャートプロパティにて「バーチャート」から「ローソク足」に変更

ボリンジャーバンドを設置

  1. ボリバンを設置し、期間を21、偏差を1にする

SQI_BBのプロパティを変更

  1. プロパティ内の色の設定で、幅をすべて2にする

ここまでの変更を行うと、チャート画面は以下のようになります。

チャートをカスタマイズ

チャートをカスタマイズ

かなりスッキリしましたね。拡大してみましょう。

トレンドを捉える

トレンドを捉える

このチャート画面は、この記事執筆時のリアルタイム(2014年9月11日)のものです(EURJPY 5分足)。上昇トレンドと、その後の下降トレンドをしっかりと捉えているのがわかります。上昇トレンドにおいては、ドラゴンストラテジーFXのシグナルが発生していませんが、SQIのシグナルが明確に出ています。一方、下降トレンドにおては、SQIもドラゴンストラテジーFXのシグナルもほぼ同じタイミングで点灯しているのがわかります。

別の時間も見てみましょう。

ビッグトレンドを捕捉

ビッグトレンドを捕捉

EURJPY(5分足)のチャートです。昨日(2014年9月10日)の上昇トレンドです。SQIのシグナル(青いバー)とドラゴンストラテジーFXの矢印が、ほぼ同じタイミングで表示されていますね。なかなか相性が良さそうです。

これでドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させることができました。次回は「ドラゴンストラテジーFX+SQI」の効果的な使い方について解説してみたいと思います。

S評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。 マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うとい…

SJCシストレ実践CLUB 【検証とレビュー】

SJCシストレ実践CLUBは、単なるEAの販売 SJCシストレ実践CLUBは、本日(6月27日)現在、インフォカートでランキング1位の商材です。名前からして塾のようなものを連想させ…

FXB-Manual 【検証とレビュー】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と…

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

FXバックドラフトPRO 【検証とレビュー】

FXバックドラフトの動画に、まどわされないように このFXバックドラフトPROですが、非常に売れているみたいですね。販売ページの動画を始めて見た方は、きっと驚くと思います。ピンポイ…

グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

日本人が開発した画期的なテクニカル指標「一目均衡表」 グランドセオリーFXのざっくりとしたレビュー記事をアップしました。 グランドセオリーFX【検証とレビュー】 グランドセオリーF…

FX風林火山 【検証とレビュー】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠…

Bear Time FX
Bear Time FX【検証とレビュー】

Bear Time FXはどんな商材か? 「Bear Time FX」は日本企業の実需による”ドル円の売買”’を利用して安定的に稼ぐEAだ 今回レビューする「Bear Time F…

FXエントリー&FXアカデミー 【検証とレビュー】

非常に真面目で好感を持てる商材 FXエントリー&FXアカデミーは、かなり以前から販売されている商材ですね。中身は、メタトレーダー用のインディケーター(複数)とマニュアルです。 そし…

FX−STS 【検証とレビュー】

FX-STSは月額39,800円のコピートレード FX-STSは、コピートレードです。当たり前ですが、コピートレードもシグナル配信も結果が全てです。 残念ながらFX-STSは、現時…

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない

マイルストーンFXのその後 以前検証したマイルストーンFXがその後どのようになったかご存知でしょうか。 マイルストーンFXの検証記事を見てみる マイルストーンFXは、今年2012年…