スマート・リターンFX【検証とレビュー】

スマート・リターンFX【検証とレビュー】

スマート・リターンFX【検証とレビュー】

B評価商材

『スマート・リターンFX』検証とレビュー

クロスリテイリング社の傘下トレーダーである藤田昌宏氏による新作FX商材をレビューします。『スマート・リターンFX』です。

スマート・リターンFX
スマート・リターンFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018年9月6日
メディア:MT4サインツール
公式サイト:http://fujita-fx.s3.amazonaws.com/return/top.html

藤田昌宏氏といえば、過去にスマートプロフェッショナルFX(スマプロFX)という商材をリリースしていましたね。スマプロFXは、終値を意識した水平ラインでボリバン逆張りサインをフィルタリングする手法でした。

スマプロFXから2年、今回の『スマート・リターンFX』は、はたしてどのようなストラテジーなのか?気になりますね。

『スマート・リターンFX』で学べること

『スマート・リターンFX』はカウンター(逆張り)トレードだ

『スマート・リターンFX』を一言で述べると、乖離からの収束を狙ったカウンター(逆張り)トレード手法です。

スマート・リターンFXは逆張りロジックだ

スマート・リターンFXは逆張りロジックだ

過去商材であるスマプロFX同様、機関投資家が意識するある基準線(水平ライン)をベースにします。実際のチャート画面はこちら。

スマート・リターンFXのチャート画面

スマート・リターンFXのチャート画面

チャート上の黄色い水平ラインが「ファンドライン」と呼ばれる基準線です。その基準線(=ファンドライン)を挟んで、上下に一定幅で描かれた凸凹ラインがエントリーラインです。

  1. 黄色い水平ライン=ファンドライン(基準線)
  2. 白い凸凹ライン=エントリーライン

基本は、このエントリーラインにレートが触れたら逆張りでエントリーします。そして、中心線である基準線にタッチで手仕舞いとなります。

MT4にオリジナル・インジケーターを設定することで、基準線・エントリーライン・矢印シグナルがチャート上に自動描写されます。基準線の上下に描かれたエントリーライン(凸凹ライン)にレートがタッチしたら逆張りで仕掛けます。手仕舞いは基準線タッチです。

なお、シグナルが出ても独自ルール(フィルタリングルール)によってシグナルを見送るケースも多々あります。

ファンドライン(基準線)の正体とは?

『スマート・リターンFX』のストラテジーのベースとなるのはファンドライン(基準線)と呼ばれる水平ラインです。

スマート・リターンFXのファンドライン(基準線)とは?

スマート・リターンFXのファンドライン(基準線)とは?

ファンドラインから乖離したレートが再びファンドラインへ収束するという概念がストラテジーとして採用されています。

ファンドラインは開発者である藤田昌宏氏による造語ですが、1日毎にラインが再描写されるラインです。勘の良いユーザーならばすぐにその正体(ベース)がわかるはず。「あぁ、あれね…」という感じです。”機関投資家だけが知る秘密の手法”と呼ぶにはちょっと大げさかな?という感じですね。

前回のFX商材『スマプロFX』は、「第三の分析ライン」と呼ばれる基準線があり、レートが基準線の上にあるか下にあるかでENTRYの方向を決めていました。このときの「第三の分析ライン」も特別なラインではなく、ある○足の終値をベースに描写したラインでした。

藤田氏は、こうした基準ラインを活用した手法を得意としていることがうかがえますね。

エントリーラインはなぜ凸凹(デコボコ)しているのか?

ファンドライン(基準線)が日足の○○値をベースにしていることはすぐわかると思いますが、では基準線の上下に描かれる凸凹のライン(=エントリーライン)は、なぜ凸凹なのか?

これも中級者以上のトレーダーであれば、ピンとくるはず。この凸凹は1日の中で必ず3つ(3段)あります。

スマート・リターンFXのエントリーラインその1

スマート・リターンFXのエントリーラインその1

スマート・リターンFXのエントリーラインその2

スマート・リターンFXのエントリーラインその2

スマート・リターンFXのエントリーラインその3

スマート・リターンFXのエントリーラインその3

ご覧の通り、1日の中で3段階ありますね。そして常に①より②が大きく、②より③が大きく描かれています。時間幅も毎日同じです。つまり、各市場の時間帯に合わせたエントリーラインが自動描写されていると推測できますね。

  1. オセアニア(ウェリントン・シドニー)市場
  2. 東京市場
  3. ロンドン市場+NY市場

市場毎のボラティリティに合わせてエントリーライン幅が決められているということが理解できます。当然ロンドン市場〜NY市場が最もボラティリティが高いため、乖離からの収束幅も大きくなる傾向にあります。

『スマート・リターンFX』が非常に理にかなったストラテジーであることがわかりますね。このあたりは機関投資家出身の藤田昌宏氏ならではのアイデアだと感心します。

『スマート・リターンFX』の概略

ざっくりと『スマート・リターンFX』の概略をまとめておきます。

  • 基本ストラテジー:逆張りトレード(カウンタートレード)
  • 執行時間足:15分足
  • 推奨通貨ペア: EUR/USD(ユーロドル)、 EUR/JPY(ユーロ円)、USD/JPY(ドル円)、 AUD/JPY(豪ドル円)
  • リスクリワード比:1対1
  • 注文方法:OCO注文

注文方法はOCO注文ですので、エントリーすればあとは決済(利確・損切り)まで基本的にほったらかしです。

スマート・リターンFX
スマート・リターンFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018年9月6日
メディア:MT4サインツール
公式サイト:http://fujita-fx.s3.amazonaws.com/return/top.html

『スマート・リターンFX』の欠点

まず『スマート・リターンFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

トレードタイミングはそれほど多くない

相場の8割を占めるといわれるレンジ相場に対応したストラテジーですが、実はトレードタイミングはそれほど多くはありません。シグナルが点灯しても独自ルールによってスルーをしなければいけないケースが多々あります。思っている以上にENTRYタイミングは少ないと認識するべきです。

『スマート・リターンFX』のルールがガチガチ(柔軟性はゼロ)であるため、明らかなレンジ相場でもまったくシグナルが点灯しない(点灯してもフィルタリングルールで見送り)ケースが多々あります。

商材の欠点

リスクリワードは1対1(勝率50%以上が絶対的に求められる)

『スマート・リターンFX』のリスクリワードはほぼ1対1です。利幅と同じ損失幅が設定されています。従いまして、勝率は50%以上が絶対的に必要となります。『スマート・リターンFX』はレンジ相場に対応したロジックですので、思惑に反して強いトレンドが発生したときに損切りとなります。

商材の欠点

初心者向けとは言い難い

『スマート・リターンFX』は逆張りトレード(乖離トレード)です。トレードチャンスは少なく、利幅も大きくありません。初心者を対象としたロジックとして開発されたとのことですが、初心者ならばむしろ順張り(トレンドフォロー)のほうがはるかに簡単です。利幅も大きく、損小利大が可能になります。もちろん勝率は高くはありませんし、トレードチャンスも少ないです。しかし、精神的なストレスは順張りのほうがはるかに低いので、初心者ならばまずは順張りロジックを学ぶべきだと考えます。

商材の欠点
  1. トレードタイミングはそれほど多くない
  2. リスクリワードは1対1(勝率50%以上が絶対的に求められる)
  3. 初心者向けとは言い難い

『スマート・リターンFX』の評価点

次に『スマート・リターンFX』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

ベーシックな乖離トレードに新しい”視点”を加えたロジックであること

基本は乖離トレードですが、ロジックのベースには今までにない視点が加えられています。その一つが開発者「藤田昌宏」氏が自信を持つ「機関投資家が意識するライン」=ファンドラインです。前作『スマプロFX』でも採用されていたラインですね。このラインをベースに上下にエントリーラインを描写し、独創的な逆張りストラテジーを完成させています。

さらに、各市場ごとのボラティリティを意識したエントリーラインを自動描写することで、極めてロジカルなストラテジーに仕上がっています。シンプルなストラテジーですが、骨子はしっかりとしていて筋が通っています。

商材の良点

工夫次第では様々なアレンジが可能であること

無裁量が推奨されている『スマート・リターンFX』ですが、レンジ内での乖離から収束を狙うロジックですので、強いトレンドが発生すれば当然負けます。また、ガチガチのロジックであるため、せっかくのチャンスがスルーされるケースも多々あります。

ロジックをしっかりと理解すれば様々なアレンジ(裁量トレード)が可能になるFX商材ですので、完全無裁量で妄信的にトレードするのは少しもったいないです。長期足の方向を確認して同調する方向への収束のみを狙うことで確度を高めたり、相場の状態を確認するための自分なりのオリジナルなフィルタリング(環境認識テクニカル)を加えることでエントリーチャンスを増やしたり、相場付に合わせてリスクリワードをデフォルトの1対1ではなく1対2にするなど、色々と工夫ができそうです。

