クロスファイアFX 【検証とレビュー】

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

D評価商材

ロングラン販売中のクロスファイアFX

このEAですが、2010年の3月から販売開始して、未だに売れ続けていますね。販売当初は49800円でしたが、今は10000円で販売されています。開発者はMr.Brain氏です。よく名前を見かける方ですね。

クロスファイアFXですが、しっかりとフォワードデーターを公開しているという点が評価できますね。

以下の損益グラフは、クロスファイアFXのmyfxbookです。

Introducing Broker(IB)とは?

このEAに関して、「なぜ口座縛り(指定)なのか?」「スプレッドバックEAなのですか?」というご質問を頂いています。確認のため、スプレッドバックについておさらいをしておきます。

スプレッドバックは、Introducing Broker(IB)、ピップバックとも言います。ユーザーがトレードする毎に、FX業者が受け取るスプレッドの一部を、紹介者に支払う報酬のこと(もしくはその仕組)ですね。ライフタイムアフィリエイトとも呼ばれています。業者から紹介者へ支払うリベートみたいなものです。

この報酬がバカになりません。ちりも積もれば…で、月に1000万位は軽く超えてしまう場合があります。海外ではIB長者も存在するくらいです。日本では金融庁の監視が厳しく、国内のFX業者では行うことができません(法律で禁止されています)。必然的に海外のFX業者を使うことになります。

このスプレッドバック収入目的で、低価格(or無料)のEAを提供し、利用者に海外FX業者の口座開設をさせているEA販売者も存在します。

EA販売業者の皮算用とは?

EA販売会社にとっては、ユーザーがずっとそのEAを使い続けてくれる限り、継続的に手数料(IB)が入ってくるわけです。できる限り長期間にわたってEAを使ってくれることが、EA販売者の長期的な利益につながります。いきなりドローダウンを発生させるようなEAではマズいということになります。

継続的に利用してもらうためには、利益をしっかりと叩き出すEAが必須となりますので、その意味においてはユーザーと販売者、そしてFX業者は、Win-Winの関係ですね。

本当の最大ドローダウンは、いつも未来に訪れる

ただ、EAの利用には大きな課題があります。利益がでているときは問題ありません。問題はドローダウンを発生させたときです。仮に今、成績が良くても、いつかは負けるとき(ドローダウン)がきます。そのときに、コツコツ積み上げた利益を一瞬にしてはき出し、良くてプラマイゼロ、最悪の場合、トータルでマイナスになる可能性があります。

どんなEAでもドローダウンは100%避けられません。「バックテストで最大ドローダウンは、わずか○○%です!」などと謳っていても、本当の最大ドローダウンはいつも必ず未来に来ます。

いつかは理論上の最大ドローダウンを超える、恐ろしい現実の最大ドローダウンに見舞われ、あなたの資金は大きな痛手を被る可能性があります。それは、半年後か、1ヶ月後かもしれませんし、明日かもしれません。

EAのドローダウンによって大きな損失を被るのは、EA販売者でしょうか?それともFX業者(ブローカー)でしょうか?…いいえ、EA利用者である私達ユーザーです。

リスクコントロールについて、しっかりと学びましょう

リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです。

by ウォーレン・バフェット

あなたは、そのEAがどういうロジックで動いているか、説明できますか?そのEAは、どんなタイミングでポジションを持ち、どのような根拠でナンピンを行い、いつ決済をしますか?最近のEAは、複数のロジックをバックグラウンドで同時に走らせているタイプが増えてきています。あなたは、それらの全てのロジックを完全に把握(理解)していますか?

もし、あなたが説明できないのであれば、あなたのやっていることは投資とは言えません。リスクを自分の支配下に置けていないからです。

ご存じの通り、投資活動とは、自分の資金をマーケットのリスクに晒すことです。リスクコントロールできているということは、最低限の投資の基礎だと私は考えています。

もちろん、世界情勢、経済情勢、各国の経済政策など、コントロールできないものはたくさんあります。でも、少なくとも自分の資金がどのようなロジックでリスクを取っているのか、については100%把握しておくべきです。

私は、ロジックがブラックボックスの商材(EAやシグナル配信など)については、否定的です。リスクを他人の手にゆだねてしまっていることに、非常に大きな危険を感じるからです。

どうしてもEAを使いたいのであれば、自分でEAを作るべきでしょう。作れないのであれば、ロジックがわからないEAでの運用は止めるべきです。

投資をおこなう前に、リスクコントロールについてもっと学んでください。

D評価商材

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

禅FX(ZEN-FX)
禅FX(ZEN-FX)【検証とレビュー】

ZEN-FXはサポート&レジスタンスを使ったブレイクアウト系手法 ZEN-FXは、Metatrader4用のインディケーターです。チャート上に表示させたインディケーターを使って、目…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】

井手式7daysFXは、全編「動画」教材 非常にオーソドックス(王道)な商材が販売されました。井手式7daysFXです。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2 井手式7d…

ProEX
ProEX(プロエグジット)【検証とレビュー】その2

ProEX(プロエグジット)【検証とレビュー】その1 『ProEX(プロエグジット)』の機能を動画で紹介 先日レビューした『ProEX(プロエグジット)』ですが、今回は動画を中心に…

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

関連:トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは? 関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「トレンド・ディスカバリーFX」とはどんなFX商材か…

FXスキャル・パーフェクトシグナル
FXスキャル・パーフェクトシグナルを稼働させてみた結果

FXスキャル・パーフェクトシグナルの検証 FXスキャル・パーフェクトシグナルをMT4に設定し、24時間フル稼働させてみましたので、その結果をまとめてみたいと思います。もちろん短い検…

億超えスキャルピング
億超えスキャルピング【検証とレビュー】

「億超えスキャルピング」の開発者はあの”為替鬼”氏 「億超えスキャルピング」をレビューします。開発者は「為替鬼」のニックネームで知られる津田英明さんです。 タイトル:億超えスキャル…

Free Tribe(フリートライブ) 【検証とレビュー】

会員50人に1億円以上稼がせたFreeTribe 今回も、読者様からの情報を元に、記事を書いています。ご紹介する商材は、FreeTribe(フリートライブ)です。とりあえず、こちら…

SJCシストレ実践CLUB 【検証とレビュー】

SJCシストレ実践CLUBは、単なるEAの販売 SJCシストレ実践CLUBは、本日(6月27日)現在、インフォカートでランキング1位の商材です。名前からして塾のようなものを連想させ…

浅井式FXプロジェクト 極
浅井式FXプロジェクト「極」【検証とレビュー】

『浅井式FXプロジェクト 極』検証とレビュー 「特定商取引法に基づく表記」未記載というお粗末さ 特定商取引法の表示義務に抵触する商材、それが『浅井式FXプロジェクト 極』です。特商…

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない

マイルストーンFXのその後 以前検証したマイルストーンFXがその後どのようになったかご存知でしょうか。 マイルストーンFXの検証記事を見てみる マイルストーンFXは、今年2012年…

FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】

口座残高は1億6062万6036円 FX成功法則マニュアルですが、多くの方がこの商材のバナー広告を目にしていると思います。こんなバナーです。 多くのFX系のアフィリエイトブログに貼…

竹井佑介のFXミリオネアアカデミー 【検証とレビュー】

FXミリオネアアカデミーは”FX投資スクール” 昨日より「竹井佑介のFXミリオネアアカデミー」への検証依頼が殺到しています。 「FXミリオネアアカデミー」は、オンライン型のFXスク…