プライス乖離FXのロジックはATRだった!

プライス乖離FXのロジックはATRだった!

プライス乖離FXのロジックはATRだった!

B評価商材

プライス乖離FXのロジックが公開された

【プライス乖離】(無料・動画)ロジックを隅々まで公開します〜というYouTube動画を見ました。この動画は限定公開であり、残念ながらアドレスを登録された人しか視聴できないようですね。

開発者の谷中伴行さんは、この動画の中でベースロジックとしてATR(Average True Range)を使用していると解説されていました。乖離トレードといえばよく使われるのが移動平均乖離率です。One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法(ワンミニFX)やパンローリング社から販売されている『FX乖離トレード』などは、移動平均乖離率が利用されています。

1分足のレンジで勝負! 行き過ぎを狙うFX乖離トレード
出版社::パンローリング
価格:2,100円

しかしプライス乖離FXではATR(Average True Range)がベースになっているとのことでした。とても興味深いですね。

ATR(Average True Range)とは?

プライス乖離FXの詳しいロジック解説は谷中伴行さんの動画に譲るとして、この記事ではATRについて詳しく解説してみたいと思います。ATRはAverage True Rangeの頭文字を取ったものです。日本語に無理やり訳すと「真の値幅の平均値」となります。

J. Welles Wilder Jr.(J・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア)が考案・開発したテクニカル指標です。ワイルダーといえばRSIやADXなど有名なテクニカル指標を考案してきたことでも知られる投資(研究)家です。書籍も出版していますので興味ある方は一読されてみてはいかがでしょうか?

ワイルダーのテクニカル分析入門ワイルダーのテクニカル分析入門

ワイルダーのアダムセオリーワイルダーのアダムセオリー

ATRとは、TR(True Range=真の値幅)の平均値であり、TRとは以下の3つの価格の中で最も大きな値幅を指します。

  • 当日高値 – 当日安値の差の絶対値
  • 当日高値 – 前日終値の差の絶対値
  • 前日終値 – 当日安値の差の絶対値

※絶対値とは符号(+−)を取り除いた「数字の部分」のこと

そしてそのTR(True Range)の平均値(ワイルダーは14日間の平均値を推奨)がATRです。ATRは何を指し示してるのか?それはボラティリティー(変動率)です。ATRの数値が高くなれば、期間中(過去14日間)のボラティリティが拡大傾向にあることを示し、逆にATRの数値が下がれば期間中のボラティリティが縮小傾向にあることを示します。

文章だけではわかりにくいので、チャート上にATRを表示してみましょう。

ATRをチャートに表示

USDJPY(日足)チャートのサブウィンドウに表示されている青い折れ線グラフがATRです。ATRはMetaTraderに標準で装備されているインディケータを表示させています(期間は14)。

指定期間内のボラティリティが拡大傾向にあればATRは上昇します。一方、ボラティリティが縮小(減少)傾向にあるときはATRはゼロに近くなり、底に張り付くようになります。

ATRの見方

ATRを使った一般的なトレードとは?

ATRとはすなわち当日のボラティリティ(値幅)を示しますので、利食いや損切りライン一定幅で決めているテクニカル派のトレーダーに好まれています。一般的にはATRの2倍を目安に利食い・損切りラインを定めることが多いです。

ATRを利用することで、相場状況(ボラティリティ)に応じた損切りライン・利食いラインを指定することができ、固定(一定幅)の損切りライン・利食いラインを定めるよりも柔軟なトレードが可能になります。

一例として資金管理の2%ルールを採用する場合、ATRの2倍(つまりATRの値✕2)の数値で損切り(ストップロス)ラインを置くことで、その損失額が全資金(証拠金)の2%以内に収まるようにロット数を決めることができます。

たしかプライス乖離FXにおいても、2%ルールをベースにロット数が自動で表示されるようになっていましたね。そのからくりはATRにあったわけです。

リミット(利食い)もATRの2倍に定めておけば、リスクリワードは1:1となります。

プライス乖離FXの秘密はATRにあった

プライス乖離FXは移動平均線ではなく、ATRがベースだったのですね。極めてオーソドックスなロジックですね。プライス乖離FXのロジックを詳しく知りたい方は是非、販売ページから動画をご覧になってみてください。

B評価商材
プライス乖離FX【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

PF-MAX 【検証とレビュー】

メタトレーダー専用のシグナル点灯ソフト 手短にいきたいと思います。メタトレーダー専用のシグナル点灯インジケータです。オリジナルインディケータで、チャート上にエントリーシグナルを点灯…

侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる 侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。 侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる 前回の記事において、侍マト…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」 ATeachertをMetaTrader4に設定してみた 今回の検証記事では、あゆみ式 A Te…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…

FX裏技攻略塾TPSとスワップアービトラージ

TPSの手法は謎のまま… FX裏技攻略塾TPSが盛り上がっていますね。 FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万800…

インスタントFXシステム 【検証とレビュー】

インスタントFXシステムは高値安値ブレイクアウト法 少し古い商材(2008年12月登録)ですが、なぜか問い合わせが多いので取り上げてみます。 正式名称は、毎朝たった5分でOK!!超…

シンプルフォースFX 【検証とレビュー】

シンプルフォースFXはシグナル点灯ツール 読者様からの検証依頼がありましたので、取り上げてみます。 シンプルフォースFXは、MT4専用の矢印点灯ツールです。ご覧の通り、チャート上に…

ビクトリーメソッドアドバンス 【検証とレビュー】

全てのFX情報商材の”試金石”的な商材 2006年に発売されてからすでに8年が経過していますが、未だに売れ続けている怪物のような商材、それがビクトリーメソッドアドバンスです。FX商…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者「株式会社バベル」について

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材…

あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3

あゆみ式 A Teachert FX Academyの「ATeachert」 「ATeachert」は、トレンドフォローを捉えるためのインディケーターとして提供されています。 あゆ…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
FX博士式マスタープログラム【検証とレビュー】

【FX博士】って・・・ FX商材業界がまた過熱しています。良くない方向に。 もうなんでもありですね。とうとう「FX博士」の登場です。FX博士式マスタープログラムを開発したとされる茶…