中級者以上のトレーダーであれば、『スマート・リターンFX』のロジックをベースに様々なアイデアを試してみたくなるはず。

商材の良点
  1. ベーシックな乖離トレードに新しい視点を加えたロジックであること
  2. 工夫次第では様々なアレンジが可能であること

『スマート・リターンFX』総合評価

B評価商材

【結論】基本はいわゆる「乖離トレード(逆張り)」だが、そこに新しい視点を加えたことは高く評価できる
ロジックは明確だが柔軟性はゼロなのでエントリーチャンスはかなり限定されてしまう点に注意が必要
とはいえ、シンプルであるからこそ工夫次第では様々なアレンジが可能になる”優れた素材”とも言える

『スマート・リターンFX』は乖離トレードの一種です。基準となるポイントからレートが一定幅乖離した後に再び収束するという相場の特性を利用したストラテジーです。

その乖離トレードに「機関投資家が意識するライン=ファンドライン」&「市場毎のボラティリティ」という独創的なロジックを取り入れたのが『スマート・リターンFX』です。

ルールはシンプルかつ明確で裁量の入る余地はほとんどありません。結果的に、柔軟性に欠けるストラテジーに仕上がっています。おそらく、これまで逆張りトレード(乖離トレード)を実践してきたユーザーにとっては、トレードチャンスも少なく利幅も小さいため物足りなさを感じるかもしれません。

しかしながら、ロジックの骨子は理路整然としていて破綻もないため、中級者以上ならば『スマート・リターンFX』に独自ルールを加味して優位性を高めるなどの工夫ができそうなロジックです。本商材をベースに様々なアイデアを試してみたくなるような優れた”素材”という印象です。

商材の良点
  1. ベーシックな乖離トレードに新しい視点を加えたロジックであること
  2. 工夫次第では様々なアレンジが可能であること
商材の欠点
  1. トレードタイミングはそれほど多くない
  2. リスクリワードは1対1(勝率50%以上が絶対的に求められる)
  3. 初心者向けとは言い難い

『スマート・リターンFX』を購入するべき人

  • 逆張りトレードを好む人
  • 機関投資家が意識するラインを知りたい人
  • 中級者以上で自分なりの工夫を加えることができる人

『スマート・リターンFX』を購入してはいけない人

  • トレンドフォローを好む人
  • リスクリワードのバランスにこだわる人(損小利大を目指したい人)
スマート・リターンFX
スマート・リターンFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
発売日:2018年9月6日
メディア:MT4サインツール
公式サイト:http://fujita-fx.s3.amazonaws.com/return/top.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

Secretポジション
Secretポジション【検証とレビュー】

「Secretポジション」はLINE@によるシグナル配信サービスだ 投資助言・代理登録業者「株式会社トリロジー」による新しいシグナル配信サービスをレビューします。 タイトル:Sec…

マステリースタイルトレードクラブ 【検証とレビュー】

マステリースタイルトレードクラブは高額FX塾 マステリースタイルトレードクラブは、高額FX塾です。今回が8回目(8期生)の募集となります。 販売会社は株式会社SKナレッジです。SK…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。中には「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口…

FX指南書 【検証とレビュー】

FX攻略.comに連載を持つトレーダーが商材販売 FX指南書という裁量系マニュアルのご紹介です。 著者は wildcherryさんという女性のようです。この方はFX攻略ドットコムと…

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力 先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。 トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】 トレン…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを稼働させてみた結果

FXスキャル・パーフェクトシグナルの検証 FXスキャル・パーフェクトシグナルをMT4に設定し、24時間フル稼働させてみましたので、その結果をまとめてみたいと思います。もちろん短い検…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者「株式会社バベル」について

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材…

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マー…

アレキサンドリアトレーディング 【検証とレビュー】

アレキサンドリアトレーディングは年利98%の利益保証 年利98%の利益保証を謳うコピートレードの登場です。利益保証ですから、年利98%に満たない場合は商材代金29,800円を返金し…

FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信”黒山”は投資助言代理業社のサービス FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サービスです。ちなみに「黒山…

FX風林火山 【検証とレビュー】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝 【検証とレビュー】

ぷーさん式トレンドフォロー手法マニュアル輝を買う前に読んでほしい ぷーさん式トレンドフォロー手法マニュアル輝を見終わった 優位性を目でハッキリと見えるようになるためのトレード講座 …