FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

C評価商材

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた!

先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックであると推測しました。

FX INNOVATION CLUB【検証とレビュー】

このウォルフ波動という聞きなれないテクニカルですが、海外では比較的知られています。一方の日本国内では、それほど話題になった記憶がありません。ところが色々とリサーチをしてみると、マニアックなウォルフ波動トレーダーがいることがわかりました。

今回は、ウォルフ波動について深く切り込んでみたいと思います。

ウォルフ波動はチャートパターン分析だ

まずはウォルフ波動をおさらいします。ウォルフ波動とはいわゆるチャートパターン分析です。チャートの波形をパターン化して仕掛けタイミングと手仕舞いタイミングを探るオーソドックスな手法です。以下の図が「ウォルフ波動」となります。これは「買い」パターンです。

ウォルフ波動

ルールはシンプルです。

  1. 「2」が天井圏であること
  2. 「3」が「1」より下であること
  3. 「4」が「1」よりも高値をつけること(ここでパターン確定)
  4. 「1」から「3」にラインを引き「5」の反発でエントリーする
  5. 「1」から「4」にラインを引きその先でレートがクロスしたら手仕舞いする

これが基本的なルール(買いパターン)です。「売り」はこの逆です。

ウォルフ波動を積極的に取り入れているトレーダー「あきチャン」

このウォルフ波動を研究し、トレードに取り入れいている方が「あきチャン」です。彼のブログはこちら。

ブログだけでなくYouTubeにて専用チャンネルを解説されていて、非常に多くのトレード解説動画を公開されています。

「あきチャン」のYouTubeチャンネル内で比較的多く取り上げられている手法の一つに「ウォルフ波動」があります。

ここに挙げた動画はウォルフ波動関連のほんの一部です。チャートパターン分析を極めたいならば、視聴して損のない動画ばかりです。もっとウォルフ波動に関する動画を見たいならば、以下のチャンネルからどうぞ。

シンプルだが奥が深い「ウォルフ波動」

実践でウォルフ波動をの確度をアップさせるためには、チャートの波形における天底(ポイント)を正しく読み取ることが重要になります。

ウォルフ波動

  1. 「2」が天井圏であること
  2. 「3」が「1」より下であること
  3. 「4」が「1」よりも高値をつけること(ここでパターン確定)
  4. 「1」から「3」にラインを引き「5」の反発でエントリーする
  5. 「1」から「4」にラインを引きその先でレートがクロスしたら手仕舞いする

各[1]から[5]のポイントを正しく読み取ることで始めてウォルフ波動の優位性(再現性)を担保できるということです。ウォルフ波動を研究し、自分だけの鉄板パターン(ルール)を完成させれば、それだけでトレードにおける優位性を確保できるかもしれません。

FX INNOVATION CLUB市場健祐氏は、このウォルフ波動のシグナルをダイバージェンスによってフィルタリングすることで、仕掛けポイントの精度をアップさせようと試みているわけですね。

FX INNOVATION CLUB【検証とレビュー】

FX INNOVATION CLUBの公式サイトはこちらです。

C評価商材

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら